【ダンダダン】つまらない?打ち切り?作画だけでストーリーは単調?ギャグは下ネタばかり?

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

漫画「ダンダダン」に関して、つまらないという声や作品の打ち切りの懸念、作画に比してストーリーが単調だと感じる声、ギャグ要素が下ネタに偏り過ぎているとの指摘がありますね。これらの要素を採点すると、作品が単調であるとか、下ネタが過剰だと感じる読者も存在します。

しかし、これらの批判を踏まえつつも、「ダンダダン」は作画のクオリティに関しては高い評価を受けています。ストーリー展開やギャグのバランスに関しては、読者の好みや感性の違いによって評価が分かれる部分かもしれません。

作品の未来について打ち切りの可能性について心配する声もありますが、一部の批判にもかかわらず、作品は一定の支持を受け続け、ファン層を維持しています。物語の改善や新しい展開を期待する読者も多いようです。本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【ダンダダン】あらすじ

幽霊肯定派の女子校生・綾瀬桃と、同級生の怪奇現象オタク・オカルト君。互いに否定するUFOと怪異を信じさせるため、桃はUFOスポットの病院廃墟へ、オカルト君は心霊スポットのトンネルへ行くのだが…。運命の恋が始まる!? オカルティック怪奇バトル開幕!

スポンサーリンク

【ダンダダン】作品情報

タイトル: ダンダダン

著者: 龍幸伸

カテゴリ: 少年マンガ

出版社: 集英社

レーベル: ジャンプ+

スポンサーリンク

【ダンダダン】つまらない?打ち切り?

作画は凄いがストーリーは単調

作品の賛美すべき点として、作画の品質や戦闘描写の迫力、そして物語の基本的な展開の一貫性が挙げられます。しかしながら、時に読者の中には、物語がある種の予測可能性や一貫性に陥っているように感じる人もいます。その定型化した展開は、敵の出現、主人公たちのピンチ、そして最後の切り札や必殺技の見せ場へと進んでいく傾向があります。

この傾向は、漫画のフォーマットやジャンルにおいて一般的な構図であり、決して悪いことではありません。しかしながら、読者がこれらの展開を予測し、それを期待することで、物語に新鮮味や驚きが欠けるように感じる可能性もあります。

また、作中の戦闘シーンや緊迫した場面における描写は非常に高い評価を受けていますが、日常的なシーンやキャラクターの個性、そして物語に独自性をもたらす癖や名言など、物語を深化させる要素が不足しているという指摘もあります。

したがって、物語の魅力をさらに高めるためには、予測可能性を打破する新たな展開やキャラクターの深化、そして独自の特徴や癖、名言を取り入れることが重要かもしれません。読者が期待外れを感じず、物語の面白さや魅力を保ちつつ、新たな視点や驚きを提供できるよう工夫することが求められるでしょう。

ギャグは下ネタが多い

作風はギャグ描写が下ネタに偏り、物語の序盤ではイチモツを取り戻すという斬新な目的設定がありましたが、現在は物語の焦点が金玉を探す方向に変わっています。女性キャラクターは無駄にすぐに下着姿になり、宇宙人に攫われた際にも性的な描写が多く見られます。このテイストに共感する読者は、熱中するかもしれませんが、一方で下品に感じる読者もいます。作品は主に男性を対象としており、女性読者から見ると下品な作品と感じられる可能性があります。

このような作風は、特定の性別や感性によって受け取り方が異なる傾向があります。作品の表現や方向性は作者の自由ですが、多様な読者層に訴求する要素を取り入れることで、幅広い層に支持される可能性があります。異なる視点からのフィードバックを受け入れながら、作品の方向性を調整することも検討すべきかもしれません。

ジャンルの詰め込み

「ダンダダン」は宇宙人や幽霊、そしてラブコメ、更にはバトル漫画といった要素を網羅し、新しい試みではありますが、その多様な要素が一つのジャンルに完全に振り切れておらず、中途半端に感じる読者もいます。複数のジャンルを抱えることで、作品がどの方向性にも深く突き進むことができず、キャラクターや設定の掘り下げが不十分に見えることもあります。

ジャンルを統一し、作品全体の方向性を一つに絞ることで、キャラクターの掘り下げや世界観の充実など、より深い展開が可能になり、読者が作品に感情移入しやすくなるでしょう。これによって、物語の方向性が明確化され、読者もより作品に没入しやすくなることが期待できます。

スポンサーリンク

【ダンダダン】それでも圧倒的人気

ターボババアの魅力

幽霊のターボババアは、男性の玉を奪うことで恐れられる最強の妖怪であり、霊媒師の綾瀬は彼女の呪いに立ち向かい、何とか撃退に成功します。ターボババアは地縛霊と合体し、力を増幅させ、攻撃的な言動でその強さを示していました。

しかし、実はターボババアが出現する土地には、共通点が存在します。この共通点を知ることで、ターボババアの行動や意図が理解されるようになります。彼女が男性の玉を奪おうとする背景や理由が明らかになるのです。

物語が進むにつれ、様々な幽霊や宇宙人が登場しますが、彼らはそれぞれが戦う理由を持ち、バトル漫画とは異なる特徴を示しています。物語の中には、悲しい理由で幽霊となった敵キャラクターも登場します。そのようなキャラクターの背景や過去を知ることで、物語の深みが増し、読者はより感情移入しやすくなります。

「鬼滅の刃」の鬼のように、敵キャラクターがなぜ凶暴になったのかを知ることで、物語に深みが生まれます。読者はその背景に共感し、物語の魅力に更に引き込まれることでしょう。

王道なラブコメだからこそハマる要素も

この物語は、異なる属性を持つギャルとオタクが、自分たちだけが知る秘密である幽霊や宇宙人の存在を共有し、その契機となって互いの距離を縮めていく様子が描かれています。普段は疎遠だったクラスメイト同士が、次第にお互いの間に特別な存在として存在感を増していく様子が、ストーリーの中心です。

この物語は、本来交流のない属性を持つ二人が、オカルト的な要素を通じて繋がりを築く過程を描いています。共通の目標や隠された秘密を共有することが、二人の親密さを育む上での鍵となっています。このプロセスは、王道のラブコメにおいてよく見られる展開であり、二人の成長や関係性の発展が読者を惹きつける要素となっています。

強くなる動機

オカルンは、大切な存在である「タマ」を失ってしまったことから、なんとか状況を打開しようと焦っています。しかしその一方で、2人の絆が深まる中で、オカルンは自分自身を成長させ、モモを護るための強い存在になりたいという強い意志を抱くようになりました。この動機は、社会や世の中のためにではなく、心の底から愛するモモのために努力したいという、純粋な思いによって形作られています。

オカルンが心に抱くのは、単なる世のためではなく、好きな女性のために頑張りたいという、より個人的で深い動機です。そのため、彼の内なる思いが彼を駆り立て、彼自身を成長させ、大切な人を守るために尽力する原動力となっています。

一部の読者には魅力を感じられないかもしれませんが、「ダンダダン」は常にジャンプ+のランキング上位に位置し、看板作品として高い評価を受けています。そのため、打ち切りの可能性はほぼ考えにくいでしょう。作品は幅広い読者に支持されており、その人気を維持しています。特定の層にとどまらず、多くの読者が共感し、支持する作品であると言えます。

▼あわせて読みたい▼

【ダンダダン】完結!結末や最終話は?ネタバレ感想!オカルティック怪奇バトル漫画!
漫画「ダンダダン」はジャンプ+で連載されている龍幸伸先生の作品です。2024年にテレビアニメ化され、制作は、サイエンスSARUが担当します。霊能力者の血を引く女子高生・綾瀬桃と、オカルト好きの同級生・高倉健(通称オカルン)を主人公とする物語...
スポンサーリンク

【ダンダダン】ネットの反応

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

漫画をお得に見れるサイト紹介!アニメ化した作品はU-NEXTが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!漫画を用途にあわせてサイトを使い分けるためのおすすめランキングや、アニメ化した作品を楽しむならU-NEXTがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは、詳しく見ていきましょう! ...