【ネタバレ】シバタリアン1巻感想!元ネタはバタリアン?最終回はどうなる?

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

漫画「シバタリアン」!1巻が発売されたことが話題になりました。。「シバタリアン」とは、新進気鋭の漫画家が贈るホラー作品で、個性的なキャラクターたちと奇想天外なストーリー展開に引き込まれます。元ネタであったり最終回を考察してみたいと思います。本記事はネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

シバタリアンあらすじ

「シバタリアン」は中学3年生の少年・佐藤が、桜の下に顔だけを出して埋まっている男子・柴田を見つけたことから始まる。聞けば柴田は高校生の不良に絡まれ、埋められてしまったのだという。その後柴田と友情を深めていった佐藤は、柴田とともに文化祭の展示作品として映画を撮ることに。しかし同じ学校に通っているはずの柴田を知る人は校内に誰もおらず、姿も見えていないようで……。誰も知らない柴田を巡る物語が展開される。

スポンサーリンク

シバタリアン1巻感想

大量のシバタのシーンに驚愕

シバタと佐藤は映画製作に奮闘し、ついに完成した作品をクラスのみんなに発表しようとします。しかし、サッカー部が邪魔をし、彼らが撮った映画よりもサッカーの試合が優先されることになり、クラス全体が巻き込まれてしまいます。その結果、映画の上映はできず、帰れというコールが起こります。

失望し、この世界がバカばかりだと嘆く佐藤は、思わず「世界中の皆が、全部シバタだったらいいのに」と声を漏らしてしまいます。数年が経過し、シバタと再び出会った佐藤は、映画館で驚くべき光景に遭遇します。そこには大量のシバタが集まっていました。彼らは何者かによって集められ、特別な計画の一環としてここに集結していたのです。

驚愕の展開に読者は驚かされることだろう。

シバタの種類が豊富

大量の増殖を遂げたシバタたちの中には、人間の姿だけではないものが存在していました。彼らはさまざまな形態に変化し、驚くべき姿を見せてくれました。筋肉質で巨大な体を持つシバタや、虫のような形態をしたシバタなど、多様性に富んだシバタたちが眼前に広がります。

その中には、想像を超えるほどの筋肉を持ち、恐るべき力を秘めたシバタが存在します。彼らの巨大な体は迫力満点であり、一目見るだけで圧倒されることでしょう。また、虫のような外見を持つシバタたちは、異様な姿が不気味さを増し、恐怖感を醸し出しています。

このように、多様な形態を持つシバタたちが登場することによって、物語の世界はさらに広がりを見せます。読者は驚きと興奮を覚えながら、異形のシバタたちとの対峙を迎えることになるでしょう。彼らの姿や力は、物語の緊張感やスリルを高め、読者を引き込む要素のひとつとなっています。

渡と佐藤の恋はどうなる

シバタたちは容赦なく追い詰めてきます。渡と佐藤は限界に近づきながらも、希望を捨てずに立ち向かいます。彼らは過酷な状況の中で自身の強さと勇気を見出し、シバタたちとの壮絶な闘いに挑みます。渡と佐藤は、大量のシバタに執拗に追い回されながら必死に逃げまわります。絶望の中で二人は団結し、お互いの命を守るために立ち向かう決意を固めます。彼らは逃げ続ける中で、深い絆を築き、生き残るための約束を交わします。

彼らが再び共に笑い合える日が訪れるのか、読者はその結末を見守ります。また、渡と佐藤の恋の展開も物語も気になります。彼らの絆や想いが困難な状況下でどのように進展していくのか、読者は興味津々でその行方を追い続けるでしょう。彼らの愛の行方と物語の進展に期待が高まります。

スポンサーリンク

元ネタはバタリアンか?あらすじと共通点

バタリアンとは?

バタリアンは、ゾンビ映画の古典的作品であるナイト・オブ・ザ・リビングデッドをパロディ化した作品として知られています。ジャンル的にはホラー映画に分類されますが、コメディ要素も巧みに取り入れられています。

バタリアンは東宝東和という日本の配給会社が考案した独自のタイトルであり、英語で大隊や大群を意味します。この映画のタイトルを元に、「オバタリアン」という言葉が日本で流行語として生まれました。

バタリアンのストーリーは?

フレディはユニーダ医療会社で働くことになり、先輩社員のフランクから仕事の説明を受けます。彼は会社の地下室に保管されているゾンビの存在を知りますが、まだ信じることができません。しかし、フレディとフランクは地下室でゾンビのタンクを発見し、薬品が漏れてしまうことで気絶してしまいます。彼らが目を覚ますと、浴びた薬品の影響で蘇った死体たちが立ち上がっていたことを知ります。彼らは社長のバートと協力してゾンビを捕まえる決意をします。

しかし、フレディとフランクの体調は次第に悪化し、救急車で病院に運ばれることになります。驚くべきことに、彼らには脈がないにもかかわらず、まだ普通に行動できるのです。一方、フレディの友人たちが会社に到着し、地下室に向かいますが、そこでゾンビたちに襲われてしまいます。さらに雨が降り始め、墓地の死体たちも蘇ってしまったのです。

フレディとフランクはバタリアンとなり、凶暴化して仲間に襲いかかります。絶望的な状況の中、バートは陸軍に連絡し、バタリアンを撃退するための助けを求めます。陸軍は迅速に対応し、ミサイル攻撃を実施します。バタリアンたちはミサイルの爆発によって倒されますが、その際にバタリアンの煙が雲となり、雨として地上に降り注いでしまいます。

シバタリアンとの共通点は?

『バタリアン』と『シバタリアン』タイトルの類似性があり、大量のシバタが登場するという共通点から、『シバタリアン』が『バタリアン』へのオマージュを継続している可能性が考えられます。

そうした展開が予想されることから、今後の展開にますます注目が集まっています。観客たちは、その結末にどのような衝撃と感動を味わうのか、予測できないサスペンスと期待感に胸を躍らせています。このような展開が続くならば、『シバタリアン』はオリジナル作品として独自の魅力を持ちながらも、『バタリアン』の傑作をオマージュするという面白さを存分に楽しませてくれることでしょう。

スポンサーリンク

シバタリアン最終回はどうなる?

もしバタリアンのオマージュが今後も続けられるのであれば、物語の展開においてミサイルの爆発によるシバタの撃破という流れが考えられます。シバタは映画製作前に「ハッピーエンドしか作りたくない」と発言しており、物語の結末においても佐藤がシバタを殺すという展開が示唆されています。

映画におけるハッピーエンドを実現するためには、悪役の登場が必要不可欠です。シバタが悪役の役割を果たすことで、佐藤が正義の立場に立ち、シバタを倒すことが物語の結末となるでしょう。このような展開は、映画を観る人々にとってハッピーエンドと受け取られることでしょう。しかし、佐藤自身には複雑な感情が残ることも想定されます。彼は自らの行為と向き合いながら、物語の結末を迎えることになるのです。

物語の結末は一体どのような展開を迎えるのでしょうか。読者や観客はその答えを知るために、物語の進展を興味津々で追い続けることでしょう。佐藤とシバタの最終的な対決や彼らの関係の行方に注目が集まります。一つの物語がどのように完結するのか、その結末に向けて期待が高まります。

スポンサーリンク

シバタリアンコミックス情報

1巻あらすじ

【デジタル版限定!「少年ジャンプ+」掲載時のカラーページを完全収録!!】中学3年生の春。桜の下に埋まっている柴田を見つけた。一緒に映画を鑑賞し、柴田と友情を深めていく。そんな中、文化祭の展示作品として映画を撮ることになったのだが…。柴田を知る人は、校内に誰もいなかった…。 誰も知らないシバタを知って、世界の全てがシバタとなる――。

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

漫画をお得に見れるサイト紹介!アニメ化した作品はU-NEXTが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!漫画を用途にあわせてサイトを使い分けるためのおすすめランキングや、アニメ化した作品を楽しむならU-NEXTがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは、詳しく見ていきましょう! ...

まとめ

漫画シバタリアンは大量のシバタと逃げる渡と佐藤を描いた作品。バタリアンという映画がオマージュされており、もし今後も続くならば、最終回付近で、ミサイルの爆発でシバタを撃破する流れがある可能性もあります。物語の展開に注目です。