【満州アヘンスクワッド】結末や最終話は?完結まで!ネタバレ感想!実写映画化やアニメ化も?

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「満州アヘンスクワッド」は原作門馬司先生と作画鹿子が週刊ヤングマガジンで連載している作品です。人気が非常に高いためアニメ化や実写映画化の噂もあります。本記事は、完結までのネタバレが含まれております。結末や最終話はどうなっているのでしょうか?まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【満州アヘンスクワッド】あらすじ

「満州で一番軽いものは、人の命だ」時は昭和12年。関東軍の兵士として満州にやってきた日方勇は、戦地で右目の視力を失ってしまう。「使えない兵隊」として軍の食糧を作る農業義勇軍に回され、上官に虐げられる日々を送るも、ある日農場の片隅でアヘンの原料であるケシが栽培されていることに気づく。病気の母を救うためアヘンの密造に手を染める勇だったが、その決断が自身の、そして満州の運命を狂わせていく…。

スポンサーリンク

【満州アヘンスクワッド】作品情報

タイトル
満州アヘンスクワッド

著者
門馬司

著者
鹿子

カテゴリ
青年マンガ

出版社
講談社

レーベル
ヤングマガジン

掲載誌
週刊ヤングマガジン

スポンサーリンク

【満州アヘンスクワッド】完結まで

満州アヘンスクワッドネタバレ1巻


「満州で一番軽いものは、人の命だ」

時は昭和12年、日中戦争が始まり、日本は満州に進出していた。その中で、関東軍の兵士として満州に派遣された若者、日方勇がいた。彼は祖国のために戦う決意を持っていたが、戦闘中の事故で右目の視力を失ってしまった。この負傷によって、勇は前線で戦うことができなくなり、「使えない兵隊」として軍の目からは見なされることとなった。

その結果、彼は農業義勇軍に配属され、満州の広大な農地で食糧を作る任務に就くことになる。しかし、この新たな役割は勇にとっては屈辱的なものであった。上官たちは彼を冷酷に扱い、日々の生活は厳しいものであった。重労働と上官からの虐待に耐えながらも、彼はなんとか生活を続けていた。

ある日、勇は偶然にも農場の片隅でアヘンの原料であるケシの花が密かに栽培されているのを発見する。アヘンは当時、高価で取引されており、多くの人々がその誘惑に抗えず手を染めていた。勇は、病気の母を救いたい一心で、このアヘンの密造に手を出す決意を固める。彼はアヘンを売ることでお金を稼ぎ、母の治療費を賄おうと考えたのだ。

勇のこの決断は、彼自身の運命だけでなく、満州におけるさまざまな出来事にも大きな影響を及ぼすこととなった。アヘンの密造に携わることで、彼は地下社会との関わりを持ち始め、次第にその深みに巻き込まれていく。仲間たちと共にアヘンの密売を行いながらも、常に警察や軍の目を盗んで活動を続ける日々が始まった。

そんな中で、勇は兄弟を守るという強い信念を持ち続けていた。彼は兄弟たちが日本に帰れるように、そして自分自身も再び平穏な生活を取り戻せるようにと、アヘンの密売で1万圓を稼ぐことを目標とする。この目標が達成されれば、彼は日本に帰国し、新たな人生を歩むことができると信じていた。

しかし、勇の行動は次第に大きな波紋を呼び、彼自身だけでなく、多くの人々の運命をも狂わせていくこととなる。果たして、勇は1万圓を手に入れ、家族と共に日本に帰ることができるのだろうか。そして、その過程で彼が失うもの、得るものとは何なのか。その答えは、彼の選択と運命の交差点にかかっているのであった。

満州アヘンスクワッドネタバレ2巻

「阿片の生産地を移すわよ。絶対に見つからない場所へ‥‥!!」

勇はアヘンで得た金を使い、病に倒れた母のために薬を手に入れることに成功したかのように思えた。しかし、彼の努力もむなしく、母はペストに罹り、勇の目の前でその命を落としてしまった。母の死は勇にとって深い悲しみをもたらし、彼の心に大きな傷を残した。セツと三郎もまた、母を失った悲しみに打ちひしがれ、家族全員が哀しみに包まれた日々を送っていた。

そのような絶望の中で、麗華が勇たちの前に現れた。麗華は、もし何もしなければ、妹弟たちも同じ運命を辿ることになると厳しく諭した。彼女の言葉は勇の心に深く突き刺さり、再びアヘンの密造に手を染める決意を固めるきっかけとなった。彼の新たな目標は、一万圓を稼ぎ出し、妹弟たちを守り抜くことであった。

目標を達成するために、勇はまず販路を拡大することを考えた。彼は、アヘンをより広範囲に効率的に売りさばくためには、信頼できる「売人」を確保することが必要だと判断した。勇とその仲間たちは、新しい売人を探し出し、彼を仲間に引き入れる計画を練り始めた。

しかし、勇たちの動きを察知した青幇は、彼らの邪魔をするために殺し屋を送り込んできた。青幇の殺し屋は冷酷で、何もかもを破壊するかのように勇たちを狙っていた。しかし、勇たちはその攻撃を見事に撃退し、危機を乗り越えることができた。この戦いで得た自信と決意は、彼らの結束をさらに強固なものとした。

その後、勇はさらに大きな力を得るためにモンゴル民族を仲間に引き入れることを考えた。モンゴル民族は広大な土地と独自のネットワークを持っており、彼らの協力を得ることができれば、アヘンの生産と流通はより効率的になると確信していた。勇は巧みに交渉を進め、ついにモンゴル民族の協力を取り付けることに成功した。

準備が整った勇は、新京に向かうことを決意した。アヘンを売りさばくには絶好の場所だった。勇は、そこでの取引を通じて一万圓を稼ぎ出し、妹弟たちを守るという使命を果たすために、新たな戦いに挑もうとしていた。

満州アヘンスクワッドネタバレ3巻

「僕が必ず彼女を自由にしてみせる‥‥!!」

勇と麗華はアヘンの増産を目指し、密売の拠点を熱河省に移す決断をした。彼らは販路の拡大を図るため、まず信頼できる「売人」を仲間に加えた。この売人は販路を広げる上で欠かせない存在であり、彼らの計画の成功にとって重要な役割を果たすことが期待されていた。

さらに、彼らは護衛を確保するためにモンゴル民族のもとを訪れることにした。モンゴル民族は戦闘力に優れ、広大な地域にわたる影響力を持っていた。彼らの協力を得ることで、勇たちの安全を確保しつつ、活動範囲を広げることができると考えたのだ。モンゴル民族との交渉は順調に進み、その過程で四ヵ国語を操る「通訳」も仲間に加えることができた。この通訳の存在は、異なる民族や言語が交錯する満州での活動において非常に有利に働くことが予想された。

準備が整った一行は、ついに大都市・新京へ向かうことを決意した。新京は経済と文化の中心地であり、アヘンを効率よく売りさばくには最適の場所であった。まず手始めに、彼らは満州映画協会をターゲットとして潜入を開始した。新京における重要な組織であり、影響力を持つこの協会での活動が、彼らの目標達成に向けた大きな一歩となることを期待していた。

その頃、新京では満州映画協会の新作披露パーティーが盛大に開催されていた。勇と麗華はこのパーティーに参加し、内部の情報を集めることを計画していた。華やかなパーティーの最中、彼らはスター女優・李姚莉の逃亡に遭遇する。李姚莉は満州映画協会の人気女優であったが、実は彼女は中国人女優として偽りの人生を送らされていた日本人であった。この事実を知った勇は、彼女を助けることを決意する。

「僕が必ず彼女を自由にしてみせる‥‥!!」と誓った勇は、李姚莉の逃亡を手助けする計画を練り始めた。だが、その動きを察知した青幇は、彼らを追跡するために刺客を送り込んできた。勇たちは迫り来る青幇の刺客をなんとか振り切り、再び逃走を続けることができた。

逃走の最中、李姚莉は勇に対して「一緒に日本に帰りたい」と願いを告げた。

満州アヘンスクワッドネタバレ4巻


「戦争を起こすのよ。最後に笑うのは私達‥‥!!」

青幇に拉致された李姚莉を救い出すため、勇は一人で敵のアジトに乗り込むことを決意した。新京のボスである周の居場所を突き止めた勇は、命をかけた一世一代の交渉に臨んだ。勇は真阿片を使って取引を持ちかけ、周の関心を引くことに成功するかに見えた。しかし、周は取引の最中に勇が仕掛けた爆薬に気付き、交渉は一瞬にして決裂してしまった。周の手下たちに囲まれ、窮地に追い込まれた勇だったが、彼はまだ諦めていなかった。

勇の鞄には第二の爆弾が仕込まれていたのである。彼はタイミングを見計らって爆弾を炸裂させ、その混乱に乗じて李姚莉の救出に成功した。爆発の混乱の中で、勇と李姚莉は無事にアジトから脱出し、再び仲間たちと合流することができた。この勇敢な行動によって、勇は満映を手中に収め、さらにスター女優である李姚莉を取り戻すことに成功したのである。

勇たちは新たな計画を立て、李姚莉を主演に据えた映画の製作に取りかかった。この映画は、真阿片をプロパガンダするためのものであり、彼らの活動を正当化し、広く知らしめるための重要な手段と位置付けられていた。映画の製作は順調に進み、李姚莉の美しい演技は多くの観客を魅了することが期待されていた。

しかし、その裏で新たな脅威が迫っていた。新京に出回る真阿片の噂が広まり、それに目を付けたのが「阿片王」と呼ばれる男だった。彼は阿片取引の権威であり、その影響力は広範囲に及んでいた。阿片王は勇たちの活動に対して興味を持ち、その動向を探るために動き出した。彼の手下たちは巧妙に情報を収集し、次第に勇たちに迫っていった。

勇たちは次なる目標としてモスクワを目指すことに決めた。モスクワは新たな市場としてだけでなく、彼らの活動を拡大するための重要な拠点となる場所であった。だが、その途中にある哈爾濱(ハルビン)もまた重要な拠点であり、彼らはこの都市を経由することでさらに多くの仲間や資源を集めることを計画していた。

旅は厳しく、次々と襲いかかる困難に立ち向かう必要があった。しかし、勇は決して諦めなかった。彼の心には、李姚莉を自由にし、妹弟たちを守り抜くという強い決意があった。そして、彼らの目的地であるモスクワには、新たな希望と可能性が待ち受けていると信じていた。

果たして、勇たちはモスクワに到達し、新たな拠点で成功を収めることができるのだろうか。

満州アヘンスクワッドネタバレ5巻

「そのロシア娘は‥‥二百圓‥‥。いや‥‥買い手によっては三百圓はつけるだろう」

新京で大金を稼いだ勇たちは、更なる販路拡大を目指し、“東洋のモスクワ”とも称される哈爾濱(ハルビン)へと向かった。哈爾濱はその戦略的な位置と多文化な背景から、彼らにとっては理想的な拠点であった。新たな市場を開拓するために、彼らはこの都市の豊かな資源と複雑なネットワークを活用しようと考えていた。

到着した哈爾濱で、勇たちは「逃がし屋」として知られるロシア人・キリルと出会った。彼はその風貌と冷徹な目つきから、どこか謎めいた雰囲気を漂わせていたが、同時に彼は頼もしい助っ人でもあった。キリルの助けにより、勇と麗華は青幇とロシアンマフィアの抗争に巻き込まれ、死の淵をさまよう危機から九死に一生を得ることができた。キリルの運転技術と冷静な判断がなければ、二人の命はなかったかもしれない。

一方で、バータルとリンは満州一のスラム街・大観園に潜入していた。大観園は犯罪と貧困が渦巻く場所であり、そこに足を踏み入れること自体が危険を伴う行動であった。二人は阿片窟の売人たちに接触し、彼らに真阿片を吸わせることに成功する。これにより、彼らは商売の好機をつかみ、阿片の取引を広げる足掛かりを得ることができた。勇たちの商売は順調に動き始め、彼らの計画は着実に進展していくかのように見えた。

しかし、順調に見えたその道のりも、ある日、突然の出来事により一変する。大観園で、キリルの想い人であるナターシャが忽然と姿を消してしまったのだ。ナターシャの失踪は、単なる事件ではなく、背後に「闇の人身売買」を取り仕切る哈爾濱の“悪魔”が絡んでいることを示唆していた。彼女の失踪により、勇たちは再び危機的な状況に立たされることとなった。

キリルと勇たちは、ナターシャの行方を追うべく、悪魔の手掛かりを探し始める。彼らの追跡は哈爾濱(ハルビン)の裏社会の深淵へと続き、その過程で多くの試練と対峙することとなる。やがて、彼らはナターシャが囚われている場所を突き止めることに成功し、キリルの指示のもと、無事に彼女を救出することができた。

救出劇の終わりを迎えた時、勇たちは再び哈爾濱(ハルビン)の“悪魔”の前に立たされる。麗華は万事休すの状況に追い込まれる。

満州アヘンスクワッドネタバレ6巻

「今夜‥‥決まることになる。誰が哈爾濱(ハルビン)を支配するのかがな」

哈爾濱(ハルビン)での販路拡大を目指す勇たちは、再び複雑な抗争の渦中に巻き込まれていた。哈爾濱では青幇とロシアンマフィアの抗争が日増しに激化し、その激しい争いにより街全体が緊迫した空気に包まれていた。勇たちはこの混乱を利用し、自らの目的を果たすために動き出した。

ナターシャを青幇から救出した麗華とキリルは、なんとか危険を逃れたかに見えた。しかし、運命は彼らにさらなる試練を与えた。不運にも彼らはロシアンマフィアの縄張りに足を踏み入れてしまい、ナターシャと麗華は再び囚われの身となってしまった。彼らの努力もむなしく、ナターシャと麗華は再度危険な状況に置かれることとなった。

一方で、哈爾濱(ハルビン)の支配権を巡る争いは熾烈を極めていた。この都市を統べる二人の大物、青幇の“悪魔”馮英九とロシアンマフィアの“皇帝”ロジャエフスキーは、互いに大観園の支配権を手中に収めようと画策していた。大観園は哈爾濱の犯罪活動の中心地であり、その支配権を握ることは、この都市全体を支配することと同義であった。

そのような状況の中、麗華とキリルは大観園を巡る取引の現場に立ち会うこととなった。取引の場は緊張感に満ちており、互いに一歩も譲らない姿勢が見て取れた。取引が進む中で、麗華は馮英九に目をつけられ、彼の冷酷な手によって撃たれてしまった。麗華が地に倒れるその瞬間、場の空気は一層張り詰め、全員が息を呑んだ。

麗華が撃たれたことで、勇たちは大きな決断を迫られることとなった。彼らは麗華を救い出し、ナターシャを解放するだけでなく、哈爾濱の人々をも解放するという重大な使命を抱えることとなった。哈爾濱(ハルビン)の人々は長い間、支配者たちの圧政に苦しんでおり、その解放は一筋縄ではいかないものであった。

勇たちは結束を固め、全力でこの難題に立ち向かう決意を固めた。彼らは麗華を救出するために、またナターシャを取り戻すために、そして哈爾濱の人々に自由をもたらすために、全力を尽くすことを誓った。彼らの心には決意と勇気が満ち溢れており、その眼差しは決して揺るがなかった。

哈爾濱を支配する者が誰になるのか、その運命は今夜決まることになる。勇たちの戦いは、単なる個人的な救出劇ではなく、哈爾濱(ハルビン)全体の未来を左右する壮大な戦いであった。彼らは一人一人が力を合わせ、互いに支え合いながら、この困難な戦いに挑んでいった。哈爾濱(ハルビン)の未来を決するその瞬間に向けて、勇たちは勇気と決意を胸に前進し続けた。

満州アヘンスクワッドネタバレ7巻

「ここには今までにない太客がいる」

歯止めの利かない争いが続く中、哈爾濱(ハルビン)をめぐる青幇とロシアンマフィアの対立はついに頂点に達していた。二つの組織の激しい抗争の中で、麗華は馮英九に撃たれ、重傷を負ってしまった。彼女の傷は深く、これ以上の戦いに耐えられる状態ではなかった。勇とリンは、彼女の命を救うために一刻も早く行動を起こさなければならないと決意した。

勇、リン、そして麗華は、哈爾濱を脱出し、満州の古都である吉林にいるという闇医者を求めて旅立つことにした。彼らは、闇医者クワンが麗華の命を救うための唯一の希望であると信じ、危険を承知でハルビンを後にした。旅は困難を極め、敵の追撃や厳しい気候条件に苦しめられながらも、彼らは決して諦めることなく吉林を目指した。

一方、ハルビンに残ったキリルとバータルは、幽閉されたキリルの想い人であるナターシャを救い出すため、そしてハルビンの抗争を終わらせるために奮闘していた。彼らは露人事務局への猛攻撃を計画し、周到な準備を進めた。キリルの胸には、ナターシャを救出するという強い決意が燃え盛り、バータルもまた、彼の仲間と共に戦う覚悟を決めていた。

二人は、青幇とロシアンマフィアの強大な勢力を退けるため、命を懸けた戦いを繰り広げた。ハルビンの街は戦火に包まれ、至る所で激しい銃撃戦が繰り広げられた。キリルとバータルは決死の覚悟で敵に立ち向かい、一歩一歩前進していった。彼らの勇敢な行動は、次第に敵の勢力を削ぎ、ついにはナターシャを救出することに成功した。

同時に、吉林に拠点を移した勇たちも、新たな計画を練っていた。麗華の回復を待つ間、彼らは次の標的として満州旗人に目を向けた。満州旗人は地域の重要な権力者であり、彼らを味方につけることができれば、勇たちの勢力はさらに強化されるだろうと考えた。

しかし、彼らの動きは憲兵たちの注意を引きつけてしまった。闇医者クワンの元に憲兵たちが現れ、彼らはクワンに対して勇の居場所を吐かせようと圧力をかけた。クワンはその圧力に屈することなく、勇たちを守るために全力を尽くした。憲兵たちとの対立は避けられないものとなり、クワンと勇たちは再び危機的な状況に立たされることとなった。
 

満州アヘンスクワッドネタバレ8巻

「目的は満州旗人たちから根こそぎ奪うことよ」

哈爾濱で繰り広げられた激しい死闘がついに決着を迎えた。その戦いの中で、キリルは涙ながらに愛する人との別れを経験し、深い悲しみを抱えながらも、彼女との約束を胸に、バータルと共にハルビンの街を後にすることを決意した。彼らは次なる目的地である古都・吉林へと向かった。

吉林に到着した一行は、再び集結し、新たな計画を練るために動き出した。彼らは闇医者クワンの法外な治療費を支払い、さらに利益を得るために、没落した支配者階級である「満州旗人」を標的に定めることにした。満州旗人はかつての栄光を失い、今やその財産を狙われる存在となっていた。

静かな屋敷町に毒牙を向ける一行の背後では、執念深い憲兵、長谷川が密かに動き出していた。彼は勇を執拗に追跡し、ついには吉林に辿り着いたのだった。長谷川は勇たちの行方を追うため、あらゆる手段を使って情報を収集し続けた。その過程で彼は、闇医者クワンの居場所を突き止め、彼が勇に関する重要な情報を持っていると確信する。

一方、クワンは勇たちを匿いながらも、その身を守るために慎重な行動を取っていた。しかし、長谷川の執念深さはクワンの警戒心を打ち砕くほどであり、ついに彼のもとに憲兵たちが押し寄せてきた。長谷川はクワンに対し、勇の居場所を吐かせようと厳しい尋問を始める。クワンは自身の命を賭けて抵抗し続けたが、長谷川の圧力に次第に追い詰められていった。

同時に、長谷川はリンの居場所も探し求めていた。リンは勇の重要な仲間であり、彼の行動に関する多くの情報を持っていると考えられていた。長谷川はリンを捕らえることで、勇の行方を突き止める手掛かりを得ようとしていた。彼の尋問は厳しく、リンが持つ情報を引き出すためには手段を選ばない構えであった。

満州アヘンスクワッドネタバレ9巻

「命を懸けることが私の愛よ…!!」

没落した貴族たちが住まう街、吉林にて勇たちは新たなビジネスを開始した。彼らの狙いは、貴族の屋敷町を真阿片の虜にすることだった。彼らは現地の青年、昊天を売人として雇い、内部から計画を遂行した。昊天はその魅力と交渉力を駆使し、屋敷町の住人たちに真阿片を広め、次第に彼らを虜にしていった。その結果、勇たちは空前の大成功を収め、大金を手に入れることができた。

しかし、その成功は長く続かなかった。長谷川が放ったスパイの密告によって、憲兵が動き出したのだ。憲兵たちは勇たちの拠点を急襲し、リンと闇医者の關を捕らえた。リンと關は、吉林の地下牢に囚われの身となり、残された仲間たちは大きな衝撃を受けた。

長谷川の部下である冷酷な凡は、リンの死体を長谷川に見せつける。

満州アヘンスクワッドネタバレ10巻

「ボスは僕だ‥‥! 決定権は僕にある‥‥!」

古都・吉林で勇たちは巨額の利益を手にし、成功を謳歌していた。しかし、その陰で執拗な憲兵・長谷川がいよいよ本格的に行動を開始した。彼は狡猾な策略を用いて、勇の仲間であるリン、闇医者の關、そして売人の青年・昊天を確保することに成功した。長谷川は彼らを厳しく拷問し、勇の居場所に迫っていった。

この緊迫した状況を受けて、勇たちは救出作戦を計画した。バータルとキリルは仲間を救うために立ち上がり、行動を開始した。しかし、危機を察した麗華は、吉林からの脱出を強く進言した。彼女はこのままでは全員が危険にさらされると感じていたのだ。

その瀬戸際で、勇は苦渋の選択を迫られることとなった。商売を続けるために吉林に留まるか、仲間の命を優先して脱出するかの二者択一だった。勇は決断の末、仲間の命を選ぶことにした。彼は全てのリーダーシップを発揮し、仲間たちを安全に脱出させるために行動を起こした。

救出作戦は緊張感に満ちていた。バータルとキリルは巧妙な策を用いて、長谷川の監視をかわし、リンと關、昊天を救い出す計画を練り上げた。そして、その計画は見事に成功し、仲間たちは一時的に安全な場所へと移動することができた。

しかし、彼らが予想していなかったことが起こった。亡くなったと思われていたリンが実は生きていたのだ。彼の生存を確認した勇たちは歓喜し、再び全員での脱出を目指すことになった。しかし、長谷川の追撃は激しく、彼らは激しいカーチェイスを繰り広げることとなった。

キリルの運転によりついに憲兵たちの追撃を振り切ることに成功した。彼らは体制を整えるために、一度熱河に戻ることを決意した。熱河は彼らにとって次なる計画を練るための重要な拠点であり、ここで再び立ち上がるための準備を整えることができた。

▼あわせて読みたい▼

【満州アヘンスクワッド】リンが死亡?なぜ生存できたのか?凡の過去とは?
漫画「満州アヘンスクワッド」は原作門馬司先生と作画鹿子が週刊ヤングマガジンで連載している作品です。この作品では瞬間記憶が使えるリンが死亡したと思わされるシーンがあります。一体どうして生存することができたのか?本記事では本記事ではネタバレ感想...

満州アヘンスクワッドネタバレ11巻

「人と人とを結びつけるのは金ですよ」

吉林の没落貴族をターゲットにした真阿片密売は、勇たちにとって大成功を収めた。しかし、その成功の裏には大きな代償があった。勇の大切な仲間であるリンと闇医者の關が、憲兵たちに捕らわれてしまったのだ。この危機的状況に、勇たちは仲間を救い出すために決死の行動を開始した。

まず勇は、警察本部に単身で侵入する計画を立てた。彼の行動は大胆であり、非常に危険を伴うものだったが、仲間を救うために一歩も引くことはなかった。その一方で、バータルとキリルは勇を支援するための作戦を練り上げた。彼らは警察本部の周囲で銃撃戦を仕掛け、その混乱に乗じて勇が内部に潜入するための時間を稼いだ。

勇が警察本部に潜入すると、激しい銃撃戦の音が響き渡った。バータルとキリルが外で繰り広げる銃撃戦は、勇がリンと關を救出するための大きな助けとなった。勇は迷わず行動し、リンと關の元にたどり着くと、迅速に彼らを解放した。彼らは一刻も早く警察本部を脱出する必要があった。

その後、勇たちは一同揃っての吉林脱出劇を開始した。しかし、執念深き憲兵・長谷川が彼らを猛追してきた。息もつけないカー・チェイスが繰り広げられ、勇たちは追撃をかわすために全力を尽くした。勇の冷静な判断と卓越したドライビングテクニックにより、彼らは長谷川の追撃を振り切ることに成功した。

吉林を脱出した勇たちは、次なる目的地である大連を目指すことにした。彼らは体制を整え、新たな計画を練り直すための時間を確保する必要があった。しかし、道中で予期せぬ人物が彼らの前に現れた。満州阿片界の大物、「阿片王」里山柾が彼らにビジネスの提案を持ちかけてきたのだ。

巨大な阿片ネットワークを持ち、圧倒的な資金力と影響力を誇っていた。しかし、勇はその提案を即座に断り、里山柾と敵対することを選んだ。勇は仲間と共に独自の道を歩むことを決意し、誰の支配も受けないことを誓ったのだ。

準備を整えた勇たちは、次なる目的地である大連へと向かった。大連は新たな商機と危険が待ち受ける場所であり、彼らはそこで新たなビジネスチャンスを探ることを目指していた。道中で彼らは様々な困難に直面しながらも、仲間との絆を深め、互いに助け合いながら進んでいった。

大連に到着した勇たちは、そこで重要な仲介人と出会うこととなった。

満州アヘンスクワッドネタバレ12巻

「潜るわよ、上海の闇に……!!」

命からがら吉林を脱出した勇たちは、ついに新たなステージへと踏み出すことを決意した。満州を飛び出し、「阿片王」里山柾の勧誘を断った一行は、さらなる野望を胸に世界征服を目指す。最初のターゲットは、混沌とした巨大都市、魔都・上海だった。上海への侵攻を企てる彼らは、真阿片密輸の手引きをしてくれる人物を探し出すことから始めた。しかし、上海の地下世界は一筋縄ではいかない。

上海へ向かう途中、勇たちは様々な困難に直面することになった。新京で勇の命を狙っていた幽鬼が再び彼らの前に現れ、その影は彼らの行く手を阻むように立ちはだかった。勇たちは慎重に行動しながらも、次々と襲いかかる敵の手をかいくぐっていった。そんな中、謎めいた貿易商が勇に接近してきた。彼は言葉巧みに接触し、上海でのビジネスの成功を約束するが、その裏には何か企みがあるのではないかという疑念が頭をよぎる。

ついに魔都・上海に到着した勇たちは、街の喧騒と混沌に圧倒されながらも、目的を果たすために行動を開始する。上海の闇社会を牛耳る紅幇は、その冷酷な支配で知られており、特に凶暴な女帝がその頂点に君臨していた。彼女の名は、上海中に恐れられている存在であり、彼女を敵に回すことは非常に危険な賭けだった。しかし、勇たちはそんなリスクを承知の上で行動を起こす。

まずは、紅幇が運営する高級阿片窟を突き止めることが最優先課題となった。勇たちは慎重に情報を集め、ついにその阿片窟の所在地を知ることができた。

しかし紅幇の鋭い嗅覚により、勇たちの正体が露見してしまったのだ。

満州アヘンスクワッドネタバレ13巻


「魔都には機が眠っている」

「真阿片で世界を支配する」という壮大な野望を抱く勇たちは、ついに満州を飛び出し、その目標を達成するために“魔都”と呼ばれる上海に到着した。上海はその煌びやかな表面の裏側に、無数の陰謀と暗闇が広がる場所であり、勇たちにとっては新たな挑戦の舞台となるのだった。

上海に足を踏み入れた勇たちは、まず情報収集に奔走した。この大都市にはさまざまな勢力が入り乱れ、真阿片の密売市場もまた複雑に絡み合っていた。勇たちはその中で最も影響力を持つ上海マフィア、“紅幇”の存在を知り、その高級阿片窟を突き止めることに成功した。紅幇の阿片窟は豪奢な装飾と厳重な警備に守られていたが、勇たちは巧妙な手段を駆使し、次々とその支配権を手中に収めていった。

阿片窟を次々と制圧していく中で、勇たちの商売は順風満帆に進んでいるかに見えた。しかし、そう簡単に物事が進むはずもなく、彼らの正体がついに紅幇に露見してしまう。紅幇のリーダーたちは一行を捕らえ、厳しい尋問を行おうとしたが、勇たちはその場で見事な交渉術を発揮し、危機を回避することに成功した。彼の説得力と冷静さは、紅幇のリーダーたちを納得させ、彼らとの協力関係を築く一歩となった。

上海での活動が軌道に乗り始めた矢先、勇たちはユダヤ人の商人、マルクと出会う。

満州アヘンスクワッドネタバレ14巻


「この手に流れる血は自分で決める‥‥!!」

勇たちは上海の阿片窟を次々と制圧し、真阿片の密売を成功させていた。上海の闇社会を支配するために、彼らは“正規代理人”と呼ばれる信頼できる仲間たちの力を借り、その影響力を拡大していった。真阿片の圧倒的な品質と迅速な供給は、瞬く間に街全体を呑み込み、阿片市場の新たな覇者としての地位を確立していった。

この急速な拡大と成功に、上海の地元マフィア“紅幇”と“工部警察”は強烈な敵意を抱き始めた。彼らは勇たちの台頭を脅威と見なし、対抗策を講じるべく動き出した。紅幇は勇たちの動向を密かに探り、工部警察は阿片取締りを強化し、勇たちの活動を妨害しようとした。だが、勇たちはそれにも屈せず、更なる策略を巡らせていくのだった。

そんな中、勇たちの活動を支える重要な人物がいた。彼の名はマルク。マルクは迫害を逃れて上海に亡命してきた若者で、読み書きの知識を持っていた。彼の協力により、勇たちは多民族都市である上海でのビジネスをスムーズに進めることができた。マルクは勇たちにとって欠かせない存在となり、彼の力を借りて真阿片はさらに広範囲に浸透していった。

しかし、上海の混乱と争乱の中で、仲間の裏切りが勇たちに襲いかかる。仲介人として信頼していたジンが、突然銃を抜き、勇に向かってその銃口を向けたのだ。

満州アヘンスクワッドネタバレ15巻


上海租界で繰り広げられる争いは、ついに最終局面を迎えた。紅幇の女帝・蘭玉は、勇を追い詰め、真阿片の製造に手を貸すように強く要求してきた。蘭玉の狡猾な計画は、勇たちの反抗の意思を挫き、彼らを従わせることにあった。しかし、勇は決して屈しない強い意志を持っていた。

その窮地を救うべく、勇の忠実な仲間であるバータルが密かに潜入作戦を開始した。バータルは、勇と同じく紅幇に対抗する強い意志を持ち、彼のためならどんな危険にも身を投じる覚悟があった。また、蘭玉に近しい存在でありながら、彼女の野心に疑念を抱き、最終的には勇の大望に賭けることを決意した静も、蘭玉を裏切ることを選んだ。静は蘭玉の陰謀を暴き、勇に味方するために大胆な行動に出たのである。

しかし、勇たちの前にはさらなる困難が立ちはだかる。蘭玉の側近として控える“双子の用心棒”が、勇たちの行く手を阻んだのだ。彼らは圧倒的な暴力と冷酷な戦闘技術で知られ、どんな敵も容赦なく葬ることで悪名高かった。勇とその仲間たちは、この双子の用心棒によって誇りを踏みにじられ、さらに多くの犠牲を払わなければならなかった。彼らは仲間の絆、誇り、そしてささやかな愛すらも無情に踏み躙られた。

それでも勇は屈することなく、心の奥底から湧き上がる覚悟と殺意を剥き出しにした。真阿片のボスとして、彼は蘭玉に対して最後の戦いを挑む決意を固めた。彼の目には、仲間のため、誇りを守るため、そして失ったものを取り戻すための強い意志が宿っていた。勇の覚悟は、ただの復讐心ではなく、未来を切り開くための力強い意志そのものだった。

戦いの舞台は、上海租界の闇深く、誰もが震えるような激闘の場へと移っていく。勇は仲間と共に、剥き出しの覚悟と殺意をもって、蘭玉とその手下たちに立ち向かう。彼らの戦いは、真阿片の覇権を巡る最終決戦を迎える

満州アヘンスクワッドネタバレ16巻

スポンサーリンク

【満州アヘンスクワッド】ネタバレ感想

アヘンで成り上がる男の物語

『満州アヘンスクワッド』は、昭和初期の満州を舞台にした壮絶な物語が展開される漫画です。主人公の日方勇は、戦争によって右目の視力を失い、農業義勇軍として虐げられる日々を送っています。しかし、病気の母を救うために阿片の密造に手を染める決意を固めることから、物語は大きく動き出します。

この漫画は、勇が阿片の密売を通じて生き抜こうとする姿を描きながら、戦争の陰に隠された暗い現実と、人間の強さや弱さを巧みに描写しています。満州という異国の地で、勇とその仲間たちは次々と困難に立ち向かい、阿片ビジネスの成功を目指して奮闘します。

美麗な作画描かれる迫力のアクションシーン

特に印象的なのは、上海への進出とそこでの激しい抗争です。勇たちは上海マフィア“紅幇”と対峙し、高級阿片窟を次々と制圧していきますが、次第にその正体がバレるというスリリングな展開が続きます。物語のテンポが速く、次から次へと繰り出されるアクションシーンに読者は引き込まれます。

キャラクターたちの個性も非常に魅力的です。勇の仲間であるバータルやキリル、売人の青年・昊天など、彼らの個々の背景や葛藤が丁寧に描かれ、物語に深みを与えています。また、紅幇の女帝・蘭玉や憲兵・長谷川といった敵対者たちも、ただの悪役ではなく複雑な人物像を持っており、物語にリアリティを加えています。

裏社会を描くが人間味もちゃんと味わえる

勇の戦いは単なる生存のためのものではなく、彼の内に秘めた家族を守りたいという覚悟と信念が試される場でもあります。特に、仲間の命を守るために命を懸ける姿は感動的であり、勇の成長と人間的な強さを感じさせます。彼の決断と行動力は、読者に強い印象を残し、共感を呼び起こします。

『満州アヘンスクワッド』は、戦争の悲惨さと裏社会の冷酷さを描きつつも、人間の絆や信念の力をテーマにしています。その壮大なスケールと緻密なストーリーテリング、そしてキャラクターたちのドラマが見事に融合したこの作品は、歴史好きやアクション好きの読者にとって必読の一冊と言えるでしょう。読後には、満州という地で繰り広げられた人間ドラマの深さに感動し、心に残る物語となること間違いありません。

スポンサーリンク

【満州アヘンスクワッド】おすすめ読者

『満州アヘンスクワッド』をおすすめする読者層は幅広く、特に以下のような方々に向いています。

この作品は、歴史的な背景を持ちながらも、アクションとドラマがバランスよく展開されており、深いテーマ性を持っています。歴史ファンからアクション好きな読者、ドラマティックなストーリーを求める人、社会的なテーマに興味がある方、そしてキャラクター志向の読者まで、幅広い層に楽しんでいただけるでしょう。

この作品では、満州を舞台にした歴史的な背景をリアルに描きながらも、主人公や仲間たちの葛藤や成長、そして人間関係を中心にしたドラマが展開されます。また、社会的な問題や倫理的な葛藤もテーマとして深く掘り下げられています。

登場するキャラクターたちは個性豊かで魅力的であり、彼らの生き様や心情に共感したり、感動したりすることができます。さらに、アクションシーンやスリリングな展開も多く、物語全体にスリルがあります。

『満州アヘンスクワッド』は、読者にとって刺激的で深い読書体験を提供すること間違いなしの作品です。

【満州アヘンスクワッド】最終話や結末話は

漫画「満州アヘンスクワッド」はまだ完結しておりません。

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...

▼あわせて読みたい▼

【ハピタス】漫画を買うのにお金が必要!在宅で出来るポイ活!
漫画ブームは、世界中で広がっている現象です。特に近年、漫画は世界的なポップカルチャーとして注目を集め、多くの人々に愛されています。多種多様なジャンルの漫画が発売しており、思わず衝動買いしたくなってしまいます。本記事では漫画を買いたくてもお金...