【平和の国の島崎へ】完結まで!結末や最終話は?ネタバレ感想!戦場と日常の狭間で生きる男!

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「平和の国の島崎へ」は瀬下猛先生と濱田轟天先生がタッグを組みモーニングで連載している作品です。本記事は、完結までのネタバレが含まれております。結末や最終話はどうなっているのでしょうか?まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【平和の国の島崎へ】あらすじ

寄生獣の岩明均推薦! 幼少期に国際テロ組織LELに拉致され、戦闘工作員となった男・島崎真悟。30年の時を経て組織からの脱出に成功した彼は、故郷である日本に帰ってくる。島崎は新天地で“平和”な暮らしを手にできるのか――。戦場と日常の狭間で生きる男のアクション譚、開幕!

スポンサーリンク

【平和の国の島崎へ】作品情報

タイトル
平和の国の島崎へ

著者
瀬下猛

著者
濱田轟天

カテゴリ
青年マンガ

出版社
講談社

レーベル
モーニング

スポンサーリンク

【平和の国の島崎へ】完結まで

平和の国の島崎へネタバレ1巻


30年前、国際テロ組織「LEL(経済解放同盟)」により、羽田発パリ行きの航空機がハイジャックされ、その機体はテロリストによって中東の空港に着陸させられました。乗客たちは全員が命を奪われるか、あるいは洗脳されてLELの構成員として訓練され、テロリストに仕立て上げられました。

30年後、当時児童だった島崎真吾はLELの拠点を脱出し、日本に帰国しました。同じように脱出した仲間たちとともに、日本国内で公安警察の監視を受けながら生活しています。島崎は喫茶店での店員や漫画家のアシスタントのアルバイトをしながら、少しずつ日本語の漢字や現代の日本の文化に馴染もうと努力しています。

しかし、LELは脱出者に対して厳しい報復を行っており、島崎たちの身辺にはテロリストの追手が忍び寄っている状況。

平和の国の島崎へネタバレ2巻


幼少期にテロ組織に拉致され、戦闘工作員として育てられた男、島崎真悟。組織を脱出し、日本で穏やかな生活を追い求める彼の姿勢は揺るがず、平和な日常を築こうと奮闘していました。

ある日、島崎の大切な場所である喫茶店「ルパソ」に、ある謎めいた男が現れます。その男は店内に嵐を巻き起こし、ルパソの住人たちに脅威をもたらす存在となります。これによって、平穏な喫茶店の雰囲気が一変し、危機が迫ってきました。

島崎は再びそのかつての戦闘者としての力を駆使することになるのか。彼の過去と現在が交錯する瞬間、平和を求める最強の男としての物語が幕を開けます。彼の心に宿る決意と、喫茶店の仲間たちとの絆が、新たな戦いへと導いていく。

平和の国の島崎へネタバレ3巻


島崎はLELからの脱走を果たしましたが、LELは脱走者に寛容な組織ではありません。追手が島崎に迫り、彼は重傷を負ってしまいました。

生き延びた島崎には、一瞬の安息が訪れました。彼は命拾いしたことを嬉しく思い、それまで心配してくれていた犬のたまきちとの時間を大切にし、散歩に出かけました。その穏やかなひと時を通じて、島崎は隣人とも親しくなりました。また、同じアシスタント仲間であるカオリと共に買い物に繰り出し、なんと着ぐるみショーにも挑戦しました。

初めて味わう日常に心躍りながら、島崎は傷ついた体を癒しながら新しい経験と友情を楽しんでいます。

平和の国の島崎へネタバレ4巻

スポンサーリンク

【平和の国の島崎へ】ネタバレ感想

平和の実現において「正義」とは?

物語の主人公は、現代の日本人としては異例の生い立ちを持ち、殺人が日常的な光景となっている中で生活していました。しかし、彼はその状況に違和感を覚え、現代の日本的で平和な生活に溶け込もうと奮闘する物語が描かれています。一方で、幼少期から培われてきた暗殺者としての技術や感覚を失わずにいる彼は、平和を願っても武力がなければ現実にはなりえないことを冷静に受け止めています。

この物語の魅力の一つは、特に、正義というあいまいな概念が組み込まれている点が際立っています。正義は相対的な概念であり、その行動が当事者によって正当化され、逆に破壊的な暴力を助長する詭弁にもなり得ると考えられます。

しかし、主人公は経済解放戦線や学生運動出身のご老人たちとは異なり、正義を掲げず、短絡的な暴力の行使を抑制しつつも、必要かつ相当な範囲内での武力行使を淡々と行い、平和の実現において「正義」はむしろ有害であるという立場を行動によって示しているということも考えさせられます。

シュールとシリアスのバランスが良い

物語の中心に位置するのは、高いスキルを有する元傭兵が日本の街で普通の生活を営む様子です。このギャップが非常に面白く、コメディー的な要素も際立っています。読者は予測できない展開に驚きつつ、シュールな場面とシリアスな場面が交錯する独特の雰囲気に引き込まれます。

作品は、シュールさとシリアスさが交錯し、どちらかを明確に判断することが難しいほどの複雑な印象を与えます。その不確かさが、読者を引き込み、作品独自の世界観を醸し出しています。画力や構成力の高さが、この特異な雰囲気を生み出し、物語の中でそれを感じ取ることができます。一瞬の笑いと深い感動が共存する、この作品ならではの魅力が広がっています。

スポンサーリンク

【平和の国の島崎へ】ネットの感想

【平和の国の島崎へ】最終話や結末話は

漫画「平和の国の島崎へ」はまだ完結しておりません。

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...