【降り積もれ孤独な死よ】結末や最終話は?ネタバレ感想!完結まで!犯人の正体は?

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「降り積もれ孤独な死よ」は伊藤翔太先生と井龍一先生がタッグを組みイブニングで連載している作品です。ドラマ化もされている人気漫画です。本記事は、完結までのネタバレが含まれております。結末や最終話はどうなっているのでしょうか?まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【降り積もれ孤独な死よ】あらすじ

累計100万部超の大ヒットクライムサスペンス『親愛なる僕へ殺意をこめて』コンビ最新作。富字山南警察署の刑事・冴木仁は空き巣の通報を受けて、とある屋敷へ。ところが、調べを進めていく中で、衝撃の事実が判明。捜査陣に戦慄が走る。血塗られた狂気と対峙する刑事を描く、激情と慟哭のノワールサスペンス、開幕。

スポンサーリンク

【降り積もれ孤独な死よ】作品情報

タイトル
降り積もれ孤独な死よ

著者
伊藤翔太

著者
井龍一

カテゴリ
青年マンガ

出版社
講談社

レーベル
イブニング

掲載誌
イブニング

スポンサーリンク

【降り積もれ孤独な死よ】完結まで

降り積もれ孤独な死よあらすじ1巻


『親愛なる僕へ殺意をこめて』で累計100万部を超える大ヒットを記録したクライムサスペンスの著者コンビから、最新作が登場しました。この物語は、富字山南警察署に所属する刑事・冴木仁が主人公です。ある日、彼は空き巣の通報を受け、捜査のためにとある屋敷に向かいます。しかし、調査を進めていくうちに、彼は思いもよらない衝撃的な事実に直面します。その発見により、捜査陣全体に戦慄が走り、彼らは血塗られた狂気と対峙することを余儀なくされます。

物語は、警察官としての職務に忠実な冴木が、次第に深まっていく謎に挑む姿を描いています。彼の冷静な判断力と強い意志は、狂気と混乱に満ちた事件の真相を解き明かす鍵となります。しかし、事件の背後には想像を絶する陰謀が隠されており、冴木は自身の限界を試されることになります。

降り積もれ孤独な死よあらすじ2巻


刑事の冴木仁は、とある屋敷で発生した少年少女の監禁と死体遺棄という凄惨な事件の真相を解き明かすために動き出しました。この事件の被疑者として浮上したのは、屋敷の主である灰川十三です。しかし、灰川の行方は一向に掴めず、消息不明の状態が続いていました。

事件が複雑化する中、かつてその屋敷に住んでいた6人の子供たちが登場します。彼らは皆、灰川を「父」と呼び、深い絆で結ばれているようです。驚くべきことに、子供たちは一様に灰川が犯行に及んだことを強く否定します。彼らの証言は捜査にとって大きな謎となり、冴木の頭を悩ませます。

そんな中、事態は急展開を迎えます。指名手配中でありながら、長い間行方が分からなかった灰川がついに逮捕されたのです。灰川の逮捕により、事件の解明が進むかと思われましたが、新たな疑問と困惑が捜査陣を襲います。彼の供述やこれまでの証拠との整合性が問われ、真実に迫るための新たな局面が訪れるのです。

降り積もれ孤独な死よあらすじ3巻


被疑者である灰川十三の突然の逮捕とその後の自白により、少年少女監禁死体遺棄事件は一見すると解決したかのように思われました。事件の幕が下りたかのように見えた瞬間でした。しかし、事態は新たな展開を見せます。灰川邸に住んでいた子供の一人である蓮水花音は、事件の真犯人は別に存在すると主張し始めました。この衝撃的な主張により、事件の真相は再び闇に包まれることになります。

刑事・冴木仁は、花音の強い意志と情熱に心を動かされ、捜査を続けることを決意します。灰川が自白したにもかかわらず、花音の言葉には何か真実が含まれていると感じたのです。冴木は、花音とともに事件の深層に迫るために再び捜査の手を伸ばします。彼らの捜査は容易ではなく、数々の困難と障害が立ちはだかります。

捜査を進める中で、灰川邸に住んでいた他の子供たちも事情聴取を受けますが、彼らは皆、事件には関与していないことが明らかになります。いわゆる“残りの子供たち”は無実であると判明し、捜査の焦点はさらに絞られていきます。しかし、仁と花音の捜査は一向に進展せず、次第に行き詰まってしまいます。

そのような中、留置場で新たな悲劇が発生します。逮捕されていた灰川十三が、留置場内で何者かによって殺害されてしまうのです。

降り積もれ孤独な死よあらすじ4巻


謎を抱えたままこの世を去った灰川十三の正体を解き明かすために、刑事の冴木仁と十三の育ての娘である花音は、彼の生まれ故郷である北海道の蔵土を訪れました。この地は、かつて犬山修二という男によって【三十三人殺し】と呼ばれる凄惨な事件が起こった場所として知られています。

犬山修二は、生まれつき顔に大きな瑕があり、その異形のために周囲の人々を拒絶していました。唯一、同じように顔に瑕を持つ一人の少年だけが彼に近づくことができたと言われています。この少年と犬山の特異な絆は、地元の人々に深い影響を与えていました。

事件後、犬山は自決し、その場所には彼の辞世の句が刻まれた石碑が立っています。その辞世の句は、陰惨な内容であり、訪れる者に強烈な印象を与えます。また、地元には「リッカの悪魔」と呼ばれる伝説が残っており、子供を攫うという恐ろしい話が語り継がれています。

冴木と花音は、この地で事件の解決の糸口を見つけようとしますが、逆に深い闇の中へと誘われていくような感覚に囚われます。手がかりを探し求める彼らの前には、次々と新たな謎と恐怖が立ちはだかります。

そして、二人は突然襲撃されるという予期せぬ事態に直面します。襲撃者は明らかな殺意を持ち、彼らに迫ってきました。その顔には無数の深い瑕が刻まれており、一目でただならぬ過去を背負っていることがわかります。彼の襲撃により、冴木と花音はますます危機的状況に追い込まれますが、その中で真実に迫るための新たな手がかりを見つけることができるのでしょうか。

犬山修二の過去、灰川十三の謎、そして「リッカの悪魔」の伝説が交錯する中で、冴木と花音は真相にたどり着くことができるのか。この地に隠された闇が明らかになるとき、彼らは一体何を目にするのか。その結末に、誰もが息を呑むことでしょう。

降り積もれ孤独な死よあらすじ5巻


灰川十三の生まれ故郷である北海道の蔵土で、刑事の冴木仁と灰川の育ての娘である蓮水花音が襲われました。襲撃者は、かつてこの地で【三十三人殺し】を行った犬山修二と同じく、顔に深い瑕を持つ男でした。命からがら襲撃を逃れた冴木と花音は、犬山の家に潜む謎を解き明かすためにその家を訪れました。

犬山の家を調査する中で、彼らは大量の絵画を発見します。その中に、かつて世間を騒がせた謎の贋作者・四葉不詳によるものが含まれていることに気づきました。四葉不詳は、数々の贋作を生み出し、その技術の高さで有名でした。この発見は、事件の解明に向けた重要な手がかりとなりました。

さらに、贋作取引による詐欺罪で服役中の神代タケル――灰川十三の育ての子の一人――が、衝撃的な告白をします。彼は、灰川邸に飾られていた絵画『わが子を食らうサトゥルヌス』を描いたのは、自分たち贋作者とは異なる、本物の画家であると証言したのです。そして、その画家こそが灰川十三の本当の息子であるというのです。

もともと灰川邸に飾られていた『真珠の耳飾りの少女』の絵を『サトゥルヌス』に架け替えたのは誰かという疑問に対して、画商の証言がありました。その証言によって、仁はその人物の正体を知り、驚愕します。

その頃、仁の弟である蒼佑が何者かによって拉致監禁されるという事態が発生しました。監禁されていた場所から姿を現し、いつもの仕事に戻ろうとする男の姿が目撃されました。その男は、鈴木潤という人物で、灰川邸事件の初動捜査に加わった派出所の警官であったのです。

降り積もれ孤独な死よあらすじ6巻


少年少女の大量監禁致死事件、通称【灰川邸事件】の犯人が語った犯行の動機は、屋敷の主である灰川十三との深い確執に起因していました。犯人は幼少期に養護施設の前に置き去りにされ、孤児として育てられました。しかし、その孤独な日々の中で、誕生日には必ず【サツキ】の花が施設に届けられていたのです。このことから、実の親が健在であることを感じ取り、希望を持つようになりました。

彼は、毎年花を届けに来る人物が父親であると信じ、いつかその父親に会える日を夢見ていました。ある日、彼はついに花を届けに来た男に出会いますが、その男は冷たく彼を拒絶します。父親と思われる男の冷酷な態度にショックを受けた彼は、それでも諦めきれず、何か事情があるはずだと信じ続けました。彼は根気強く調査を続け、ついに男の家を探し当てることに成功します。

その男、灰川十三は多くの子供たちに囲まれ、幸せそうに暮らしていました。この光景を目の当たりにした彼の心は、父の愛への餓えから、憎悪へと変わっていきます。自分を見捨てた父親が他の子供たちと幸せに暮らしているという現実が、彼の心に深い傷を刻み込みました。

犯人の告白を聞いた灰川十三の養子の一人、瀧本蒼佑は、その話の中にある彼の心の奥底に隠された迷いを指摘しました。この指摘により犯人は動揺し、その結果として狂暴化してしまいます。刑事の冴木仁は、弟である蒼佑が拉致監禁されている場所に急ぎます。しかし、その場所に現れたのは、なんと顔に瑕のある男だったのです。

一連の事件はついにクライマックスを迎えます。冴木と蒼佑、そして瑕面の男との対峙が始まり、物語はますます緊迫感を帯びていきます。事件の全貌が明らかになる中で、驚愕の事実が次々と明かされ、物語は新たな展開を迎えます。そして、読者を待ち受けるのは、予想もできない【第二部】の幕開けです。

降り積もれ孤独な死よあらすじ7巻


北海道の小さな町にある映画館で働く志満ひかりは、ある日映画を見に来た陰のある青年、佐藤十三と出会う。ひかりは彼のことに興味を持ち、密かに彼が住む村を突き止めることに決めた。その集落は「蔵土(くらつち)」と呼ばれ、近隣の人々が避けるほどに何かが不穏な空気を漂わせていた。

ひかりは村の祭礼に招かれた夜、その不穏な感覚の正体に気づく。村の少年少女たちが、行方不明で捜索されている子供たちと驚くほど似ていることに気づくのです。この事実を警察官である祖父に打ち明けるひかり。彼女は村に住む者たちが「リッカの悪魔」と呼ばれる伝説の人攫いなのか、という疑問を抱きます。

スポンサーリンク

【降り積もれ孤独な死よ】ネタバレ感想

緊張感とサスペンス

漫画「降り積もれ孤独な死よ」の魅力は、その緊張感とサスペンスの高まりにあります。物語の中心には「灰川邸事件」という大量監禁致死事件の謎があり、その解明をめぐる緊迫した展開が読者を引き込みます。

主人公である刑事の冴木仁や彼の仲間たちの奮闘、そして事件に関わるさまざまな登場人物たちの複雑な心理描写が物語の深みを増しています。彼らの過去や心の闇が明らかになる過程で、読者は物語の中に共感や興味を持ち込まれます。

リッカの悪魔

さらに、北海道の小さな集落「蔵土」という舞台設定や「リッカの悪魔」という伝承が物語に神秘的な雰囲気を与えています。蔵土の村人たちの生活や信仰、そして古くから伝わる怪奇な伝承が、事件の背景や登場人物たちの行動に深い影響を与えています。このような背景が物語全体にリアリティを持たせ、読者にとって魅力的な読書体験を提供しています。

さらに、物語の展開はミステリー要素が強く、読者は一緒に謎解きを進めることで物語に深く没頭することができます。冴木仁とその仲間たちが事件の真相を追い求める姿や、犯人の動機となった過去の因縁が次第に明らかにされる過程で、読者は予想外の展開や驚きに出会うことでしょう。

これらの要素が組み合わさり、読者を引き込みながらも、物語の奥深い部分に迫っていく魅力的な漫画となっています。

スポンサーリンク

【降り積もれ孤独な死よ】おすすめ読者

この漫画をおすすめする読者層は、以下のような方々です

ミステリーとサスペンスが好きな人

物語の中心には未解決の事件とその謎があり、読者は一緒に謎解きを楽しむことができます。事件の真相や登場人物の心理描写に興味がある方にとって、この漫画は非常に魅力的な作品となるでしょう。

登場人物たちの複雑な心理描写が物語の重要な要素となっています。人間関係や過去の因縁が事件の解明にどう影響しているのか、その探求が読者を引き込みます。

日本の伝承や地方の風情に興味がある人

北海道の小さな集落「蔵土」という舞台設定や、「リッカの悪魔」という伝承が物語に絡み合い、物語の背景に神秘的な雰囲気を与えています。日本の地方文化や伝説に興味がある読者にとっても興味深い作品となるでしょう。

物語は予想外の展開や驚きに満ちており、読者を常に新たな興奮の連続へと誘います。登場人物の行動や事件の結末について、読者も一緒に推理し、物語の魅力を味わうことができます。

【降り積もれ孤独な死よ】最終話や結末話は

漫画「降り積もれ孤独な死よ」はまだ完結しておりません。

▼アニメを見るならここ▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...

▼あわせて読みたい▼

【ハピタス】漫画を買うのにお金が必要!在宅で出来るポイ活!
漫画ブームは、世界中で広がっている現象です。特に近年、漫画は世界的なポップカルチャーとして注目を集め、多くの人々に愛されています。多種多様なジャンルの漫画が発売しており、思わず衝動買いしたくなってしまいます。本記事では漫画を買いたくてもお金...