【クレイターズシンクス】完結まで!結末や最終話は?ネタバレ感想!サイキックバトルアクション!

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「クレイターズシンクス」は別冊少年マガジンで連載している田中レオン先生原作によるとらほたて先生の作品です。本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【クレイターズシンクス】あらすじ

無名の学生コンビの持ち込みが即連載化!!要撃退敵性生物「感情特異者」通称「感異者(クレイターズ)」。また、それらに起因する災害を「感害」という――。孤独な高校生・ナギ。最近何だか様子がおかしい。経験したはずの無い記憶、感じたはずの無い感情。脳内になだれ込む不可思議な“ビジョン”の正体は――?人間か、感異者(クレイターズ)か。“感情”が世界を揺るがす、新時代・サイキックバトルアクション!!

スポンサーリンク

【クレイターズシンクス】作品情報

タイトル
クレイターズシンクス

著者
とらほたて

著者
田中レオン

カテゴリ
少年マンガ

出版社
講談社

レーベル
別冊少年マガジン

スポンサーリンク

【クレイターズシンクス】完結まで

クレイターズシンクスネタバレ1巻

目が覚めたナギは保健室で目を覚ました。そこにはいつもの学校の風景が広がっている。しかし、孤独な高校生ナギは最近、なんだかおかしい様子をしている。彼女の脳内には経験したことのないはずの記憶や感じたことのない感情が広がりつつあった。

その異変に気づいたのはハクシンだった。感害警報が発令され、現代ではSIDEが出動するような状況になっていた。ナギは不可思議な「ビジョン」によって、SIDEの女性から久しぶりに出動命令を受けるが、それに対して恐怖と疑念が彼女を襲っていた。

一体ナギには何が起こったのか?彼女は人間なのか、それとも感異者クレイターズなのか。そんな中、ナギの前には要敵対生物感情特異者通称クレーターズが現れ、襲いかかってきた。

スポンサーリンク

【クレイターズシンクス】ネタバレ感想

現役の学生の持ち込み

この作品で漫画家デビューを果たした2人は、なんと現役の学生である! しかも、彼らは人生で初めて描いた持ち込み漫画が即座に連載化されたという異例の成功コンビだ。この記事では、そんな2人の素顔に迫る! 彼らは作画やコマ割りの才能、そしてストーリー構成において既にベテランの域に達しているペアなのだ。

その実力には、マガジンが即座に採用するのも素人が見ても理解できるほどのものがある。冒頭でこのような引きを生み出す作家が、今後どのように進化していくのか、それを見守るのは楽しみである。

能力バトルに発展か

最初の展開では主人公の活躍が十分に描かれていない点も、注目すべき一つと言える。これは今後の物語において、サイキック能力の重要性や独自の世界観に自信を持っていることを示す証拠かもしれない。

物語は単なるクレーターズを倒していくだけのものではなく、期待感に満ち、溢れている。クレーターズになってしまう人々の体質や、主人公がなぜ戦わなければならないのかといった目的が今後どのように展開するかは未知の領域が広がっており、それが良い意味で期待感を掻き立てている。

スポンサーリンク

【クレイターズシンクス】ネットの感想

【クレイターズシンクス】最終話や結末話は

漫画「クレイターズシンクス」はまだ完結しておりません。

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...