【雷鳴りて春来たる】完結まで!結末や最終話は?ネタバレ感想!タイムリープする大正乙女の物語!

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

漫画「雷鳴りて春来たる」は先生がで連載している作品です。本記事は、完結までのネタバレが含まれております。結末や最終話はどうなっているのでしょうか?まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【雷鳴りて春来たる】あらすじ

大正十二年、春。父親と喧嘩し家を飛び出した島津ハルは、橋の上で雷に打たれてしまう。気がつけばそこは…百年後、令和五年の東京だった。気を失い倒れていたハルを保護したのは、彼女と同い年の高校生・星谷青太。自宅で姉の朱里とともに、、にわかには信じがたいハルの事情を聞いた青太は…? 時代を超えて「私の生きるべき道」を模索する、大正乙女の物語!

スポンサーリンク

【雷鳴りて春来たる】作品情報

タイトル
雷鳴りて春来たる

著者
烏目松

カテゴリ
青年マンガ

出版社
トゥーヴァージンズ

レーベル
路草コミックス

スポンサーリンク

【雷鳴りて春来たる】完結まで

雷鳴りて春来たるネタバレ1巻

大正十二年の春、島津ハルは父親との喧嘩から逃れるようにして家を飛び出しました。その途中、橋の上で雷に打たれ、気がつくとそこは百年後の令和五年の東京でした。

気を失って倒れていたハルを保護したのは、彼女と同い年の高校生、星谷青太でした。帰宅後、姉の朱里とともにハルの信じがたい事情を聞いた青太は、時代を超えて「私の生きるべき道」を模索することになります。

スポンサーリンク

【雷鳴りて春来たる】ネタバレ感想

大正のJKがタイムトラベル

雷鳴りて春来たるの奥深さを際立たせる一環として挙げられるのは、大正時代から現代の東京へと続く、タイムトラベルの設定です。時代を超えたハルと青太が異なる時代にどのように繋がり、それぞれの時代背景に根ざした異なる文化や価値観にどう対応していくのかが見どころのポイントです。

ハルが大正時代から飛び出し、雷に打たれて気を失い、気がつくと百年後の令和五年の東京にいるというシチュエーションは、読者にとって刺激的で予測困難な展開です。これにより、異なる時代の衝突がキャラクター達をどのように成長させ、変化していくか胸を躍らせます。

スポンサーリンク

【雷鳴りて春来たる】最終話や結末話は

漫画「雷鳴りて春来たる」はまだ完結しておりません。

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

漫画をお得に見れるサイト紹介!アニメ化した作品はU-NEXTが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!漫画を用途にあわせてサイトを使い分けるためのおすすめランキングや、アニメ化した作品を楽しむならU-NEXTがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは、詳しく見ていきましょう! ...