幼稚園WARSがつまらないひどいと評価する読者の感想!ネタバレあり!

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

幼稚園WARSというマンガは、最近では少年ジャンプ+で人気が急上昇している作品。しかし一部読者の中には、つまらない、ひどいといった意見も。本記事では、幼稚園WARSがつまらないと評価する読者の反応を紹介したいと思います。ネタバレを含みますのでまだ読んでいない方は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

幼稚園WARSあらすじ

スポンサーリンク

幼稚園WARSつまらないひどいと評価する読者の感想

マンネリ化する殺し屋設定

最近の少年ジャンプ作品では、「サカモトデイズ」、「スパイファミリー」、「マリッジトキシン」といった作品において、殺し屋という設定の主要キャラクターが多く登場しています。しかしながら、このような設定にマンネリ感が出てきているため、読者は飽きてしまうこともあるようです。

幼稚園WARSも、そのような作品の1つで、主人公たちが殺し屋という設定でありながら、ギャグ要素が混じっているため、新鮮さを感じることができません。同じような設定が同時期に続いてしまうと、「あの作品に似ている」という読者も出てくるかもしれません。

ギャグのパターンが毎回同じ

幼稚園WARSという作品の主人公は、元殺し屋でありながら現在は幼稚園の先生という、かなり異色な組み合わせとなっています。彼女は彼氏が欲しいという強い願望を持っており、は外見が良ければ誰でも恋愛対象になってしまうという、外見至上主義な一面があります。

好みが合わない相手を殺してしまうというお決まりのパターンが、短期間で何度も使用されているため、ギャグとしても同じようなオチが続いてしまうと、読者はくどさを感じることが予想されます。

幼稚園の先生という設定が台無し

金持ちの幼稚園児たちを狙う集団から彼らを守るという設定ですが、基本的には園内に進入してきた敵を瞬殺するというパターンが繰り返されるだけで、先生と園児との絡みが全く描かれていません。そのため、「幼稚園の先生」という設定が活かされていないという印象を受けます。結果的に主人公が元殺し屋で「彼氏が欲しい」という部分だけが頭に残りやすくなってしまっています。

また、園児たち一人一人のキャラクターに深堀りすることもなければ、先生達と園児たちの日常が描かれることもほとんどありません。そのため、読者にとっては物語の世界観が浅く、感情移入しにくいかもしれません。

キャラの個性が少ない

主人公以外の登場するキャラクターたちの個性が薄く、幼稚園の先生たちが、全員銃を使って瞬殺するという単調なパターンが繰り返されています。このような展開が続くことで、キャラクターの深掘りや掘り下げがされず、物語に引き込まれづらい印象を与えます。

また、新人として登場する新キャラクターの先生も、バットを用いて戦うチートキャラとして描かれており、個性的なキャラクターであるとは言い難い状況です。さらに、先生たちの外見の見た目の違いはあるものの、性格や殺し方に差異が感じられず、読者にとってはキャラクター同士の関係性が希薄であることが指摘されます。

スポンサーリンク

幼稚園WARSがおすすめな読者

「幼稚園WARS」という作品において、作者の千葉侑生先生は、インディーズ作家であるにもかかわらず、高い画力を持っていることが伺えます。そのため、銃撃戦の派手な描写が非常に印象的であり、ギャグとシリアスをうまく使い分けられているという評価が高いです。

また、チェンソーマンやスパイファミリーといった作品で有名な敏腕編集者である林士平さんが手掛けていることから、今後怒涛の展開が期待されています。

「幼稚園WARS」は、バトル、ラブコメ、ギャグの要素がバランスよく存在していることが魅力の一つです。それぞれの要素がうまく組み合わされているため、多くの読者から支持を受けています。

特に、バトルシーンにおいては、緻密な描写や迫力あるアクションが印象的です。作者である千葉侑生先生の高い画力が発揮され、読者を魅了しています。バトルシーンにおけるアクションは、緻密に描かれた銃撃戦や爆発的なアクションシーンなど、派手で迫力のあるものが多く、読者を圧倒します。

また、主人公たちのラブコメ要素も非常に魅力的で、掛け合いや恋愛模様が楽しめると好評です。特に、主人公である幼稚園の先生であり元殺し屋である女性の恋愛模様は、読者の心をとらえるものがあります。彼女が彼氏を作るために奮闘する姿や、恋愛に関するトラブルに巻き込まれる様子など、読者は彼女の成長や恋愛模様を見守ることができます。

以上のように、「幼稚園WARS」は、バトル、ラブコメ、ギャグがバランスよく存在しており、多くの読者から支持を受けている作品です。バトルシーンの派手で迫力のある描写や、主人公たちの恋愛模様など、魅力的な要素が多数あります。このような作品を好む人には刺さることでしょう。

スポンサーリンク

幼稚園WARSがつまらないひどいと評価する読者の感想!ネタバレあり!まとめ

「幼稚園WARS」は、主人公が元殺し屋でありながら現在は幼稚園の先生を務める女性の、金持ちの幼稚園児を狙う集団からの命を守るためのバトルストーリーです。

作品の魅力は、バトル、ラブコメ、ギャグの要素がバランスよく存在していることです。バトルシーンにおいては、作者の高い画力が発揮され、銃撃戦や爆発的なアクションシーンなど、派手で迫力のある描写が見られます。また、主人公たちのラブコメ要素も非常に魅力的で、彼らの掛け合いや恋愛模様が楽しめます。そして、ギャグ要素もあり、シリアスな展開にも笑いを取り入れることで、読者に楽しい読書体験を提供しています。

一方で、キャラクターたちの個性が薄く、ストーリー展開に深みが欠ける点が指摘されています。そのため、物語に引き込まれづらい印象を受ける読者もいるかもしれません。

しかし、チェンソーマンやスパイファミリーといった作品で有名な敏腕編集者である林士平さんが手掛けていることから、今後の怒涛の展開が期待されています。また、バトルとラブコメとギャグがバランスよくある作品が好きな人にはおすすめできます。

▼あわせて読みたい▼

【鬱展開】ダンダダンは面白い?つまらない?オカルト系バトル漫画レビュー!
ダンダダンは龍幸伸先生が手がけるジャンプ+で大人気連載中のオカルト系バトル漫画。最新話が更新されるごとに100万閲覧を突破するヒット。チェンソーマンやスパイファミリーの敏腕編集者である林士平さんも携わっている話題の作品。実際に面白いのか?つ...