【七夕の国】完結まで!結末や最終話は?ネタバレ感想!寄生獣の岩明均が放つSF作品漫画!

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

漫画「七夕の国」は「寄生獣」の岩明均先生がビッグコミックスピリッツで連載していた作品です。本記事は、完結までのネタバレが含まれております。結末や最終話はどうなっているのでしょうか?まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【七夕の国】あらすじ

ちょっとした超能力が使えるのが取り柄の南丸こと、ナン丸はある日、知り合いでもない民俗学の教授・丸神から呼び出しを受けた。だが丸神は調査のため「丸神の里」へ行ったきりで戻っておらず、残された研究生からは「教授とナン丸は、同じルーツを持つらしい」と告げられ、心当たりを尋ねられた。だが何も知らない――。いっぽう「丸神の里」東北の丸川町では、殺害方法のわからない猟奇事件が起きた。失踪した丸神教授の研究内容と足取りを追って、丸神ゼミとナン丸は「丸神の里へ」おもむくが…。

2024年7月にドラマ化決定も果たしている話題作!

スポンサーリンク

【七夕の国】作品情報

タイトル
七夕の国

著者
岩明均

巻数
全4巻

カテゴリ
青年マンガ

出版社
小学館

レーベル
ビッグコミックスピリッツ

スポンサーリンク

【七夕の国】完結まで

七夕の国ネタバレ1巻


島寺通泰が丸神山に城を築く決定を下した後、丸神喜十郎忠頼がこの決定を疑問視し、通泰に訴えます。しかし、通泰は喜十郎を切り捨て、城建設を進めます。この出来事が、両者の間に亀裂を生み出します。

物語は現代に移り、大学の部長である南丸洋二(ナン丸)が新記録を達成し、丸神先生からの呼び出しを受けます。その後、ナン丸は丸川町で起きた不可解な殺人事件や丸神先生の行方不明などに関わります。

ナン丸は、丸川町の地元の喫茶店で女性店員に出会い、彼女から「手の届く者」についての言及を受けます。この言葉に興味を持ったナン丸は、喫茶店での再会後、女性店員と密会し、「素質」を持った人々がこの町に生まれてくることについて学びます。

一方、丸神山の頂上に明かりを見た江見先生や多賀谷たちは頂上へと向かいます。そして、ナン丸は丸神先生の手がかりを求めて山を目指します。

七夕の国ネタバレ2巻


江見、多賀谷、川上の3人は丸神山の頂上に到達。そこで、円状に並んだ男たちが長い松明を地面に叩きつける光景を目撃します。その後、円の中心から強い光が放たれ、謎の覆面人物が現れます。

一方、地元の祭りでトラブルに巻き込まれた東丸の兄・高志は、ナン丸と接触します。彼はナン丸を訓練し、超能力を使う方法を教えます。数日後、高志はナン丸の通う大学に現れます。

同時に、参議院議員の五郎敏郎が講演中に突然上半身が消失する事件が発生します。

ナン丸は高志から超能力の訓練を受け、球状の黒い模様が入った塊を作り出す能力を習得します。後日、ナン丸は新技能啓発セミナーで超能力を披露し、江見先生は丸神の里の祭りの日付を調査します。

高志たちの詐欺が露見し、ナン丸は彼らに対抗します。ある日、交通事故で車に押しつぶされそうになった子供をナン丸は超能力で救い出します。その奇跡的な救出劇がメディアで大きく取り上げられ、ナン丸の超能力に対する注目が高まりました。

七夕の国ネタバレ3巻


車が事故に巻き込まれ、危機に陥った子供をナン丸が超能力で救い出した事件。その瞬間を写真に収めた男は、ナン丸が最近注目されている「えぐり魔」と同一人物ではないかと疑念を募らせていた。彼は、写真のネガが高額で取引される可能性を夢見て、近所でナン丸を尾行し、彼の居場所を探し始めた。

そして、9月には、参議院議員の殺害を依頼された男の屋敷を訪れた頼之が、ついに顔を隠していたマスクや帽子を脱ぎ捨て、奇妙な宇宙人のような姿を現した。

丸川町の住民がナン丸の自宅アパートを訪れ、怪しい男を発見。彼を追跡し、ナン丸の住まいに乗り込む場面が展開されます。同時に、ナン丸の通う大学には、幸子が丸神先生から受け取った報酬や手紙を届けるために訪れます。

高志が主催する新技能セミナーに丸川町の住民たちが現れ、詐欺行為を中止するように求めます。しかし、高志はそれに反論し、住民たちを押しのけます。そして、ビルの外で、頼之が高志にセミナーを中止するように告げ、ナン丸の存在に疑問符を投げかける場面が描かれます。

丸川町の住民に案内されたホテルでナン丸が情報を得る一方、幸子の部屋を訪れたナン丸は、彼女の過去の虐待体験について知ることになります。

新技能研究会の飲み会で酔いつぶれたナン丸が夢の中で、大きなカササギの背に乗り、窓の外にいる幸子のもとへ向かおうとする場面が描かれます。

そして、10月から3月にかけて、車や飛行機、船などの交通機関が次々と消失する異変が発生します。物語は、3月末にナン丸が江見先生や多賀谷、桜木と共に丸川町へ向かう場面で終わりを迎えます。

七夕の国ネタバレ4巻


ナン丸たちは丸川町に到着し、幸子の実家での話し合いに参加する。この会合では、ナン丸や江見先生、そして幸子の大叔父である頼之が出席しており、地域の現状や問題について議論が交わされる。一方、頼之と高志は幸子の大叔父のもとを訪れ、頼之が地域の停滞状態を打破する意志を伝える。大叔父は、頼之の言葉に少し驚きつつも、彼の意志を受け入れる。

屋敷を出ようとする頼之たちは、外のふすまで敵の気配を感じ取り、兵士の攻撃に遭う。頼之たちは屋敷に隠れ、侵入者を倒すが、高志が負傷してしまう。その後、ナン丸たちは銃声を聞きつけて屋敷に到着し、大叔父の死体と高志の遺体を発見する。警察が駆けつけ、混乱が収束する。警察と町民が協力して頼之を逮捕し、丸神先生が事態を説明。この間、幸子は高志の死を受け入れることに苦悩する。

ナン丸たちは事件の解決に向けて協力し、山で男たちと対峙する。物語は緊迫感を増し、丸神先生の解説や幸子の思いが交錯するなか、新たな展開が待ち受ける

スポンサーリンク

【七夕の国】最終話や結末話は

丸神先生からの指示が、頼之を逃がすための意図であると再評価された男性が登場しました。彼は危険を未然に防ぐための手段を丸神先生に伝えますが、残念ながらその男性は頼之に偽装した部下によって射殺されてしまいます。

この出来事を受け、ナン丸と丸神先生は頼之と対峙する決意を新たにします。しかし、頼之はますます危険な存在となり、自らの能力が「窓の外」への通路であると主張します。彼は巨大な球体を生み出し、人々をその中に取り込もうとします。そして、迎えに来ない場合は自ら出向くと警告を発します。

この危機的な状況の中、幸子は頼之と共に行くことを望みます。その強い意志に触発されたナン丸は、頼之との対決に臨む決意を新たにします。

そして、6月が訪れ、ナン丸は日常の中断を決断し、幸子の待つ丸川町へと向かいます。一方、頼之は窓の外への旅に備え、計画を着実に進めています。彼の行動に対抗するため、ナン丸と仲間たちは再び力を合わせることを決意。

スポンサーリンク

【七夕の国】ネタバレ感想

超能力SFと伝奇な物語

岩明均先生の漫画作品は、全4巻にわたって展開されています。この作品は、「超能力SF」と「伝奇」の要素を組み合わせ、新しさと時代に即したリアリティを持ったストーリーを提供しています。

物語の世界観には特に共感を覚える部分があります。世の中には、「わかる人」と「わからない人」、そして「素質のある人」と「持たない人」という4つのタイプの人間が存在します。これらのタイプは互いに理解しあうことが難しく、特に「わからないが素質のある人間」と「素質はないがわかる人間」とのすれ違いは厳しいものがあります。今回の物語の主人公は、「わからないが素質のある人間」という立場にあります。

同作者の「寄生獣」が非常に有名であるため、この作品はあまり注目されていないように感じられますが、それは本当に惜しいことです。寄生獣のファンであれば、必見の漫画です。

【七夕の国】ネットの感想

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

漫画をお得に見れるサイト紹介!アニメ化した作品はU-NEXTが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!漫画を用途にあわせてサイトを使い分けるためのおすすめランキングや、アニメ化した作品を楽しむならU-NEXTがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは、詳しく見ていきましょう! ...