【葬送のフリーレン】完結まで!結末や最終話は?ネタバレ感想!英雄たちのアフターファンタジー!

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「葬送のフリーレン」山田鐘人先生とアベツカサ先生が週刊少年サンデーで連載している英雄たちのアフターファンタジー!本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】あらすじ

魔王を倒した勇者一行の後日譚ファンタジー魔王を倒した勇者一行の“その後”。

魔法使いフリーレンはエルフであり、他の3人と違う部分があります。彼女が”後”の世界で生きること、感じることとは。残った者たちが紡ぐ、葬送と祈りとは。物語は“冒険の終わり”から始まる。英雄たちの“生き様”を物語る、後日譚(アフター)ファンタジー。

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】作品情報

タイトル: 葬送のフリーレン

著者: 山田鐘人

著者: アベツカサ

カテゴリ: 少年マンガ

出版社: 小学館

レーベル: 週刊少年サンデー

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】完結まで

ネタバレ:出会い

かつて、勇者ヒンメル、戦士アイゼン、そして僧侶ハイターと共に魔王を打倒したエルフの魔法使い・フリーレン。彼らの冒険から50年が経ち、ヒンメルの死を契機に、フリーレンは人間社会により深く没頭することを決意しました。

20年後、フリーレンは年老いたハイターを訪れます。そこで彼女は、ハイターが保護しているフェルンという少女に出会います。フェルンは戦争で親を失い、ハイターに救われた孤児でした。ハイターは自らの終焉を悟り、フリーレンにフェルンを引き取って育ててほしいと願いました。

初めはその願いを拒絶したものの、後にフリーレンはフェルンが立派な魔法使いに成長していたことや、彼女の成長を見守りたいという思いから、最終的に彼女を弟子として受け入れる決断を下しました。

ハイターの逝去後、フリーレンはフェルンを伴い旅に出ました。彼らはヒンメルたちの思いに触れながら、様々な土地を巡る旅に出ました。

その後、アイゼンの弟子であるシュタルクも仲間に加わりました。彼は見かけによらず臆病で弱気な少年でしたが、実際には竜ですら怯えさせるほどの強さを備えた戦士でした。自らの力を正確に把握しておらず、自己評価が低い一方で、他者のために戦おうとする純粋な意志を持っていました。

そして、フリーレンたち一行はもう一つの目的地である大魔法使いフランメの魔導書と、魂が眠ると伝えられる地・オレオールを求めて北方へと旅を続けました。

ネタバレ:グラナト伯爵領編

旅の中で、北側諸国の一つであるグラナト伯爵領を訪れたフリーレン一行。この国では魔族のリュグナーが和睦の使者として認められている状況でしたが、その情報を得ることなく、フリーレンは魔族に攻撃を試み、結果的に逆に捕らえられてしまいました。

その裏では、魔王直属の大魔族アウラによる国家転覆の策謀が進行していました。フリーレンは魔族の本質を理解しており、迅速に脱獄。自らがアウラのもとへ向かう一方で、フェルンとシュタルクに残された魔族との対峙を任せました。

シュタルクは最初は無理だと騒ぎ立て、またフリーレンに助けを求める姿を見せましたが、結局はフェルンとともにリュグナーとリーニエという敵に立ち向かうこととなりました。

フリーレンはアウラと対峙し、圧倒的な魔力で彼女を制しました。一方、フェルンもリュグナーを驚くべき速さで魔法を繰り出し、彼を打ち破りました。そして、ボロボロになりながらもシュタルクは師匠譲りの不屈の精神でリーニエを打ち倒しました。未熟ながらも、彼の芯の強さが光りました。

魔族を討ち果たしたフリーレン一行は、伯爵から感謝の言葉を受け、街の人々からも賞賛されました。傷を癒し、また旅立つための気力を養うため、ゆったりとした時間を過ごすことにしました。

次の目的地へ進むためには、一級魔法使いの資格が必要だと知らされ、一行は魔法都市オイサーストを目指すことにしました。試験を受けるため、新たな旅が始まるのでした。

ネタバレ:ザイン加入

グラナトを発ったフリーレン一行は、様々な試練に直面しながらも雪山での遭難や魔物との戦いを経験し、楽しい旅を続けていました。その途中でザインという僧侶と出会います。ザインは聖都で認められる司祭ですら超える実力を持ち、シュタルクが危機に陥った際には瞬時に治癒する驚異的な能力を披露しました。

フリーレンはザインの力に惹かれ、彼を仲間に加えることを決意します。彼女はザインの抱える悩みに対し、自分がかつて仲間に誘われた際にヒンメルから受けた励ましと同様の言葉を贈りました。

兄の説得もあり、ザインは冒険に出ることを決めます。ただし、彼の目的は10年前に冒険に出た親友を追うことであり、フリーレンたちとの同行は途中までで、その後は別れることを前もって約束します。

ザインが一行に加わったことで、グループはより活気づいてきました。フェルンとシュタルクが些細なことで口論しましたが、ザインの落ち着いた対応で問題が解決しました。そのおかげで、パーティーのバランスも良い状態になっています。

しかしその途中、ザインは親友の戦士ゴリラの目撃情報を得ます。ゴリラはテューアへ向かったという情報でしたが、それはフリーレンたちが目指すオイサーストとは逆方向にありました。結果として、ザインは残念ながら一行を離れる決断をしました。

ネタバレ:1級魔法使いの試験

ザインと別れた一行は、1級魔法使いの試験のため、魔法都市オイサーストに到着しました。

1次試験は3人1組の即席パーティーで、隕鉄鳥と呼ばれる小鳥を捕まえることでした。そして試験終了まで、メンバー全員が日没まで生き残る必要がありました。隕鉄鳥は音速を超える速度で飛翔し、魔力にも非常に敏感な厄介な存在でした。

フリーレンとフェルンは別々のパーティーに分かれてしまいましたが、それぞれの仲間と協力しながら、鳥を捕まえることで試験を進めていきました。受験者の中には他のパーティーを妨害しようとする者もいましたが、2人はそのような妨害にも負けず、無事に1次試験を突破しました。

2次試験では、受験者たちは迷宮攻略に取り組みました。合格条件は迷宮の最深部に到達することでしたが、そこには多くの罠が待ち構えていました。フリーレンも魔導書に誘われてしまい、ミミックに飲み込まれるという、自業自得とも言える苦難に直面しました。

最深部に近づくにつれ、受験者たちは水鏡の悪魔が作り出した複製体によって足止めされました。数多くの脱落者を出しつつも、フリーレンたちは試練を乗り越え、最終試験に進むことができました。

しかし、試験の面接官が急遽、フランメの師匠であるゼーリエに変更され、フリーレンが彼女の反感を買ってしまいます。その結果、フリーレンは試験を受ける機会を失い、最終的にフェルンだけが合格することとなり、一行の試験は幕を閉じました。

ネタバレ:北部高原編

フェルンが一級魔法使いとなり、特別な権利を手に入れました。一方で、フリーレンは「大陸魔法協会の施設に1000年は足を踏み入れないように」という出禁処分を受け、少々落ち込んでいました。それでも、弟子が合格したことには純粋に喜んでいる様子でした。

その後、オレオールを目指す一行は冒険に戻り、相変わらずのゆるやかなやり取りで旅を続けます。ある街では晩餐会に招かれたり、温泉を楽しんだりと、以前の試験時の緊張感から一転して、心温まるエピソードが続きます。

さらに、フェルンとシュタルクが「デート」をする微笑ましい場面もありました。シュタルクがフリーレンにデートについて相談する際、フリーレンのフェルンに対する愛情の深さが伝わってきました。

一行は北側諸国ナーハリヒト地方の関所を通り抜け、北部高原に突入しました。しかし、高原に到達した途端、魔物の群れに襲われ、動けなくなってしまいました。その後、到着した集落では、街道で出没する魔物を撃退する依頼を受けることになります。

偶然にも、以前オイサーストの試験で出会ったゲナウとメトーデと再会し、共に任務に取り組むことになります。同時に、討伐の対象がゲナウの相棒を殺したレヴォルテという魔族であることが判明します。

レヴォルテ率いる魔族たちとの戦いに苦戦しながらも、一行は団結し、敵を撃破します。その結果、ゲナウは因縁の相手との決着をつけることができたのです。

ネタバレ:魔族マハト

フリーレンたちが北部高原に進む途中に突如として1通の依頼書を受け取ります。

依頼をこなすためヴァイゼへ向かった一行は、そこでかつて魔法試験で出会ったデンケンと再会します。彼の故郷であるヴァイゼは魔族マハトによって黄金に変えられた都市でした。

ヴァイゼを取り巻く結界の管理者であるデンケンは、マハトと対立し黄金の都市を元に戻そうと考えていました。フリーレンたちは彼の計画に賛同し、魔法解除の手掛かりを求めてマハトの記憶を調査し始めました。

フリーレンは長年分のマハトの記憶を分析し、彼が人間の感情を理解するためヴァイゼに滞在し、そこで暮らしていたことを知ります。そして、都市を黄金に変えたのも、彼の純粋な好奇心から生まれた行動だったのです。

その後、魔族ソリテールが結界を破ったことで黄金の浸食が再開。フリーレンたちはマハトとソリテールの2人と対峙することになります。デンケンはマハトによって黄金に変えられましたが、フリーレンの防護魔法によって復活します。フリーレンはついにマハトの魔法を解除する方法を見つけ出し、デンケンはマハトと、フリーレンはソリテールと直接対決することになります。

フリーレンはソリテールを怒らせ、激怒した彼に大きなダメージを与えますが、倒すことはできず、両者の戦いは膠着状態に入ります。

一方、デンケンは致命傷を負いながらも、マハトとの激しい戦いの末、相討ちに成功し、マハトを打ち倒します。

さらに、黄金解除によって復活したフェルンの協力を得て、フリーレンもソリテールに勝利します。都市の黄金化が解かれ、停滞していた50年間の時が動き出しました。

ネタバレ:フリーレン過去へ

ヴァイゼを発った一行は、フリーレンの提案で女神の石碑がある場所に立ち寄りました。石碑に触れた瞬間、驚くべきことに、フリーレンだけが過去へと飛ばされ、かつての仲間たちと再会することになりました。

この突然の出来事に戸惑いながらも、フリーレンは過去から帰る方法を見つける必要があり、過去を変えることでフェルンやシュタルクが消える可能性も考慮しながら悩みます。そのため、仲間たちに事情を話すことを避け、懐かしい彼らとの旅を続けました。

やがて、自分が未来から来たことが隠しきれなくなり、仲間たちと共に帰還する方法を探ることになります。解決策を見つけるのは容易ではありませんでしたが、またかつての仲間たちと共に冒険を楽しむことで、フリーレンも幸せそうな表情を見せました。

フリーレンは、帰還の鍵となる魔法が「時巡りの鳥の章」として聖典に記されていることを知りました。しかし、その魔法を見つけるには聖典の解読に膨大な時間が必要だと感じました。絶望的な状況に思えましたが、ヒンメルとの会話の中で、石碑に刻まれた文字「フィアラトール」を思い出します。

この文字は、ヒンメルたちが魔王を倒した後に長い歳月をかけて解読した呪文のようでした。この呪文を唱えながら石碑に触れる必要があるようです。そこで、フリーレンたちは石碑へ向かう決意を固めます。しかし、到着した先には、ソリテールを含む大魔族たちが集結していました

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】アニメも話題

TVアニメ『葬送のフリーレン』は、新たな放映方法として金曜ロードショーを選択し、その後にNetflixや他の配信プラットフォームでトップ視聴ランキングを獲得した現象について、興味深い点がいくつか見出されます。

まず、この作品は独自のストーリーテリングとキャラクター造形によって、視聴者の心に強い印象を与えています。この魅力が視聴者の関心を惹きつけ、その結果、ランキング上位に浮上したと考えられます。特に「断頭台のアウラ編」は、その深い物語性やストーリー展開が注目を浴び、視聴者たちの期待を一層高めました。

次に、金曜ロードショーでの放映を経て、配信サービスでの成功を収めている点が注目すべきです。このような放映形態の新奇さは、視聴者の視聴パターンや嗜好に新たな変化をもたらしています。物語の普及において、従来の放映形態とオンデマンド視聴サービスの組み合わせは、どのように視聴者の反応や関与に影響を与えているのか、興味深い研究対象となるでしょう。

さらに、視聴ランキングでの1位獲得は、作品の感情移入や深いストーリー性に根ざした魅力が示されたものです。これは単なる視聴者の嗜好によるものではなく、作品の魅力が複合的な要素によって形成されていることを示しています。このような現象をより詳細に分析し、視聴者と作品との相互作用について理解を深めることが、メディアのエンターテインメントと視聴者の関係における新たな展望を開くかもしれません。

葬送のフリーレンのアニメを無料で見るならこちらがおすすめ


U-NEXTの特徴
・無料登録で600ポイント(新作漫画1冊分)
・31日間で解約すればお金がかからない
約22万本のアニメや映画やドラマも見れる
毎月1,200円分のポイントがもらえる
2分で簡単!無料登録!
スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ネタバレ感想

漫画「葬送のフリーレン」は、読み進めるほどに奥深さと魅力が増していく不思議な魔法のようなものを持っています。その文学的な魅力は、読者が何度も作品に没頭しても、驚くほど完璧に見えることであり、同時に読者自身の理解力の限界を自覚させるものでもあります。そうした驚くべき緻密さの一方で、過度なバトルの期待は裏切られるかもしれません。淡々としているが故に、暗く重い一面もあります。このような作風に共感する人には、『最果てのパラディン』のような、しっとりとした雰囲気の作品がお勧めです。

興味深いことに、この作品はアニメーション化された際に素晴らしい手法で改変されましたが、それでも原作に興味をそそられる魅力があります。そして、この物語の根幹をなす勇者ヒンメルについてですが、彼の魅力は顕著です。彼は残念ながら自己中心的な一面も持ち合わせていますが、同時に心優しい側面もあります。彼の一途な愛情が、長きに渡ってフリーレンに向けられていたことが、この第1巻を読むことで明白に感じられます。

この作品は、文学的な手法やキャラクターの複雑さ、そしてテーマ性の深さにおいて、読者に新たな視点と考察をもたらすことでしょう。これは単なる物語以上のものであり、読者の心を深く揺さぶります。

【葬送のフリーレン】ネットの感想

【葬送のフリーレン】最終話や結末話は

漫画「葬送のフリーレン」はまだ完結しておりません。

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...