心笑会の元ネタのモデルはオウム真理教?カルト教団漫画「スマイリー」が怖い!

calendar

笑う門には死が来る”狂笑邪教”として週刊ゴラクで連載開始された服部未定先生の「スマイリー」。

スマイリーの作中で描かれるカルト教団「心笑会」の謎が明かされていく中で、元ネタとなったモデルはどこなのか考察していきたいと思います。

今回の記事にはスマイリーのネタバレが含まれていますのでまだ読んでいない方は気をつけて下さい。

心笑会が出てくるスマイリーのあらすじ

愛娘を不慮の事故で亡くしたフリーライターの鴨目友司。絶望した彼は妻にも去られ、抜け殻のような日々を送っていた。だがある日勧誘に来た見知らぬ宗教団体「心笑会」のチラシが彼の運命を変える。そこには音信不通の妻の姿が映っていた…。これは信仰と狂気の物語ーー。邪悪な笑顔が招く教団の黒き闇とは。戦慄の“新興宗教“サスペンス始動!!

心笑会儀式内容

作中に出てくる宗教「心笑会」とは一体どのような団体なのでしょうか?

設定では公称会員数25000人、日本発祥の宗教団体で1998年に設立されたそうだ。

心笑会儀式内容も深掘りしていきます。

心笑会入会の儀

勧誘のされ方は信者が自宅に訪問される。入会することはさほど難しくはないように思えた。そして心笑会に入る為に唱えられる教典。「我清らかな笑顔で過ごし 常に莞爾として笑うことを重んじる 時には呵々として笑い 婉然することを忘れぬ」

入会する際には信者の方と唱えることが必要となってくる。

心笑会朗笑

信者同士の輪を繋げるために全力で笑う儀式。教団の幹部であるものが信者の前で、「朗笑」と唱える。密室空間に集められた信者達は、心のそこから笑うのだが不気味で狂気さがある。

心から笑うことで苦しみの連鎖から己を解き放つ為に行われていると推測されている。

心笑会礼笑

心笑会の朝は早く午前7時から施設周りの清掃から始まり礼笑と呼ばれる礼拝。礼笑は午後12時と午後4時にも行う儀式で合計3回することになる。

午後4時の礼拝においては教典の復唱も同時に行われる。

心笑会笑光様の誕生祭

朗笑を続けることが出来た信者のみが参加を許される、心笑会のトップ笑光様の誕生祭。

誕生祭の行われる場所のことを聖域と表現されており、聖域までの行き方は限られた人間しか分からない。その為目隠しをされた状態で、睡眠薬を体内に注射された状態で車移動。

怪しげな仮面を身につけ笑光様を称える。その後友好の証として笑光様から額に軽く口付けをされる。

心笑会悦儀

笑光様が笑声を出せたものは、真の笑顔を授かることができる。

髪を剃った状態で仮面を取り上半身裸の状態で、顔の皮膚を削ぎ落とし新しい顔を上から被させられる。これにより延々に笑顔でいられるという悦儀。

上記の内容が心笑会の具体的な儀式内容であるが、フィクション要素の強い儀式が多いようだ。

心笑会の元ネタとなるモデルはオウム真理教

スマイリーの心笑会を検索すると「元ネタ」「モデル」というワードが検索されているようだ。参考にされている宗教団体はオウム真理教である可能性があったので考察してみたいと思います。

オウム真理教で有名な人物といえば麻原彰晃(あさはらしょうこう)であろう。心笑会教祖の名前が笑光(しょうこう)ということで一致している。また心笑会の設立日が1998年と言われており、1995年に話題になった地下鉄サリン事件と近いことから意図した数字の可能性も。

スマイリーはサスペンス要素もあり、信者によって殺人が起こる描写も類似している。

原作者が特定の団体名を出しているわけではないので、憶測として捉えるくらいがいいでしょう。

心笑会の元ネタのモデルはオウム真理教のまとめ

週間ゴラクにて絶賛連載中スマイリーの作中に出てくる心笑会。

カルト教団とサスペンスを融合させた新しいジャンルの漫画。その元ネタとなるモデルについて原作者は触れておらず、フィクションとして描かれています。

しかしながら教祖の名前が笑光だということ、心笑会の設立日が1998年、信者が事件を起こす物語からオウム真理教にインスパイアされた可能性は大いにあるということ。

実際のところは分かりませんが、エンタメとして今後もスマイリーを読んで行きたいと思います。

服部未定スマイリーネタバレ感想!宗教「心笑会」に潜入し妻を探す鬱漫画の4つの魅力!こちらの記事も読まれています。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業