【ウィンドブレイカー】つまらない?打ち切り?東リべと比較され評価が下がる?

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

「ウィンドブレイカー」がつまらないとか、打ち切りになるとか、東リべと比較されて評価が下がるという意見がありますが、これらについて長く説明しますね。本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【ウィンドブレイカー】あらすじ

桜遥は、偏差値最底辺ながら喧嘩(けんか)最強の風鈴高校に入学して頂点を極めようとするも、不良生徒たちは町を守る自警団「ボウフウリン」を結成して活動していた。 戸惑いながらもボウフウリンの一員として戦い始めた桜の姿を描く、青春不良ストーリー。

スポンサーリンク

【ウィンドブレイカー】作品紹介

タイトル WIND BREAKER (ウィンドブレイカー)

著者 にいさとる

カテゴリ 少年マンガ

出版社 講談社

レーベル マガジンポケット

スポンサーリンク

【ウィンドブレイカー】つまらない?打ち切り?

ド直球な王道ヤンキー漫画

漫画「ウィンドブレーカー」は、今の時代において、そのストレートな描写があまりにも王道すぎるかもしれない、まさに純粋なヤンキー漫画です。そのため、古典的な要素が強く、一部の人には新しい刺激がないと感じられるかもしれません。

物語は、極悪非道の風鈴高校で名を馳せる桜遥という主人公の奮闘を描いています。彼は最高の地位を手に入れるために風鈴高校の頂点を目指しますが、その過程で街を守る英雄チーム、ボウフウリンの一員として選ばれます。そして、街の平和を守るため、様々な脅威と対峙しながら成長していく姿が物語の核となっています。

この作品は、拳と拳のぶつかり合いや、共に成長する仲間たちの絆など、古典的なヤンキー漫画の要素を見事に受け継いでいます。時代を超えて共感できるストーリーテリングでありながら、その古き良き時代の雰囲気を堂々と引き継いでいる点が、多くの読者に魅力となっているのかもしれません。

キャラ多すぎ問題

「ウィンドブレイカー」に対する否定的な意見の一つに、登場人物が非常に多くて覚えきれないというものがあります。確かに、風鈴高校の1年生仲間、2年生先輩、3年生先輩と四天王、さらには敵対する他校のキャラクターなど、多岐にわたる登場人物が出てくるため、それぞれを覚えるのは容易ではないかもしれませんね。

キャラクターが多すぎると、物語が複雑になりすぎて一部の読者にとっては興味を失いやすくなることがあります。登場人物が多いと、各キャラクターの掘り下げや成長が難しくなり、物語の展開が分散してしまう可能性もあります。

読者が誰に焦点を当てればいいのかわからなくなり、ストーリーのつながりが曖昧に感じられることもありますね。また、登場人物が多過ぎると、彼らの個々の物語や関係性について深く理解するのが難しくなり、読者が物語に没入するのに支障をきたすこともあります。

そのため、キャラクターが多すぎると、読者が物語に没頭しにくくなる場合があるのです。

斬新なコンセプトが少ない

ヤンキーたちが市街を守るというコンセプトは斬新で新鮮ですが、実際のストーリー展開は学園とヤンキー文化が中心で、喧嘩が主要な要素として進んでいくものとなっています。

過去から現在まで、ヤンキー漫画は常に人気作が生まれていますが、最近では「東リべ」が大ヒットした要因の一つとして、従来のヤンキー漫画にはなかったタイムリープやサスペンスの要素が挙げられます。

「ウィンドブレイカー」はそのような要素を持っていないため、新しさや斬新さに欠けていると見なされることもあるかもしれません。展開において、他の作品にはない革新性を持たないという批判も出てくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

【ウィンドブレイカー】それでも人気

キャラの立ち振る舞いが良い

この漫画のキャラクターたちの振る舞いは、とにかく格好良すぎるんですよね。付き合うなら間違いなくこの作品のキャラから選ぶかもしれませんね。

それに、街を守るために力を振るう姿勢は、優しさに溢れていて魅力的です。ヤンキー漫画と聞くと、大人びていて少し怖いイメージがありますが、実際は可愛らしいんですよ。彼らの中にはあどけなさや子供らしさが残っていて、それでいて高校生らしさを感じさせます。そのバランスが、魅力的で親しみやすい要素なんです。

成長ものとして評価

この物語の舞台は不良が集まる高校で、彼らが闘うのは街を守るための戦いです。その戦いは商店街のお姉さんを助けたり、街の落書きを消したり、おばあさんをおんぶしたりするような小さな行為から始まります。彼らの活動は、日常の中で地域社会を支える大切な活動になっています。

主人公の桜くんは、強くてかっこいいですよね!物語の始まりでは、まるで借りてきた猫のような存在かもしれませんが、1巻時点で既に評価が高く、その成長ストーリーが注目されています。彼の進化する姿や、風格を身に着けていく様子が、読者を引き込んでいます。彼の成長に伴って、どんな変化や挑戦が待っているのか、読者たちは興味津々なんです。

スポンサーリンク

【ウィンドブレイカー】ネットの感想

【ウィンドブレイカー】コミックス情報

ウィンドブレイカー:1巻あらすじ

彼らは、最も恐れられる不良軍団であり、この街の英雄でもあった。彼らの学業成績は最低で、一方、喧嘩の実力は無敵だった。そんな伝説的な存在、風鈴高校。新学期が始まり、風鈴高校の新入生である1年生の桜遥(さくらはるか)は、この学校でトップに立つことを夢見て街にやってきた。

しかしながら、桜は学校に入学して初めて、風鈴高校は「防風鈴(ボウフウリン)」と名付けられた、街を守る使命を担う団体であることを知る。そして、桜は風鈴の一員として街を守るために闘いの舞台に立つことを決意する。

不良高校生である桜の喧嘩英雄伝説、新たな章が幕を開けたのである!

ウィンドブレイカー:2巻あらすじ


火花が散る、不良たちの熱狂的な対決が始まる! 防風鈴(ボウフウリン)対獅子頭連(ししとうれん)、強力な不良たちが激突するタイマン勝負の幕開けです!

「力」に絶対の信念を持つ獅子頭連が登場! 風鈴高校は名高い最強の不良校で、その頂点を目指して街にやって来た桜遥(さくら はるか)は、風鈴高校が街を守る集団である“防風鈴(ボウフウリン)”という存在になっていたことを知ります。桜も一員として、この新たな役割に身を投じました。

しかし、桜が防風鈴に参加したばかりの矢先、隣接する地域を統率する「獅子頭連」との対立が勃発します。この争いは防風鈴の総代である梅宮も巻き込み、チーム同士が賭けたタイマン勝負へと発展していきます。

ウィンドブレイカー:3巻あらすじ


多くの強者が集う、伝説の不良校、風鈴高校。頂点に立つためにこの学校に入学した桜遥は、驚くべき事実を知ることになります。風鈴高校はもはや単なる不良校ではなく、街を守る使命を背負う集団である“防風鈴”として存在していたのです。桜は、この新たな役割を受け入れ、街のために戦う決意を固め、防風鈴の一員となります。

互いのチームの存続を賭けて繰り広げられる熱い対決。それは“力”に絶対の信仰を持つ“獅子頭連”とのタイマン勝負です。そして、ついに、圧倒的な強さを誇る副頭取・十亀、そして頭取・兎耳山が防風鈴の前に立ちはだかる瞬間が訪れる――! “獅子頭連編” 第3巻、非常に熱い展開となっております!

ウィンドブレイカー:4巻あらすじ


一匹狼の孤独な獅子の救済を果たせ! 立ちはだかるのは、“防風鈴”の最強者、梅宮一!!

最強の不良高校であり、同時に街を護る英雄でもある風鈴高校。そこに入学した桜遥は、この学校が二つの異なる側面を抱えていることを知ります。彼は強力な仲間たちに支えられながら、風鈴高校の頂点を目指します。力の絶対信仰を掲げる”獅子頭連”とのチーム対決が勃発し、ついにはトップ同士の決戦が訪れます。

力に執着し、制御を失ってしまった兎耳山に立ち向かうため、梅宮が示した答えは――!この物語の展開に大いなる注目が寄せられています。

ウィンドブレイカー:5巻あらすじ


「獅子頭連」との激闘を終えた桜遥に、風鈴高校での新たな生活が広がっていました。この新たな章では、彼が実力派揃いの級友たちと出会い、上級生たちとも絡み合うことになります。また、クラスのリーダーである“級長”との交流も、彼の日常に新しい風をもたらすでしょう。

しかしながら、そんな平穏な日常の中にも不穏な兆候が潜んでいます。桜の級友たちの中に、不気味な存在が忍び寄っているのです。そして、悪名高きチーム「KEEL」の脅威が、彼らの仲間たちを脅かす事態に発展します。この危機に立ち向かうため、桜たちは動き出し、仲間たちの安全を守る決意を固めます。

ウィンドブレイカー:6巻あらすじ


級友たちの危機に立ち向かう決意! 風鈴高校1年生の冒険が始まる!!

風鈴高校、最強の不良校に入学した桜遥は、級友たちからの信頼を勝ち取り、クラスの級長に指名されました。新しい生活が幕を開けたばかりで、早くも新たな騒動が勃発します。桜遥の級友であり幼馴染みでもある杏西を救うため、恐怖と暴力が支配する恐るべきチーム「KEEL」の拠点に挑む決断を下します。

卑劣な手段で襲い掛かる敵に立ち向かう、若き不良の英雄たちの壮絶な戦いが繰り広げられます。この新たな章で、彼らは友情と勇気を胸に、危険な冒険に挑むのです!

ウィンドブレイカー:7巻あらすじ


防風鈴対KEEL、壮絶な決戦! 卑劣な陰謀に立ち向かえ!!

級友たちの危機を救うため、恐怖が支配するチーム「KEEL」との壮絶な戦いを繰り広げる1年生たち。そして、2年級の級長である梶らが参戦し、劣勢を覆す展開が訪れ、戦いはついに最終局面へと進展します!

しかし、KEELとの激闘の中で、桜は自身の体に起こる異変に戸惑います。初めて結ぶことができた”仲間”の存在が、桜にどのような変化をもたらすのか、その謎はまだ明らかになっていません。壮絶な戦いの中で、新たな展開が待ち受けていることでしょう!

ウィンドブレイカー:8巻あらすじ


仲間と共に前進するため、その心情を打ち明けなければならない瞬間がやってきました。風鈴高校の最高峰を目指す桜遥は、初めて結んだ“仲間”たちに戸惑い、自身の体が思うように動かなくなってしまいます。他人からの拒絶を恐れる桜に、2年生の級長・梶はどのような言葉をかけるでしょうか?

さらに、風鈴高校のボウフウリン四天王の一人である椿野が、桜たちの前に現れます。彼の提案により、桜たちは共に行動することを決意しますが、そこに待ち受けている試練とは一体何なのでしょうか?新たな展開が物語を彩り、桜たちの冒険は更なる高みへと向かっていくことでしょう。

ウィンドブレイカー:9巻あらすじ


共通の目標を掲げる仲間たち! 宵の街で始まる、新たな戦いの幕開け!!

街を守るために闘う風鈴高校、最強の不良校。その頂点を目指し、風鈴高校に入学した孤独な少年・桜遥は、風鈴で出会った仲間たちとの交流を通じて、初めて心を許せる場所を見つけました。

そして、ボウフウリン四天王の一人である椿野の誘いを受けて、桜たちは鮮やかなネオンが煌めく歓楽街を訪れます。そこで待ち受けていたのは、風鈴と同じく”街を守る”という使命を掲げる別のチームとの出会いで、新たな騒動へとつながっていくことになります。新たな挑戦が、彼らをどのような冒険に導くのか

ウィンドブレーカー:10巻あらすじ


「ボウフウリン」として名高い風鈴高校に入学し、街を守る使命に生きる決意を固めた桜遥は、四天王の一人である椿野に誘われ、夜の街へと向かいます。そこで、彼らは風鈴と同じく街の安全を守るという共通の目標を掲げるチーム「六方一座」と出会うのです。

彼らは一人の少女を守るために共闘することを決意しますが、敵の数が次第に増加し、桜たちは苦戦を強いられます。仲間たちが相次いで倒れていく中、桜たちの元に駆けつけたのは、強力な援軍でした。この援軍の登場が物語にどのような影響を及ぼすのか、今後の展開が非常に注目されます。

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

漫画をお得に見れるサイト紹介!アニメ化した作品はU-NEXTが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!漫画を用途にあわせてサイトを使い分けるためのおすすめランキングや、アニメ化した作品を楽しむならU-NEXTがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは、詳しく見ていきましょう! ...