【漫画】ザシスネタバレ感想あらすじ!森田まさのり初ホラー作品が面白い!

このページにはプロモーションが含まれています

森田まさのり氏による新連載「ザシス」が、集英社が発行する2023年1号のグランドジャンプにて、12月7日に初めて掲載されました。この作品は、森田氏にとって初めてのサスペンスホラーとなります。本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

ザシスネタバレあらすじ

1巻あらすじ

中学校の教師・山内海は、教育現場で悪戦苦闘中。文芸誌の新人編集者で彼女の八木沢珠緒との外食中、中学時代の同級生が殺されたニュースを目にして…。

スポンサーリンク

ザシスネタバレ感想!面白い3つのポイント!

森田まさのり先生の絵柄でホラー作品が読める

「ザシス」は、作者にとって初めてのサスペンス・ホラー作品です。以前の作品である「ろくでなしBLUES」「べしゃり暮らし」で見せた、森田まさのり先生の個性的な絵柄が、グロテスクなシーンを描写する上でも新鮮な魅力を発揮しています。

これまで青春マンガの巨匠として知られてきた作者が、そのレッテルから脱却するように打ち出した作品です。そのため、多くの読者たちから期待されています。青春マンガとは異なる新たなジャンルに挑戦する作者の勇気と、その才能に期待が寄せられているのです。

残虐するぎる犯人の手口

この作品には、犯人が行う非常に残虐な手口が描写されており、その描写は読者を発狂させるほどの恐ろしさを持っています。この手口は、中国で行われているというポピュラーな拷問方法の一つであり、底がくり抜かれた鍋に生きたネズミを大量に詰め込み、身体にガムテープで貼り付けた上で火であぶるというものです。

その鍋をあぶり続けることで、ネズミたちは一番柔らかい人間の皮膚に潜り込もうとして、噛みちぎる様子が描かれており、その描写には恐怖を感じずにはいられません。

小説通りに起こるサスペンス

小説のストーリーに忠実に殺害が起こっていく展開がされていき、まさに圧巻とも言える恐怖を描いた作品です。読者たちは、小説通りに描かれる展開に興奮を覚える一方、その恐怖に圧倒されてしまうことでしょう。

作品の中で描かれる恐怖は、非常にリアルであり、読者たちはその恐怖に引き込まれていくことでしょう。作品の中で描かれる恐怖は、作者の緻密な描写力によって生み出されたものであり、その恐怖を味わうために、読者たちは一度手に取ってみる価値があると言えます。

スポンサーリンク

ザシスコミックス情報

ザシス1巻ネタバレ


山内海という中学の教師が、職員室でホラー小説に没頭している最中に、男子生徒とその母親がいじめを受けていると主張して校長のもとへやって来ます。しかしその出来事は、実際には男子生徒のでっち上げだったのです。

この一件で、学校が評価主義であるという現実に驚く山内。一方、彼の彼女である新人編集者の八木沢珠緒は、公募小説の落選作『ザシス』を目にします。その作品こそが、恐ろしい出来事の幕開けだったのです。

ある日、二人が食事中に殺人事件のニュースを目にします。被害者は山内の中学時代の同級生である鈴木侑己でした。数日後、珠緒は『ザシス』をもう一度読み返し、事件と驚くほど似ている内容に気付きます。

そして、さらなる⚪︎人事件が発生!小説の中で描かれた恐ろしい⚪︎人方法が現実に起こり始めます。その小説の中には、届いた同窓会の案内状の差出人も登場し、その名は中学時代にいじめを受けていた『ザシス』の作者、佐伯遥人と同じでした。

しかし、その後には思いもよらない衝撃の事実が明らかになります。佐伯遥人はすでに死亡していたのです。それから先も、連続する恐ろしい事実や衝撃の展開。

ザシス2巻ネタバレ


中学の教師である山内海は、彼の元同級生である鈴木が殺害されたという悲劇に見舞われた。この悲劇は続き、新人賞を逃した小説『ザシス』と奇妙に絡み合っていく。「ザシス」の作者は、海のかつての同級生であり、中学時代に虐められていた佐伯遥人だ。復讐の糸が絡みつくかと思われたが、海はこれを否定する。

なぜなら、1年前に彼が遥人をひき逃げした後、彼を埋葬しようとした同級生たちによって目撃されたからだ。しかし、その場所を調査すると、掘り返された形跡しか見当たらなかった。予想外にも、遥人が主催する同窓会が近づいていた。誰もが状況を理解できないまま、犯罪は続発し、また一つの命が奪われていった。同窓会に招かれた同級生たちは、主催者の遥人が姿を見せないことに不安を感じていた。

その時、予約がなかったことを知らされ、遥人名義の手紙が届いた。手紙には別の会場に来るよう指示があり、その場所には広い部屋と大きなモニターが用意されていた。モニターに映し出されたのは、遥人がいじめられた際の音声と、その後に命を奪われる被害者たちの映像だった。

ザシス3巻ネタバレ


同窓会に集められた元クラスメートたちは、ある日、かつて佐伯遥人が座視していた和真がモニター越しに見える中、クロスボウで命を奪おうとする異様な光景に直面しました。和真の命を狙う犯人は、驚くべきことに、遥人が書いた小説の筋書きに忠実に従っていました。その背後には、息子の命を奪われたことに対する復讐の念に燃える彼の母親がいたのです。

彼女は冷酷な計画を実行に移し、遥人の死体にクロスボウを持たせて引き金を引かせようとしました。そうすることで、息子の復讐を遂げようと考えていたのです。しかし、その瞬間、山内海が彼女の行動を止めようと果敢に立ち向かいました。緊迫した状況の中で、クロスボウの矢は予想外の方向に飛び、母親の頭を貫きました。

この一連の悲劇的な事件に終止符が打たれたかに見えました。しかし、さらなる衝撃が待ち受けていました。実は、遥人のいじめの主犯は晋太郎だったのです。そして、物語の最後には、死んだと思われていた遥人らしき人物が登場し、犬を使って晋太郎の命を奪ったという驚愕の展開が待っていました。

スポンサーリンク

ザシスネタバレネットの感想

▼あわせて読みたい▼

【ザシス】完結まで!結末や最終話は?ネタバレ感想!森田まさのりが挑む初のサスペンスホラー漫画!
漫画「ザシス」はグランドジャンプで連載中で森田まさのり先生の初めてのサスペンスホラー作品です。物語は、中学校の教師である山内海が教育現場で奮闘する中で展開されます。彼は恋人であり文芸誌の新人編集者でもある八木沢珠緒と外食中に、中学時代の同級...
スポンサーリンク

違法サイトを利用すると危険!

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

漫画がなんとU-NEXTで配信中なんです!しかも、今なら無料トライアル登録をするだけでなんと600ポイント(漫画1巻分相当)がプレゼントされちゃいます!

皆さん、お気に入りの漫画を実質無料で読むチャンスですよ!しかも、トライアル期間内に解約すれば料金は一切かからないんです!信じられませんよね!

もし漫画に興味がある方、ちょっと気になるシーンだけチェックしたい方、今がチャンスです!絶対に見逃せませんよ!

U-NEXTでは他にも豪華なラインナップが揃っています!人気の漫画、映画、ドラマなど、たくさんのコンテンツが楽しめます!

2分で登録!漫画1冊まるごと無料

【感想】ザシスネタバレあらすじ!森田まさのり初ホラー漫画が凄い!まとめ

「ザシス」は、青春マンガの巨匠である森田まさのり先生による初のサスペンス・ホラー作品であり、個性的な絵柄がグロテスクな描写に新鮮な魅力を与えている。

犯人の残虐な手口は恐怖を引き起こし、小説通りに描かれる展開が圧巻の恐怖を生み出す。読者たちは作者の緻密な描写力に引き込まれ、手に取る価値があると言える。

▼あわせて読みたい▼

心笑会の元ネタのモデルはオウム真理教?カルト教団漫画「スマイリー」が怖い!
笑う門には死が来る”狂笑邪教”として週刊ゴラクで連載開始された服部未定先生の「スマイリー」。 スマイリーの作中で描かれるカルト教団「心笑会」の謎が明かされていく中で、元ネタとなったモデルはどこなのか考察していきたいと思います。 今回の記事に...