【ボニーがニカ化】つまらないやひどいの声!2人目の王の正体がジョイガール?

このページにはプロモーションが含まれています

ワンピースの最新号では、ボニーがニカ化してしまうという展開が描かれましたが、このシーンに対して読者からは「つまらない」「冷める」「ひどい」といった否定的な声が多く寄せられています。なぜここまで反感を買ってしまったのでしょうか?さらに2人の王の正体がボニーという説も?今回はこの問題について詳しく掘り下げ、ネタバレを含む感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んでいない方は、注意してください。

スポンサーリンク

【ボニーニカ化】がひどい理由

予想外を通り越して冷める展開

ボニーがニカ化するという展開が多くの読者にとって予想外であったことが、一つの大きな要因となっています。ニカ化は、ワンピースの世界において非常に特殊な能力であり、これまでの物語の中でその発現は特定のキャラクターに限られると多くのファンが信じていました。そのため、ボニーが突然ニカ化するという展開に対して、驚きや違和感を感じる読者が多かったのです。

さらに、ボニーのニカ化が唐突に感じられる理由の一つとして、物語の整合性やキャラクターの設定に対する違和感が挙げられます。ボニーは年齢を操作する能力を持っていることでも知られており、この設定は物語の中でしっかりと整合性が取れていたのです。

しかし、「歪んだ未来(ディストーションフューチャー)」という、自らの想像力を駆使して思い描いた未来を実現させる能力でニカ化という新たな能力が追加されたことで、これまでの設定が覆され、キャラクターの一貫性が失われてしまったと感じる読者が多いのです。

ニカが2人画面にいるだけでひどい

ギア5を発動したルフィの姿がニカになり、その独特な存在感を放っていました。この特別な状態は、ルフィが唯一無二の存在であることを強調するものでした。しかし、今回のエピソードでボニーも同様にニカ化したことで、その特別感が失われ、読者にショックを与える結果となってしまいました。

ルフィがギア5でニカに変身するシーンは、彼のキャラクターの進化と力の象徴として、多くのファンに強い印象を与えてきました。この形態は、ルフィが他のキャラクターと一線を画す特別な存在であることを示していました。しかし、ボニーが同じニカ化の状態になるという展開が描かれたことで、ニカの特別な形態の価値が薄れてしまったと感じる読者が多くなりました。

読者にとって、ルフィのニカ化は物語の中で非常に重要な意味を持つ瞬間でした。その独自性と特異性が、彼のキャラクターの魅力を一層引き立てていたのです。しかし、ボニーが同じようにニカ化したことで、この特別な瞬間が他のキャラクターと共有されることになり、結果的にルフィの特別感が損なわれたと感じる人が多いようです。

スポンサーリンク

【ボニーニカ化】2人目王の正体がジョイガール?

海王類の会話で明かされた2人の王

魚人島での航海中、ロジャーと光月おでんは偶然にも海王類の会話を聞くことができました。その会話の内容から、将来的に二人の王が誕生することが明らかになったのです。

「生まれてくるよ……!!僕たちの王が生まれるよ…遠い海でも生まれるね…2人の王がまた出会う日をクジラ達も喜んでいる」

上記が海王類が話していた内容です。

しらほしとルフィ

そして海王類が話す「二人の王」のうちの一人が「しらほし姫」であることは、第648話の海王類の会話から明らかになっています。以下に、その会話の一部を紹介します。

「数百年に一度、我々の王は人魚の姿で生まれてくるよ…なぜかな なぜだろう。君は…生まれた時から私達の”王”だ。」

この会話から、しらほし姫が海王類の王として特別な存在であることが示されています。さらにしらほしは古代兵器であるポセイドンということも明らかに。

2人目はDの名を持つルフィが濃厚だとされていました。

2人の王の正体がジョイガール

ボニーはバーソロミュー・くまの娘でありソルベ王国の国王であることが『ワンピース』第908話で確定しました。つまり、その時点でボニーはソルベ王国の王女です。

そして今回ニカ化することで2人目の王の可能性が上がってきたようにも見えます。

スポンサーリンク

【ボニーニカ化】次週どうなる?

ボニーが「太陽の神」ニカの姿に変身してしまいました。この驚くべき展開は、読者にとっても大きな驚きだったことでしょう。

一方、マーズに遅れて北東の海岸を目指すトップマン・ウォーキュリーとシェパード・十・ピーターは、状況を完全には把握し切れていないものの、何かしら「妙な気配」を感じ取っている様子です。この「妙な気配」は一体何を示しているのか、彼らが直面する新たな困難や敵の存在を暗示しているのかもしれません。

また、現在は2人になったジョイボーイと、再起動した鉄の巨人がどのような役割を果たすのかも注目です。エッグヘッド編はクライマックスに向けてますます目が離せない展開が続いています。ジョイボーイと鉄の巨人のコンビネーションがどのような形で物語に影響を与えるのか、期待が高まります。

ウォーキュリーとピーターの反応も含めて、次回の展開がますます楽しみです。彼らがどのようにしてこの危機を乗り越えるのか、そしてエッグヘッド編がどのような形で終幕を迎えるのか、今後の展開に注目していきたいと思います。ファンとしては、次のエピソードが待ち遠しくてたまりませんね