【鬼滅の刃】完結!結末や最終話は?最終回ネタバレ感想!日本一優しい鬼退治!血風剣戟冒険譚漫画!

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

漫画『鬼滅の刃』は吾峠呼世晴先生原作のジャンプ漫画です。日本中にブームを巻き起こし完結しました!本記事ではネタバレ感想や最終話の結末を紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】あらすじ

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残ったものの、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!!血風剣戟冒険譚、開幕!!

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】作品情報

タイトル: 鬼滅の刃

著者: 吾峠呼世晴

カテゴリ: 少年マンガ

出版社: 集英社

レーベル: 週刊少年ジャンプ

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】完結!なぜヒットしたのか?

独特の世界観

「鬼滅の刃」は『週刊少年ジャンプ』において、2016年から2020年まで吾峠呼世晴氏によって執筆された漫画作品であり、少年マンガの中でも特筆すべき金字塔として位置づけられます。

物語は大正時代の日本を舞台に展開され、主人公が妹を鬼から人間に戻すために鬼との壮絶な戦いに挑む姿が描かれます。和風のダークファンタジーとして、優れたストーリーテリングやキャラクターの深み、独特の世界観が特徴です。

登場人物

「鬼滅の刃」が大きな成功を収めた理由の一つは、登場人物たちが非常に豊かに描かれている点です。物語における鬼でさえ、その背景や心情が丁寧に掘り下げられ、過去に善良な人間であったことが伺えます。

そのため、読者は物語の中で敵対する存在である鬼たちにも共感や感情移入をすることができるのです。さらに、作中に描かれる善悪の境界線が曖昧であり、人間らしさや情愛、苦悩など普遍的なテーマが見事に織り込まれています。そのため、幅広い層の読者に訴えかけ、多くの支持を得ることができました。

家族愛や兄弟愛

「鬼滅の刃」が持つシンプルな「鬼退治」の物語において、家族愛や兄妹愛などの深層心理描写が複雑かつ奥深く描かれている点が、幅広い年齢層や性別を超えた読者の共感を呼び起こし、多様なファン層を魅了した要因の一つとなりました。

同作品は、単純な善悪の対立ではなく、登場人物たちの心情や葛藤、愛情表現など、より人間味あふれる側面を丹念に探求しています。この深い心理描写が、読者の共感を促し、多くの人々の心に響いたのです。

新型ウイルスやステイホーム

さらに、偶然ながら「新型ウイルスの感染拡大」という状況も、この作品の成功に追い風をもたらしたと考えられます。アニメの第1期がコロナ禍の時期に放映されたことは、注目すべき偶然でした。ステイホーム期間で家で過ごす時間が増えた中で、アニメ鑑賞は大きな関心事となりました。その中で、この大ヒット作品が視聴されやすくなり、これまでアニメを見慣れていなかった人々にもアクセスしやすくなったことが、ブーム形成の一因となったのではないでしょうか。

これらの要素が相まって、かつてないほどの大ブームを巻き起こしたと考えられます。

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】完結!主要キャラクター

竈門炭治郎

竈門炭治郎は『鬼滅の刃』の中心的なキャラクターであり、家族のために鬼殺隊に身を捧げる少年剣士です。彼の目的は、鬼に変えられた妹を人間に戻し、家族の仇を討つこと。そのために鬼殺隊に加わり、厳しい鍛錬と鬼の討伐に励んでいます。

物語の始まりでは、鬼の頭を潰すことすら難しい状態の少年でしたが、師匠との特訓を通じて自らの覚悟を理解し、日々鬼狩りの技術を向上させて成長していきます。

来歴

炭治郎の旅は、「鬼滅の刃」の物語を通じて多くの挑戦と成長を経験しました。最初は炭焼きの仕事に従事する少年として始まり、家族の悲劇に遭遇し、禰豆子以外の家族を失いました。禰豆子も鬼にされ、これが炭治郎の運命を大きく変えました。

途方に暮れた炭治郎は、鬼殺隊の冨岡義勇に出会い、禰豆子を人間に戻すための訓練を受けるために鱗滝の元へと向かいます。その2年間、炭治郎は鱗滝から鬼を狩る術を学び、鬼殺隊に入隊し、下弦の鬼「累」を追い詰めるまでに成長を遂げました。

無限列車編では、ヒノカミ神楽の秘密を解くため、しのぶの推薦により炎柱「煉獄杏寿郎」との任務に参加します。列車では下弦の壱「魘夢」との戦いに直面し、苦戦しながらも伊之助や禰豆子と協力し、魘夢を討伐します。しかし、突如上弦の参「猗窩座」が現れ、煉獄を失う悲劇に見舞われました。

その後、炭治郎は音柱「宇髄天元」の任務で吉原遊郭を訪れ、上弦の陸「堕姫・妓夫太郎」との対決に直面します。柱3人分に匹敵する強大な敵に立ち向かいながらも、隊士たちと共に鬼を追い詰めます。

刀鍛冶の里では、鋼鐵塚から日輪刀を受け取るため里を訪れ、上弦の鬼「玉壺」「半天狗」との壮絶な戦いに巻き込まれます。痣の発現や仲間の協力を得て、炭治郎は半天狗を打ち倒す勝利を収めます。

産屋敷での戦いでは、鬼舞辻無惨との決戦が始まります。義勇と共に無惨に立ち向かい、煉獄の仇である猗窩座とも対峙します。しかし、猗窩座との戦いで新たな力「透き通る世界」に目覚めた炭治郎は、猗窩座を討ちます。

最終決戦では、無惨との激戦の中で、柱たちが次々と退場していく中、炭治郎も多くの傷を負いながらも戦い続けます。そして無惨を日の出まで追い詰め、無惨は消滅します。しかし、炭治郎は無惨の最後の攻撃により、無惨に体を乗っ取られますが、仲間の支えで無惨から解放されます。

来歴

『鬼滅の刃』に登場する我妻善逸は、炭治郎と同期として鬼殺隊に所属しています。普段は臆病で、鬼と遭遇すると逃げ出すこともあるほどですが、気絶すると本来の力を解放し、1つの型だけでも驚異的な力で鬼を倒していきます。

那田蜘蛛山での戦いでは、壱ノ型を読まれて苦戦しますが、霹靂一閃を6連続で繰り出すことで蜘蛛鬼を討伐し、剣士として大きな成長を遂げました。

無限列車編では、無限列車で発生した行方不明事件の解決に参加し、炎柱「煉獄杏寿郎」と共に下弦の壱「魘夢」との戦いに挑みます。炭治郎らが鬼の首を探している間、善逸は乗客を鬼から守り続け、煉獄との協力により200人の乗客を守り抜きました。

吉原遊郭編では、音柱「宇髄天元」の任務に同行し、吉原遊廓で行方不明になった3人の嫁を探すことになりました。遊郭を裏から支配していた上弦の陸「堕姫・妓夫太郎」との激戦の中、善逸は伊之助との連携で上弦の鬼を討伐しました。

無限城編では、産屋敷に鬼舞辻無惨が襲来し、無限城で上弦の鬼である獪岳と対峙。獪岳との戦いで新たな型「炎雷神」を発動し、獪岳を打ち倒しました。

最終決戦編では、無惨との戦いで一度戦線を離脱しますが、再び戦線に復帰。無惨を日の出まで追い詰め、無惨は消滅しました。善逸は自身の限界を超え、勇敢な戦いで多くの鬼を打ち倒しました。

我妻善逸

我妻善逸は『鬼滅の刃』における主要なキャラクターであり、雷の呼吸の使い手です。彼は基本的に1つの型しか使えませんが、その型を熟練させることで強力な戦闘スタイルを展開します。

彼は日常的には臆病で逃げ癖がありますが、一定の恐怖ラインを超えると、眠りに入り凄まじい強さを発揮します。その時は、驚くべき戦闘能力を目覚めさせ、自身の恐怖と向き合って敵に立ち向かうことができます。

来歴

『鬼滅の刃』に登場する我妻善逸は、炭治郎と同期として鬼殺隊に所属しています。普段は臆病で、鬼と遭遇すると逃げ出すこともあるほどですが、気絶すると本来の力を解放し、1つの型だけでも驚異的な力で鬼を倒していきます。

那田蜘蛛山での戦いでは、壱ノ型を読まれて苦戦しますが、霹靂一閃を6連続で繰り出すことで蜘蛛鬼を討伐し、剣士として大きな成長を遂げました。

無限列車編では、無限列車で発生した行方不明事件の解決に参加し、炎柱「煉獄杏寿郎」と共に下弦の壱「魘夢」との戦いに挑みます。炭治郎らが鬼の首を探している間、善逸は乗客を鬼から守り続け、煉獄との協力により200人の乗客を守り抜きました。

吉原遊郭編では、音柱「宇髄天元」の任務に同行し、吉原遊廓で行方不明になった3人の嫁を探すことになりました。遊郭を裏から支配していた上弦の陸「堕姫・妓夫太郎」との激戦の中、善逸は伊之助との連携で上弦の鬼を討伐しました。

無限城編では、産屋敷に鬼舞辻無惨が襲来し、無限城で上弦の鬼である獪岳と対峙。獪岳との戦いで新たな型「炎雷神」を発動し、獪岳を打ち倒しました。

最終決戦編では、無惨との戦いで一度戦線を離脱しますが、再び戦線に復帰。無惨を日の出まで追い詰め、無惨は消滅しました。善逸は自身の限界を超え、勇敢な戦いで多くの鬼を打ち倒しました。

嘴平伊之助

嘴平伊之助は『鬼滅の刃』の中核を担うメインキャラクターであり、主人公である竈門炭治郎の同期です。彼は獣の呼吸の使い手で、二刀流の剣士として二本の刀を駆使します。

彼は積極的で、究極的な闘志を持ち、誰に対しても臆することなく戦いに挑みます。自身の信念と使命に忠実であり、力強く勇敢な姿勢で鬼との戦いに立ち向かいます。

来歴

鬼殺隊に所属する炭治郎の同期である嘴平伊之助は、積極的な性格で、自ら鬼を追いかけるほどの喧嘩腰を持っています。彼は身体能力に優れ、自身の独自の戦闘スタイルで鬼たちを次々と倒していきます。

那田蜘蛛山での戦いでは、蜘蛛鬼に襲われますが、義勇によって助けられます。その後、自分の戦いで活躍できなかったことを反省し、精神的に成長し、剣士としての道を歩み始めました。

無限列車編では、無限列車での行方不明事件の解決に参加し、炎柱「煉獄杏寿郎」と合流して下弦の壱「魘夢」との戦いに挑みます。煉獄たちが鬼の侵攻を食い止めている間、伊之助は炭治郎と協力して魘夢を討伐し、乗客たちを守り抜く活躍を見せました。

吉原遊郭編では、音柱「宇髄天元」の任務に同行し、吉原遊廓で行方不明の3人の嫁を探すことになりました。上弦の陸「堕姫・妓夫太郎」との戦いでは、伊之助は善逸との協力で上弦の鬼を打ち倒しました。

無限城編では、産屋敷で鬼舞辻無惨が襲来し、童磨と対峙。カナヲと共に立ち向かいましたが、童磨の強大な力に圧倒されます。しかし、しのぶの毒によって童磨を弱らせ、伊之助はチャンスを利用して童磨を討ちました。

最終決戦編では、無惨との戦いで一度戦線を離脱しますが、再び戦いに復帰。傷つきながらも無惨を追い詰め、無惨は消滅しました。伊之助は鬼との戦いで勇敢さと決断力を見せ、戦いの中で成長を遂げました。

竈門禰豆子

竈門禰豆子は、物語の主人公である竈門炭治郎の妹であり、鬼と化してしまった少女です。彼女は鬼舞辻を討つため、兄である炭治郎と共に旅を続けます。

尽く鬼の存在でありながらも、自己を保ち、他者を傷つけることを避けています。むしろ、人々を守る存在として自らを捉え、その信念のもとに鬼殺隊と協力し、鬼との戦いに身を捧げています。

来歴

竈門炭治郎立志編では、幸せな家族生活を送っていた禰豆子の人生が無惨の襲撃で一変します。家族は惨殺され、禰豆子自身も鬼の姿へと変貌します。

最初は鬼としての本能に従っていましたが、強い意志で自己を取り戻し、人を襲うことなく血を摂取しない方法を見出します。その後、炭治郎と共に鬼殺隊への加入し、下弦の鬼「累」に立ち向かい成長を遂げました。

無限列車編では、那田蜘蛛山の戦い後に無限列車の事件解決に参加します。炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、下弦の壱「魘夢」の退治に挑みます。

乗客を守るために鬼たちとの激しい戦いを繰り広げる禰豆子。その姿勢が炎柱に認められ、正式に鬼殺隊の一員としての位置を確立します。

吉原遊郭編では、音柱の宇髄天元らと共に、消えた3人の嫁を探す任務に向かいます。支配者である上弦の陸「堕姫・妓夫太郎」に立ち向かい、鬼としての力を覚醒させます。

戦闘後、鬼の毒を浄化し柱たちを救う大活躍を見せました。その後、刀鍛冶の里での戦いでは、禰豆子は炭治郎と共に半天狗を打ち倒しました。

最終決戦編では、人間に戻った禰豆子が炭治郎の説得を試み、彼を人間へと還すための奮闘を続けます。

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】完結まで!

鬼滅の刃完結:1巻ネタバレ

竈門炭治郎は家族を鬼に襲われ、妹の禰豆子を背負って山を下っていた。そこで鬼殺隊の柱である冨岡義勇に出会う。

義勇は禰豆子を襲おうとするが、炭治郎は彼女を人を傷つけない鬼にすることを誓う。義勇の紹介で、炭治郎は鱗滝元による過酷な修行を受けることになる。

修行中、幽霊の少年である錆兎や真菰と出会う。大きな岩を切り崩す試練を2年半かけて乗り越え、鱗滝に認められた炭治郎。鬼殺隊の最終選抜試験で藤襲山に入ると、異形の手鬼に遭遇し、水面切りを受ける。

鬼滅の刃完結:2巻ネタバレ

最終選抜に合格した炭治郎は、鬼殺隊の隊服と鎖鬼(かすがい)カラス、そして鬼を斬るための日輪刀(にちりんとう)を手に入れた。2年の眠りから覚めた禰豆子を連れ、最初の任務に向かう。

最初の任務は、町で若い女性を襲う沼鬼を討伐することだった。沼鬼は3体に分裂し襲い掛かり、炭治郎と禰豆子は共に戦うことになる。

沼鬼をなんとか討伐した炭治郎は浅草に向かい、自らの家族を殺した鬼の始祖である鬼舞辻無惨を見つける。無惨を追いかけるも見失い、そこで鬼でありながら医術を持つ珠世と愈史郎に出会い、彼らの住む屋敷へ向かうことになる。しかし、無惨の命令を受けた朱紗丸と矢琵羽の2体の鬼が屋敷を襲撃してくる。

鬼滅の刃完結:3巻ネタバレ

炭治郎は禰豆子と珠世とともに、朱紗丸と矢琵羽を撃破しました。珠世は禰豆子が人間に戻れるよう、鬼の血を採取することを約束してくれました。

次の任務へ向かう途中、同期で女好きのネガティブな性格の持ち主である善逸と出会いました。彼らが人さらいの鬼・響凱がいる屋敷へと向かいます。その屋敷では鼓の音によって空間が切り替わり、炭治郎と善逸はバラバラに行動することとなりました。善逸はパニックに陥りながらも、眠りに落ちながら舌鬼の首を斬りました。

さらにイノシシの面を被った伊之助も現れ、屋敷は混乱に陥りますが、炭治郎が響凱を撃破しました。

屋敷から外に出ると、善逸が木箱の中にいる禰豆子を守ろうとして伊之助に殴られていたのです。

鬼滅の刃完結:4巻ネタバレ

炭治郎は激怒し、伊之助と口論となります。頭突きを受けて伊之助は気を失いました。その後、3人は藤の花の屋敷で傷が癒えるまで静養することになりました。善逸は、可愛らしい禰豆子の姿に恋をしてしまいました。

3人に新たな指令が下り、家族の鬼が巣食っている那田蜘蛛山へ向かいます。そこでは何十人もの鬼殺隊員が糸で操られ、互いに命を奪い合っていました。

炭治郎と伊之助は協力して隊員の村田さんを救出した後、母鬼を打ち倒します。しかし、巨大な父鬼との戦いは苦戦を強いられます。

鬼殺隊の柱である冨岡義勇と胡蝶しのぶも現地に駆けつけます。

一方、後から山に到着した善逸は、毒を受けながらも兄鬼の首を切断しますが、その後、行動不能に陥りました。

鬼滅の刃完結:5巻ネタバレ

伊之助は孤独に父鬼と向かい合いますが、圧倒的な敵の前では死を覚悟します。すると、その状況に義勇が駆けつけ、父鬼をあっという間に打倒します。

炭治郎は弾き飛ばされ、下弦の鬼である累が姉鬼を虐待しているのを目撃します。累に対し偽りのつながりだと告げると、彼女は激怒します。

禰豆子が炎の血鬼術を発動し、炭治郎も父から受け継いだヒノカミ神楽を発動します。累を追い詰めますが、彼女を倒すことはできませんでした。そこへ義勇が現れ、水の呼吸・凪を使い、累の首を軽々と斬りました。

その時、姉鬼を打ち倒した胡蝶しのぶが登場し、禰豆子を斬るつもりだと告げます。

鬼滅の刃完結:6巻ネタバレ

炭治郎と禰豆子は、鬼殺隊当主である産屋敷耀哉と柱全員が参加する会議に招かれました。禰豆子は風柱・不死川の血を見ても喰らいつかず、その存在が認められることになりました。

炭治郎、善逸、伊之助は那田蜘蛛山での過酷な戦いの傷を癒すため、胡蝶しのぶの屋敷に身を寄せています。同期の女剣士であるカナヲたちとともに、全集中を常態化させる過酷な訓練に励んでいます。

一方、鬼舞辻無惨は累の死に激怒し、魘夢を残して下弦の鬼たちを皆殺しにしました。

鬼滅の刃完結:7巻ネタバレ

炭治郎たちは、その途中で炎柱・煉獄杏寿郎と合流し、無限列車に乗り込みました。しかし、列車内で下弦の壱・魘夢が暗躍していることを知ります。彼の能力によって全員が眠りに落ち、魘夢の支配下に置かれ、夢の中に閉じ込められてしまいました。

炭治郎は夢の世界で死ねば現実に戻れることを把握し、全員を覚醒させようと試みます。しかしながら、魘夢は列車自体と一体化し、彼らの攻撃も虚しく、魘夢を倒すことができませんでした。

そこで伊之助が魘夢の弱点となる列車の先端部が彼の本体であることに気づき、炭治郎がその部分を断ち切ることに成功しました。

鬼滅の刃完結:8巻ネタバレ

無限列車の戦いが終わり、魘夢が死に至る後悔を胸に抱えながら消えていきました。

しかしその直後、上弦の参・猗窩座が現れ、煉獄杏寿郎と壮絶な戦いを繰り広げます。煉獄は猗窩座に多大なダメージを与えますが、致命傷を負いました。日の出の直前、猗窩座は逃走し、煉獄は自らの終焉を迎えます。彼はヒノカミ神楽の手掛かりを求め、自らの生まれ故郷へ行くよう炭治郎に言い残しました。

炭治郎は煉獄の故郷に辿り着き、杏寿郎の父親から冷たい扱いを受けました。炎柱の書は破れ、内容を読むことができませんでしたが、杏寿郎の弟は何か情報があれば伝えると約束しました。

傷が癒えた後、胡蝶しのぶの屋敷で、炭治郎、伊之助、善逸は修行を続けながら任務を遂行していました。その時、音柱・宇随天元が現れ、屋敷の少女を連れて任務に行こうとしましたが、炭治郎たちはそれを阻止し、代わりに遊郭への任務に同行することにしました。

鬼滅の刃完結:9巻ネタバレ

炭治郎たちは慎重に女装をし、その変装を利用して鬼の住処とされる遊郭街へと潜入していきました。遊郭内では、花魁に扮した上弦の陸、堕姫が権力を握っている光景が広がっていました。この鬼の支配下にある街で、様々な不穏な活動が行われていることは容易に推察されました。

伊之助と善逸は慎重に行動し、宇随の妻たちが拘束されている現場を探し出し、救出に成功しようとしていました。一方で、堕姫はその鬼としての真の姿を見せる時が近づいていました。堕姫の振る舞いからは、彼女の支配と恐怖が遊郭を支配していることが明白でした。その支配を打ち破るため、炭治郎たちの闘いの幕が開かれようとしていました。

鬼滅の刃完結:10巻ネタバレ

炭治郎の額に刻まれた痣が激しく発光し、その赤い輝きは猛然と堕姫に向けられました。同時に、禰豆子の身体は激しい怒りに震え、堕姫を追い詰めるために立ち上がりました。その一方で、禰豆子は自らの鬼化を抑えるために必死でしたが、炭治郎は彼女をなだめるために子守唄を歌いました。

宇随は堕姫に果たしてきた憎しみと怒りを込めて、遂に彼女の首を切り落としました。しかし、堕姫の体からは兄である妓夫太郎が姿を現し、毒鎌を使って宇随を攻撃しました。

同じ頃、善逸と伊之助は堕姫と直面しましたが、彼女に対する隙を見つけることができませんでした。彼らも激しい戦いの中に身を投じつつありました。

鬼滅の刃完結:11巻ネタバレ

堕姫と妓夫太郎の双方の首を同時に断たねばならない過酷な状況の中、伊之助が見事な隙を見つけて堕姫の首を切り落としました。しかしその直後、妓夫太郎に胸を突かれ、一同は再び危機に瀕します。

宇随は一時的に自らの心臓を止め、毒が全身に回るのを遅らせました。同時に、瓦礫に潰されそうになった善逸と伊之助は再び堕姫の首を狙い、痣が輝く炭治郎が妓夫太郎の首に斬り込もうとします。

二体の首を同時に断ち切り、遂に上弦の鬼を打ち倒したのです。

禰豆子の血鬼術によって宇随の体内の毒だけが焼き払われ、彼は一命を取り留めました。

鬼滅の刃完結:12巻ネタバレ

鬼舞辻無惨は上弦の鬼たちを集め、妓夫太郎が敗北したことを受けて激怒し、産屋敷の居所を迅速に見つけろと命じました。

一方で、妓夫太郎との戦いで負傷した炭治郎は2ヶ月ぶりに目を覚ましました。過去に刀を何本も折ってしまったため、刀鍛冶の鋼塚はもはや彼の刀を作らなくなり、炭治郎は刀鍛冶の里に向かうことを決意します。

里の山で霞柱の時透無一郎は、からくり人形を使った修行に没頭していました。炭治郎もからくり人形を用いて命をかけた修行を経て、人形の内部から戦国時代の名刀が現れました。それを研ぐために鋼塚が現れ、作業に取り掛かることになりました。

そんな中、上弦の鬼である玉壺と半天狗が里に出現し、騒ぎを起こし始めました。炭治郎と同期の隊員である玄弥も戦いに加わりました。

鬼滅の刃完結:13巻ネタバレ

霞柱の時透は分裂した半天狗に強烈な一撃を受け、玉壺との激しい戦いに巻き込まれました。しかしその戦いで毒を浴び、水で満たされた壺に閉じ込められ、絶体絶命のピンチに陥ります。

緊急の状況を知った恋柱の甘露寺蜜璃はただちに現場に駆けつけ、魚のような鬼から里の長たちを救出しました。

一方、炭治郎と禰豆子は分裂した半天狗たちと苦戦しています。特殊な体質で鬼の血を摂取していた玄弥が鬼化の力を増幅させて参戦します。彼らは小さな本体の年寄り鬼を見つけるものの、その首は頑丈すぎて切ることができませんでした。年寄り鬼は逃げ出してしまいました。

鬼滅の刃完結:14巻ネタバレ

時透無一郎は水の壺に閉じ込められ、死にそうになりましたが、何とか脱出に成功しました。その後、刀を研いでいる鋼塚を襲っていた玉壺と対峙し、首を切って倒しました。

一方、半天狗の分身は強力な一体の子どもの鬼と化し、炭治郎たちを襲います。甘露寺が助太刀しますが、音撃を受けて失神してしまいます。炭治郎や玄弥が彼女を救い出しました。

甘露寺は復活し、子どもの鬼と対峙します。炭治郎と玄弥は小さい本体を追いかけます。

鬼滅の刃完結:15巻ネタバレ

禰豆子も助太刀に入りましたが、炭治郎と共に崖から落ちてしまいます。それでも逃げる半天狗。時透が鋼塚の研ぎかけの刀を炭治郎に投げ、それを使って円舞一閃を仕掛け首を切りましたが、小さな本体・怯(おびえ)はまだ逃げています。

朝日が照らす中、炭治郎は禰豆子をかばおうとしますが、彼女に鬼の方へ突き飛ばされました。炭治郎は心臓部の鬼を斬り倒します。

禰豆子は陽の光を克服し、生き延びていました。そして、つたない言葉で話し始めました。

鬼舞辻無惨との全面戦争に備え、鬼殺隊では柱主導の合同強化訓練が始まりました。炭治郎は冨岡義勇から、最終試験で錆兎に助けられた話を聞きました。その後、合同訓練に参加しました。

鬼滅の刃完結:16巻ネタバレ

炭治郎、善逸、伊之助は、鬼殺隊最強とされる岩柱・悲鳴嶼行冥の岩を押す修行を何とか終えました。その頃、産屋敷の館に鬼舞辻無惨が現れます。

耀哉は鬼舞辻に、自分と同じ血を持つことを告げ、無惨が死ねば全ての鬼も死ぬと予言し、家族を含む屋敷を爆破。

無惨は爆発で崩れた体を修復しようとしていましたが、珠世が現れて鬼を人間に戻す薬を注入。無惨は肉の繭となり、薬を分解しようとします。

柱と炭治郎たちが館の焼け跡に集まりますが、琵琶女の力で大きなカラクリ屋敷に閉じ込められてしまいます。

胡蝶しのぶは、姉の仇である上弦の弐・童磨と対峙し、毒で相手を傷つけますが、鋭い扇子で肺を切られ、重傷を負います。

鬼滅の刃完結:17巻ネタバレ

しのぶは最後の毒を童磨に突き刺しましたが、首や体の骨を折られ、吸収されて死亡しました。その様子を見たカナヲは激怒しました。

産屋敷の8歳の長男・輝利哉は、耀哉の代わりに愈史郎の呪符の目を使い、鬼殺隊のメンバーを指揮しています。

善逸は兄弟子の獪岳が上弦の鬼になっていたことに怒ります。獪岳が鬼になった責任を取り、善逸を剣士として育てたじいちゃんが切腹したのです。善逸は雷の呼吸漆ノ型「火雷神」を使い、獪岳の首を切り、彼を討ちました。

一方、炭治郎と義勇は上弦の参・猗窩座を発見し、戦闘に突入します。その闘いの中で、炭治郎は父から教わった武の境地である「透き通る世界」に入り、相手の筋繊維の動きまで見えるようになりました。

鬼滅の刃完結:18巻ネタバレ

透き通る世界に入り、殺気を纏わなくなった炭治郎に猗窩座は戸惑いを見せました。その状態で炭治郎はヒノカミ神楽の「斜陽転身」を用い、遂に猗窩座の首を切り落としました。猗窩座は首を再生させようとしますが、師範や恋人との想い出と共に消え去っていきました。

童磨とカナヲの対決に伊之助も参戦しました。童磨は伊之助の顔を見て、母親を殺したのは自分であると告白しました。

鬼滅の刃完結:19巻ネタバレ

童磨は氷の人形を作り、去ろうとするものの、胡蝶しのぶの体内に蓄積された藤の花の毒が作用し、彼女の体が崩れ始めました。カナヲと伊之助は力を合わせて童磨の首を切り落としました。

一方で、時透は自らの祖先である元鬼狩りである上弦の壱・黒死牟と対峙します。玄弥も鬼を喰って加勢しますが、攻撃を受けてしまいます。それを目撃した実哉が怒り狂って戦いに加わります。同時に、悲鳴嶼も戦いに参戦します。

彼らはそれぞれに痣が現れ、驚くべき力の向上を遂げました。しかし、黒死牟が持つ透き通る世界を見る能力の強さは、予想をはるかに超えるものでした。

鬼滅の刃完結:20巻ネタバレ

黒死牟は月の呼吸を使うことができました。実哉と悲鳴嶼も透き通る世界に参入し、黒死牟に対抗しました。時透は刀を黒死牟に突き刺し、それが赫刀となりました。玄弥は黒死牟の一部である刀を喰い、血鬼術の銃弾を発射し、黒死牟を血を吸う木に拘束しました。

黒死牟は無数の斬撃を放ち、時透の胴体は二つに裂かれました。同時に、玄弥も縦に切断されてしまいました。

悲鳴嶼と実哉は同時に黒死牟の首を落としましたが、黒死牟は醜い姿で復活しようとしました。しかし時透の体の傷が致命傷となり、悲鳴嶼と実哉によって最後まで討たれ、死に至りました。

黒死牟は崩れゆく意識の中で、かつて人間だった頃、自分よりも遥かに技量が優れた日の呼吸の使い手であり最強の剣士である双子の弟・縁壱の存在を思い出し、自らの未熟さを悔いていました。

鬼滅の刃完結:21巻ネタバレ

黒死牟の消滅と共に時透と玄弥も命を落としました。失意に沈んでいる間に、ついに無惨が復活しました。彼の全身には口があり、近くにいた鬼殺隊の下級隊員を襲って食い殺し、珠世の頭を握りつぶしました。

炭治郎と義勇は無惨のもとに到達します。しかしそこで炭治郎は伸びる手足の斬撃を受け、右目を失ってしまいました。

愈史郎は琵琶女を操り、無惨や鬼滅隊員を全員屋敷から逃がしました。

義勇は無惨に斬りかかりますが、彼の攻撃を避けるのが精一杯でした。夜が明けるまでの時間がまだ残されています。

炭治郎は無惨の血を浴び、右目が腫れ上がり、命に危機が迫っていました。彼は縁壱が祖先と会話している記憶をかすかに感じ取り、無惨を倒したものの、肉片になって逃げられたことを知りました。

鬼滅の刃完結:22巻ネタバレ

甘露寺は無惨の斬撃と流れる血によって身動きが取れなくなりました。その隙をついて、蛇柱・伊黒や悲鳴嶼、実哉も攻撃を仕掛けました。

愈史郎の血鬼術により、伊之助やカナヲ、善逸は姿を隠しながら無惨に攻撃を行います。しかし、無惨は本気を出し、一撃で全員を吹き飛ばし、深刻な傷を負わせ、意識を失わせました。

炭治郎は自分が縁壱の耳飾りを受け継いでいることに気づき、彼の動きを回想した後、目を覚ましました。そして、ヒノカミ神楽で無惨に斬りかかります。

無惨は自身の傷や体力の回復が遅くなったことに驚きます。それは珠世から注入された老化の薬の影響です。夜明けまで残り40分となり、無惨は逃げようとしますが、伊黒と炭治郎が攻撃を仕掛けます。体を分裂させようと試みますが、成功しません。さらに細胞破壊の薬で血を吐きます。

産屋敷の館から飛び出した禰豆子は、炭治郎や無惨のもとに駆け寄りながら、人間に戻りかけている様子でした。

鬼滅の刃完結:23巻ネタバレ

最終決戦の過程で、炭治郎や仲間たちは無惨との壮絶な戦いに挑みました。無惨の強大な力と毒により、彼らの身体は次第に傷つき、崩れていきました。

甘露寺は無惨の腕を引きちぎり、実弥も腕を切り落としました。炭治郎は赫刀で無惨を串刺しにし、無惨が朝日まで持ちこたえようとしましたが、伊黒が炭治郎を庇って噛まれました。

夜が明ける直前、無惨は大きな衝撃波を発し、炭治郎の左腕が奪われました。しかし、炭治郎は刀を離さず、義勇と共に赫刀を発動させ、無惨を抑え込みました。

そして、無惨は自らの思想を継ぐため、炭治郎に血を注いでおり、彼は鬼の力を得ることになりました。さらに無惨は巨大な姿で炭治郎を取り込もうとしますが、鬼殺隊員たちに阻まれます。

炭治郎は無惨の中で赫刀を発動し、無惨は鬼殺隊の力に圧倒されつつも、最期にその存在を消し去りました。

悲鳴嶼は周囲の隊員たちに囲まれながら、過去に住んでいた寺での記憶を思い出しながら息を引き取りました。

伊黒は蜜璃を抱きしめ、蜜璃が「生まれ変わったら、あなたと結婚します」と告げると、二人ともこの世を去りました。

実弥は瀕死の状態でしたが、死ぬことなく世界と交わる境目で父と母に送り返されました。

一見、すべてが終わったように思われましたが、無惨は自らの思想を残すため、数分前に炭治郎に血を注ぎ、彼を鬼として甦らせます。炭治郎は左腕も新たに生やし、その巨大な力を制御できませんでした。

義勇や伊之助、善逸たちが立ち向かおうとしますが、それを止めることはできません。

禰豆子は炭治郎に飛びつかれ、噛まれましたが、彼女は離さずに抱き締めました。

カナヲは鬼を人間に戻す薬を無惨に打ち込みました。そして禰豆子や善逸、伊之助、亡くなった柱たちの声が続く中、無惨の意識を振り切り、炭治郎は人間に戻りました。

炭治郎が人間に戻ることができたのは、カナヲの薬の影響だけでなく、鬼の抗体を持つ禰豆子を噛んだことも関係していたようです。

最終的に、鬼退治から3ヶ月が経ち、炭治郎たちは胡蝶屋敷での治療を終えました。

産屋敷の輝利哉は、生き残った柱の義勇と実弥を呼び、鬼殺隊を解散することを宣言しました。

実弥は禰豆子に過去のことを謝罪しました。

炭治郎と禰豆子は善逸と伊之助を連れて実家に帰り、4人で一緒に暮らすことにしました。

【鬼滅の刃】最終話や結末は?

無惨を倒しそして物語は現代へと移り、炭治郎とカナヲの子孫である竈門炭彦はまだ寝ており、兄のカナタは先に高校へ向かいました。

禰豆子と善逸の子孫である善照は、鬼殺隊の活躍を描いた「善逸伝」を読んで涙していました。姉の燈子は恋人のカナタと合流しました。

伊之助とアオイの子孫は植物学者として苦労し、青い彼岸花を枯らしてしまうなど、ミスを重ねつつも、無事にその消滅を達成しました。

伊黒と甘露寺は再び生まれ変わり、愛に満ちた定食屋を営む夫婦として、幸せな日々を過ごしていました。

不死川の兄弟は警官として、悲鳴嶼は保育士として、それぞれ新しい生活を始めました。

煉獄杏寿郎もまた新たな姿で生まれ変わり、桃寿郎として活発な青年となりました。彼は遅刻しそうになりながらも、友人の炭彦と一緒に校門を飛び越える日々を楽しんでいます。

こうして、それぞれが新たな人生を歩み始め、鬼との戦いの記憶は時とともに遠くなりつつありました。それでも、彼らの功績と友情は、永遠に人々の心に刻まれています。

【鬼滅の刃】完結ネットの感想

日本人の矜持、老若男女問わず必読の書

『鬼滅の刃』に対する感想を全巻通して述べると、これまで数多くの小説やコミックを読んできましたが、この作品が最も心に響きました。この作品は、現代の日本人が失いかけている情熱や向上心、忍耐力、責任感、協調性、利他主義、友情、家族愛など、伝統的な日本の価値観が根底に流れています。

劇場版アニメ「無限列車編」が過去最高の興行成績を叩き出したことも、この作品の持つ価値観や世界観とは無関係ではないと思います。私自身、子供が成人するほどの歳に達していますが、この作品を読んで感動し、涙することは何度もありました。登場人物の感情や背景が繊細に描かれ、特にセリフの響きは非常に優れており、知見や教訓が溢れています。未読の方にはぜひ読んでいただきたいと心からお勧めします。

また、作者である吾峠呼世晴先生が平成元年生まれの30代前半という若い世代で、私よりも若い年齢層に属していることを知り、驚きを隠せませんでした。若い方が昭和以前の日本の価値観を持つ優れた物語を描いたことに尊敬の念を抱き、喜びを感じています。

子供だけでなく大人も楽しめた理由

『鬼滅の刃』は、子供たちだけでなく、年齢が高い世代にも支持を得た人気作品の一つとして挙げられます。これは偶然ではなく、意図されたものかどうかは作者以外には明言できませんが、特に「鬼」をはじめとする登場キャラクターは、社会人を対象にした隠されたメッセージを含んでいます。

その中でも最も分かりやすいのが「半天狗」でしょう。この鬼は、自身の本体が小さく力を持たず、大きな分身を操作して攻撃するという特徴を持っています。この行動は、「権力者」や「卑怯者」のメタファーとして解釈されることは言うまでもありません。「政治家」や「企業家」だけでなく、「新聞記者」のように自分に批判を返さない相手を攻撃する者や、特権意識を持ちながら弱者のふりをする者もこの中に含まれます。「自分は善良な弱者なのに、誰も同情してくれない」という半天狗のセリフは、弱者のふりをする人々の姿を映し出していると言えます。

こうした人々は、むしろ大人になるほど顕著に現れます。大人が半天狗に対して持つ印象は、より否定的で、そのことから炭治郎たちに感情移入するのは自然な流れです。また、「累」の家族の表面的な輝きと実態の崩壊や、「獪岳」の強い承認欲求なども、大人にとって身近なテーマでしょう。

特に炭治郎が「堕姫」に放った「責任から逃げるな」という言葉は、社会的な責任感から生まれるものであり、これが少年のヒーローとしての理想像とは一線を画していると言えます。また、鬼舞辻無惨が鬼たちを叱責するシーンが、ブラック企業の上司のパワハラをメタファーとしていることは明白です。

この作品が、社会的な問題や人間の心情をキャラクターを通じて表現していることが、大人たちの共感を呼び起こした一因であることは間違いありません。ジャンプ作品としての魅力を持ちつつも、こうした背景を含むキャラクター設定が、子供たちだけでなく大人にも支持された理由と言えます。

命の大切さ

意気高い若者たちが集まり、報酬を求めず犠牲を厭わず、人食い鬼との戦いに挑む。

鬼殺隊の柱は、社会から孤立した者や不遇な境遇に置かれた者が多く、同様に鬼も同じ立場にいる。しかしそれにも関わらず、鬼は恨みから生まれ、柱は社会からの排斥を守る立場にある。この正反対の立場は皮肉なものだ。

また、鬼たちが生前の人間らしさが災いして鬼となる皮肉な運命も注目すべきだ。これはただの善と悪の物語ではない。鬼たちを鬼に変えたのは、我々人間や社会であり、その事実に気づいた人はどれだけいるのだろうか。

この作品の作者は、どんな意見があろうとも素晴らしい。この物語が描くこの世の残酷さは、実は我々の醜い姿そのものなのだ。

こんな深い物語は他にあっただろうか?少年誌であるが、子供たちがこれを理解するかどうかはともかく、これほど崇高な志を示せることは素晴らしい。

さて、観終わって感じたことは煉獄杏寿郎がいかに特別に描かれていたかだ。杏寿郎が亡くなった時、終盤の柱たちのドラマを期待したが、実際は簡略的に描かれ、その熱量が明らかに違っていた。掘り下げが終盤に足りず、その勢いが鈍ってしまった。

特に印象深いのは、無惨が炭治郎に「お前だけ生き残るのを他の奴らがどう思うか」と問うた時、杏寿郎の腕だけが描かれていたこと。杏寿郎は語らないが、その高潔さが炭治郎に伝わり、支え続けた。

作者は命の尊さを伝えていると思う。

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

漫画をお得に見れるサイト紹介!アニメ化した作品はU-NEXTが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!漫画を用途にあわせてサイトを使い分けるためのおすすめランキングや、アニメ化した作品を楽しむならU-NEXTがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは、詳しく見ていきましょう! ...