宮城リョータ過去回想多すぎて山王戦台無し?名セリフもカット!映画スラムダンクネタバレ感想レビュー!

calendar

スラムダンクの山王戦を新たに再構成したCGアニメ映画「THE FIRST SLAM DUNK」が12月3日に公開された。公開前から声優騒動、プロモーションの仕方、製作者の原作愛について炎上されていました。

公開後は手のひらを返すように大絶賛される一方で、宮城リョータの過去回想多すぎるや、セリフカットをしてほしくなかったなどの批判も多く見られました。

一体どうゆうことなのでしょうか?今回は映画スラムダンクのネタバレ感想レビューをしたいと思います。まだ映画を見ていない方は気をつけてください。

映画スラムダンクあらすじ


映画スラムダンクは、冒頭からインターハイでの神奈川県立湘北高校対秋田県立山王工業高校の試合を軸として物語が進行します。それと同時に描かれるのは、湘北高校7番PGである宮城リョータの過去。

宮城リョータは沖縄出身で過去に、大好きな兄である宮城ソータを亡くしていました。

その脱力感から、両親との間にも大きな壁が。それでも宮城ソータと唯一繋がれるバスケだけは諦めずに続けていた。

そんな宮城リョータが、湘北高校の仲間と出会い全国制覇を目指す。優勝校である熱い山王工業戦が最先端のCG技術で再び劇場で蘇る。

映画スラムダンク公開前から炎上

映画スラムダンクは公開前から炎上をして話題になりました。

まずは前売り券を売ったあとに声優交代が発表されてしまったこと。

「前売り券販売前に出す情報だったのでは」「新キャストにも失礼な気がする」との意見も。

またネットでは声優が合っていないと言われています。理由としては旧アニメの声優の声の質と前の声優の声質が違いすぎるのも理由かと思われます。

特に桜木花道役の木村昴さん。「ジャイアンの声にしか聞こえない」「これじゃない感」などの意見がでるほど。実際に旧アニメと聞き比べをすると声質がかなり違うので違和感を覚えた人は多いかもしれません。

映画公開前の炎上内容はこちらの記事でまとめてあります。

桜木花道がジャイアン声優(木村昴)で賛否!CG批判も!スラムダンク特番ネタバレ感想レビュー!

映画スラムダンクは宮城リョータ過去回想多すぎる

今回の映画は漫画やアニメの「スラムダンク」ストーリーを全く知らない人が楽しめるのか?という疑問。

井上先生曰く「THE FIRST」の意味は知らない人には初めての、知っている人にも新しいスラムダンクというコンセプトがあったようです。

だからこそ桜木花道でなく宮城リョータを主人公に据えたことが推測されます。

しかし過程の多くをすっ飛ばして2時間で山王戦のみを描いたことで新規はどう思ったのでしょうか?

そこが裏目にでたのか、演出する構成の問題なのか、山王戦の試合が盛り上がってきたところで宮城リョータの過去という描写が繰り返し行われていたので、試合にも過去回想にも没入できることができなかったとの声が多くあがった。

鑑賞した人の中では、宮城リョータにスポットを当てた意味はあるのか?という意見も。結果的に本来の主人公である桜木花道の影が薄くなるだけではなく、他のメンバーの過去も浅いものとなってしまったように感じ取れました。

映画スラムダンク名セリフもバッサリカット

スラムダンクには沢山の名セリフがありますが、今回とくにカットされたことで批判が集まったのが、「天才ですから」と「大好きです。今度は嘘じゃないっす」のカットです。

桜木花道のセリフなのですが、原作ではインターハイ後花道は背中の傷の治療に専念します。晴子からの手紙を読み、活力を得てリハビリに臨む花道は、看護師のねぎらいの言葉に対し「天才ですから」と答える場面。原作のラストということで思い出深い人もたくさんいたことでしょう。

映画ではラストの結末が山王戦で戦った沢北はアメリカへ挑戦し世界進出。そこにやってきた試合相手がまさかの宮城リョータというオチで終わってしまいました。

また山王戦でダンクを決めた後倒れ込む花道に。背中のけがのためもうろうとする意識の中で、第1話の晴子による「バスケットは…お好きですか?」という問いを思い出し、「大好きです。今度は嘘じゃないっす」とその返事を伝えます。

初めは晴子が好きバスケ好きをアピールしていたので、そこの伏線回収として最高に熱くなる場面。

原作ファンの中でも人気のあるセリフなのですがカットされてしまった様子。映画を構成する都合上カットをしなければいけないのは十分分かりますが、納得がいかない方が多くいました。

映画スラムダンクはそれでも見た方がいい魅力がある

批判的な意見はありましたが、それでも映画スラムダンクには沢山の魅力があります。

冒頭から心を鷲掴みにされる

真っ白い画面に鉛筆タッチで次々に湘北メンバーが描かれていき、山王メンバーが階段から降りてくる冒頭の掴みが最高に素晴らしかった。

井上先生らしさ全開でこれぞスラムダンクといった感じ。

原作ファンからしたら湘北メンバー達が動いているだけで感動してしまいますよね。劇中化であるTheBirthdayが担当するOP主題歌「LOVE ROCKETS」が鼓動をさらに高鳴らせてくれます。

白黒映像から色が徐々についていき、カメラが引いてからのタイトルロゴそしてシームレスに山王戦がスタートするカットは鳥肌もの。

炎上していたCGや声優に違和感はなかった

これは主観的な感想になってしまいますが、劇場で見た限りにはCGのクオリティーや声優交代に対して全く気にならなかったです。

前評判が非常に悪く、PVで見た少しカクついているCGや、単語だけのセリフを聞くと残念な印象はありましたが、映画を通してみると違和感はほとんどなかったです。

CGに関しては現実的リアリティーのある動きを表現するのに最適。モーションキャプチャーで取り込まれた人間のリアルな動きの再現が細部に渡るまで表現されている。

声優に関しては、旧作の声質と比べて見ると違うものになりますが、演技はとても自然で吐息の出し方まで完璧でした。

伝説のハイタッチは完全再現

流川と桜木は犬猿の仲。ラスト数秒で二人のファインプレーによる逆転勝利からのハイタッチは原作でも名シーン。

映画では完全再現されており歓喜する人も多かったことでしょう。最後の逆転シュートはカウントダウンのタイマー音と共に、現実的なリアルさとアニメーションを融合した斬新なビジュアルワークに背後から迫るようなカメラワークで一気にゴールまで駆け抜ける演出で見せる空気感が息を飲む。

流川のパスから桜木のシュートが決まるまでの流れは、アニメでしか出来ない躍動感がある。

映画スラムダンク感想まとめ

宮城リョータ主人公で再構築された山王戦は賛否が綺麗に分かれた。

過去回想の導入が、試合の途中で何度も差し込まれることがストレスに感じる人もいたようだ。また名セリフも大幅にカットされており原作ファンのショックは大きかった。

公開前から炎上していた本作ですが、個人的には評価が高く、原作や旧アニメと分けて考え新しい1本の映画として本作を鑑賞すると見え方が全く違ってくると思います。

映像化されないと思われていた山王戦ですが、20年以上の時をへて井上先生が制作を承諾してくれること自体奇跡なこと。それらを踏まえるとやっぱり胸熱作品には変わらない。

すずめの戸締り批判理由は地震描写によるトラウマ?ミミズの正体とネタバレ解説ありレビュー!

こちらの記事も読まれています。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業