【変な家】完結まで!結末や最終話まで!ネタバレ感想!映画化決定不動産ミステリー漫画!

このページにはプロモーションが含まれています

綾野暁先生による漫画「変な家」は、雨穴先生原作の同名小説をもとにしたコミカライズされました。実写映画化も決まり人気になっている作品。不動産を巡るミステリーコンセプトで、いわくつきの物件が中心となっています。物語は、オカルト専門のライターが、ある家の間取り図を見せられるところからスタートします。本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【変な家】あらすじ

オカルト専門ライターの「私」の元にもたらされた、とある家の間取り図。一見ごく普通の一戸建て住宅だが、知人の設計士・栗原に意見を求めると、彼は「この家には変なところがある」と話し始めた……。この間取り図には、何かが隠されている…。話題の不動産ミステリー、待望のコミカライズ!! 

スポンサーリンク

【変な家】作品情報

タイトル: 変な家

原作: 雨穴

作画: 綾野 暁

カテゴリ: 青年マンガ

出版社: 一迅社

レーベル: comic HOWL

スポンサーリンク

【変な家】完結まで

変な家1巻ネタバレ


オカルト専門のライターとして知られ、ある日突然、特別な間取り図を手に入れました。その図面は、最初に見たときはごく普通の一戸建て住宅のものでしたが、設計の専門家である栗原に相談した瞬間から、不穏な空気が。

栗原は、「この家には変なところがある」と言葉を発し、トイレ付きの窓のない子供部屋、謎のスペースから「両親は誰にも子供を見せたくなかった」という説が浮かび上がり、最終的にはこの家は子供が命を奪うために作られた家という考察をする。

半信半疑のオカルト専門のライターだったが、東京での遺体バラバラ事件をきっかけに確信へと迫っていく。この考察をネットに公開したところ、その家の住民に自分の主人の命を奪われたと証言する宮江柚希から連絡がきて事態は急展開を迎える。

変な家2巻ネタバレ


「この家の住人は、いったいどんな人だったんだろう」間取り図から浮かんだ、異様な「可能性」。それは、この家に監禁された子供が、人の命を奪っている可能性があったというものだった。そんな中、宮江柚希が“第2の間取り図”をもたらす。設計士の栗原はこの家もまた「変」なところがあると指摘した。

ミステリー好きの建築士が出した答えが子供は二人いるという事実や、相談者である宮江柚希に夫がいなかったという嘘がバレてしまう。

そして宮江柚希の正体が、本名が片渕柚希で変な家の住民である片渕綾乃の妹であることが分かり、彼女の過去に迫っていくと従弟の不可解な死があったことが判明していく。

変な家3巻ネタバレ


「おそらくはそのお屋敷にも“何か”があると考えたほうがいいでしょう」東京・埼玉の「変な家」に住んでいた姉を捜す女性・片淵柚希が語り始めたのは、奇妙な構造の片淵家実家で過去に起きた、従弟の不可解な死だった!

その間取りを確かめ、真実を突き止めるべく、“私”と柚希は実家へと向かう。

スポンサーリンク

【変な家】ネタバレ感想

「変な家」という漫画は、オカルト専門のライターである主人公のもとに、ある日突然、とある家の間取り図がもたらされるところから始まります。最初はごく普通の一戸建て住宅に見えますが、知人であり設計士の栗原から意見を求められると、彼は驚きを隠せません。「この家にはなんとも不思議で変わったところがある」と言うのです。

そして、その間取り図を一般の人々が見ても、その「変」さに圧倒されることでしょう。窓が存在せず、入るためには通常の経路を外れて迂回しなければならない場所、そして奇妙な配置の子供部屋。その子供部屋は、まるで監禁されているかのように描かれ、または子供を他人に見せたくない何かがあるのではないかと疑念を抱かせます。

1階には夫婦円満の様子が間取りだけで表現されているのです。ダブルベッドの配置やお風呂の位置など、細部まで見れば、その和やかな雰囲気が伝わってくることでしょう。「変な家」という漫画は、単なるミステリーやオカルト要素だけでなく、間取りの不可解さや恐怖の要素を巧みに取り入れた作品です。読者はその独特な世界観に没入し、主人公と共に謎を解き明かしていく過程で、興奮と緊張を味わうことでしょう。このような魅力的な物語は、読者を惹きつけるだけでなく、驚かせ、考えさせることもあります。

主人公はさまざまな手がかりを追求し、変な家の秘密に迫っていきます。しかし、それは単なる不気味な住宅の間取り以上のものでした。隠された部屋や秘密の通路、奇妙な配置の意味には、深い背後にある真実が存在することが明らかになります。

徐々に明らかになる真実は、読者を驚かせるばかりでなく、物語全体に新たな展開をもたらします。変な家は、単なる住居ではなく、何か不可解な出来事や邪悪な力が渦巻く場所だったのです。主人公は、オカルトの知識と推理力を駆使しながら、その家の秘密を解き明かし、その恐ろしい真実に立ち向かっていくことになります。

読者は、変な家の謎解きに夢中になり、主人公とともに心理的な緊張感を味わいます。物語は洗練された展開と驚きの連続で進み、読者はついつい次のページをめくりたくなるでしょう。違和感や恐怖の要素が絶妙に組み合わさった構成は、読者を一気に物語に引き込みます。

「変な家」という漫画は、その緻密なストーリーテリングと独自の世界観によって、読者の想像力をかき立て、独特な魅力を放っています。間取りの奇妙さや恐怖が紡ぎだす謎解きの舞台は、読者にとって忘れられない体験となることでしょう。

この漫画は、違和感、推理、真実といった要素を絶妙に組み合わせ、読者を魅了するだけでなく、心に深い印象を刻みます。その美しい構成と緻密なストーリーラインによって、読者は自然と物語の中に没頭し、現実を忘れてしまうほどです。

スポンサーリンク

【変な家】ネットの感想

【変な家】最終話や結末話は

2023年5月時点で、「変な家」はまだ完結しておらず、漫画レーベル「comic HOWL」にて好評につき連載中です。

現時点では、新しい話の発売日や最新話の連載状況については公式発表が行われていません。しかしながら、連載が継続中であることから、ますます興味深い展開や驚きが読者を待っていることでしょう。

もし「変な家」を読みたい方は、comic HOWLのウェブサイトや公式アプリを通じて最新話をチェックできます。また、2話から4話までは無料で読むことができる特典がありますので、それを活用することで楽しむことができます。

このように、「変な家」は現在も継続して連載中であり、新しい話や最新情報に期待が高まっています。興味を持たれた方は、公式の情報源を確認し、最新の展開を楽しみに待ちましょう。

ただし、小説版と同じ結末である可能性があることに留意しておくべきです。原作の第1話で登場した奇妙な間取りの一軒家が「子供を利用して人を○害行為を行っている家」という結末は、小説版のオチでした。

漫画版では、原作のエッセンスを保ちつつも、独自の展開や解釈を追加する可能性があります。読者は連載の進行に伴い、驚きや恐怖を味わいながら、真相や結末に迫っていくことになるでしょう。

漫画版「変な家」の結末は未知数ですが、作者や制作チームの巧妙なストーリーテリングにより、読者は物語に引き込まれ、予想外の展開に驚かされることでしょう。結末が明らかになるまで、読者は続きを楽しみに待ちながら、この恐ろしい家の秘密に迫っていくことができます。

小説版はこちら

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...