【サイコ×パスト】完結まで!結末や最終話は?ネタバレ感想!刺激最凶サイコサスペンス漫画!

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「サイコ×パスト」は本田真吾先生が別冊少年チャンピオンで連載している作品です。本記事は、完結までのネタバレが含まれております。結末や最終話はどうなっているのでしょうか?まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【サイコ×パスト】あらすじ

犯人への過剰暴力が原因で左遷させられた熱血刑事の五代。新たな上司は自称“超能力捜査官”の飛高警視正。赴任早々、五代はとある連続○人事件へと潜入捜査を命じられるのだが…!? “被害者”として○人鬼に挑め!! 刺激最凶サイコサスペンス!!

スポンサーリンク

【サイコ×パスト】作品詳細

タイトル
サイコ×パスト

著者
本田真吾

カテゴリ
少年マンガ

出版社
秋田書店

レーベル
別冊少年チャンピオン

スポンサーリンク

【サイコ×パスト】完結まで

サイコ×パストネタバレ1巻

五代一哲は、犯人逮捕のために手段を選ばない熱血刑事だ。しかし、その姿勢が災いして捜査一課から捜査第五課への異動を命じられてしまう。そこで五代を迎えたのは、自称「超能力捜査官」の飛高紫苑である。紫苑は、過去の連続殺人事件を未然に防ぐべく、五代をタイムスリップさせることを決断する。

五代が紫苑の力によって意識を失い、目を覚ますと、彼の精神は半裸の女性、村上ハルカの中に取り込まれていた。ハルカは過去の連続殺人事件の犠牲者であり、五代の中で彼女の視点が交錯する。

五代は戸惑りながらも、連続殺人犯である伊崎良信と対峙する。伊崎は女性の乳房を加工し、自らのマスクや衣服に取り込んでいる異様な姿をしていた。

五代は怒りに駆られ、伊崎に襲いかかるが、彼の身体は女子高生のままであり、無力感に打ちのめされる。そして、五代が気絶している間に、共に囚われていた沢田純子の命が奪われた。

サイコ×パストネタバレ2巻

地震の影響で監禁場所が崩れ、五代ともう一人の被害者である西野奈々美は無事に脱出に成功した。しかし、伊崎が追い詰めてきて、絶体絶命。

ここで五代は未来からの情報を駆使し、巧妙な心理戦で伊崎を撹乱させることに成功します。懸命な努力の末、伊崎を打ち破り、五代は現代に無事に帰還。

事件を解決した五代ですが、次なる標的は、「彩門病院 連続ベクロニウム中毒死事件」の犯人、舞城静華です。

舞城は看護師の立場を悪用し、筋弛緩剤ベクロニウムを点滴に混入させ、患者4人の命を奪った。その上、病院側が不審死を隠ぺいしていたため、実際の被害者は50人以上にも上ると噂されていた。

サイコ×パストネタバレ3巻

「彩門病院 連続ベクロニウム中毒死事件」の潜入捜査で、五代は被害者の少年と入れ替わり、ついに犯人の正体に迫ります。その犯人は、入院患者や子供たちに優しく接していた老婆、ステージ4のガンに侵されている赤江はるでした。赤江は以前、「製薬会社の研究者」として働いていた過去がありました。

そして五代の前に、事件の犯人と見られていた舞城静香が現れます。静香は看護師の立場を悪用し、50名以上の患者の命を奪った容疑をかけられていました。赤江は五代を人質にして静香に薬を投与するように迫ります。

また2011年に明るみに出た「練馬区監禁連続殺人事件」。この事件の背後にいたのは、洗脳の傀儡子として知られる幸坂潤乃介でした。彼は自らは手を下さず、小さな子供を含む2つの家族を監禁し、計9人が命を落していた。

サイコ×パストネタバレ4巻

2011年に起こった「練馬区監禁連続殺人事件」を解決すべく、五代がタイムスリップした先は、不思議なことに1986年の学校の教室でした。彼は犯人・幸坂の高校の担任の体に入り込むこととなりました。

初めてその場に足を踏み入れた五代は、幸坂が高校時代に殺人を犯していたという証拠が見当たらず、戸惑っていました。しかし、続発する生徒たちの不審な死から、五代は幸坂に疑念を抱くようになりました。

「練馬区監禁連続殺人事件」では、幸坂は妻・京子を洗脳し、殺人に協力させていました。五代は、同様の協力者が幸坂の学校に存在するのではないかと考えました。

五代は事件を解明するために幸坂を尾行しますが、その行動がばれてしまい、同級生のサトミに見つかってしまいます。それでも幸坂は尾行を気にせず、五代を自宅に招き入れます。

そして、学校の職員室で五代が思索していると、プールから声が聞こえてきます。声の先に向かった五代が見たものは、幸坂と彼に洗脳されたクラスの全員でした。

サイコ×パストネタバレ5巻

五代は洗脳された生徒たちを幸坂の支配から解放すべく奔走します。しかし、思いがけない展開として、生徒の一人であるサトミに襲われ、刺されてしまいます。その正体は後に幸坂の妻となる里水京子でした。

高校で繰り広げられる不可解な不審死は、幸坂に操られた京子が引き起こしていたことが判明します。五代は京子に対し、このままでは元に戻すことが難しいと説得します。

昭和のやり方で幸坂に制裁を加え、現代に戻った五代は新たな事件に立ち向かうことになります。それは、2004年に太平洋の孤島で発生した「祝波島41人殺し」でした。

この事件では、軍場蔵人が島に移住してきてから起こったもので、島民たちとの軋轢から様々な凶器を駆使して多くの人々が命を奪われた。五代が乗り移った相手は、18歳の女子大生・清川麻紗。彼女の体を借りて、五代は凄惨な凶悪事件に立ち向かう。

スポンサーリンク

【サイコ×パスト】ネタバレ感想

ユニークな犯罪解決のアプローチ

ユニークな犯罪解決のアプローチがとても魅力的です。主人公が超能力捜査官である飛高紫苑の力を頼りに、過去にタイムスリップし、異なる時代で発生した犯罪に立ち向かうという表現は、通常の犯罪解決の手法にはない独特な難題や挑戦が生まれ、物語は深みと独自の興味深さをもっていることが見どころの一つです。

時間を超越する要素が物語に組み込まれることで、過去の出来事や登場人物の運命に介入するという新たな可能性が広がり、読者は時空を超えた展開と予測不可能なストーリーの進展に引き込まれ、物語の中で新たな発見を楽しむことができます。

多様な犯罪の描写

各エピソードで描かれる犯罪の多様性が魅力的です。例えば、一つのエピソードでは「兵庫・乳房切除連続殺人事件」といった極めて異例かつグロテスクな犯罪が舞台となります。この事件では、犯人が被害者の乳房を取り除き、その一部を自身のマスクや衣服に加工し、異様なまでに病的な外見を手に入れていました。このような独自かつ過激な犯罪手口が、恐怖感を刺激します。

別のエピソードでは「彩門病院 連続ベクロニウム中毒死事件」という、看護師が利用して筋弛緩剤を用いて患者の命を奪うという凶悪な殺人鬼が登場します。舞城静華という彼女は、看護師の立場を利用して50人以上の入院患者の命を奪ったとされ、病院側が不審死を隠蔽していたために事件が発覚しませんでした。五代はこうした冷酷な殺人鬼に立ち向かう中で、犯罪の背後に潜む複雑な動機や真相に迫っていきます。先の読めない展開にも注目です。

スポンサーリンク

【サイコ×パスト】ネットの感想

【サイコ×パスト】最終話や結末話は

漫画「サイコ×パスト」はまだ完結しておりません。

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...