【カグラバチ】絵が下手くそ!コピペ多用?女の子キャラが絶望的にかわいくない!

このページにはプロモーションが含まれています

週間少年ジャンプで連載中の漫画『カグラバチ』は外薗健氏によるこの剣戟バトルアクション漫画です。大人気漫画なのですが女の子キャラの絵が下手やコピペが多いと話題。カグラバチの弱点である女の子キャラ問題は一体どうなるのか?本記事ではどのように魅力がないか解説したいと思います。

スポンサーリンク

【カグラバチ】あらすじ

刀匠を志す少年チヒロは、刀匠である父の下で、日々修行に励んでいた。
おちゃらけた父と寡黙な息子。
笑いの絶えない毎日がいつまでも続くと思っていたが…

ある日悲劇が訪れる…
血塗られた絆と帰らない日常。
少年は憎しみを焚べ、決意の炎を心に宿す。

異才が描く、剣戟バトルアクション!

スポンサーリンク

【カグラバチ】作品詳細

タイトル
カグラバチ

著者
外薗健

カテゴリ
少年マンガ

出版社
集英社

レーベル
週刊少年ジャンプ

掲載誌
週刊少年ジャンプ

スポンサーリンク

【カグラバチ】絵が下手くそ

戦闘描写や男性キャラクターは魅力的ですが、女の子キャラクターの絵が下手くそに見えてしまう読者がいるようです。一体どのような理由なのでしょうか?

男性キャラと顔がほとんど同じ


『カグラバチ』の女の子キャラクターに関して、一部のファンからは男性キャラクターの顔と類似しており、髪やまつ毛、そして胸が追加されただけで、キャラクターの書き分けが不十分であるとの指摘があります。このため、女の子キャラクターが可愛く見えないと感じる声もあります。

作品中の女の子キャラクターについては、その特徴や表情、体型などが男性キャラクターと類似していると感じる人もいます。顔立ちや造形が似通っていることで、キャラクター同士の書き分けが不明瞭になり、個々のキャラクターの個性が表現されづらくなっているとの意見があります。

また、女の子キャラクターに関する表現において、髪の毛やまつ毛、そして胸などが強調されることがありますが、これらの要素があまりにも顕著であり、キャラクターの全体的なバランスを崩してしまうと感じる人もいます。その結果、女の子キャラクターが可愛らしさや魅力を失ってしまうという指摘もなされています。

コピペを多用しすぎ?

『カグラバチ』には、拡大コピーアンドペースト(コピペ)を頻繁に使用する傾向があり、一度描いた絵を何度もコピペして利用することが指摘されています。この作業効率化の手法は、週刊連載のスケジュールに追われる漫画家にとっては一種の救いとも言えるかもしれませんが、一部の読者からは、キャラクターや背景の再利用が目立つことに違和感を覚える声もあります。

週刊連載のペースで作品を描くというのは、非常にハードな作業であり、制作時間の短縮や効率化は必然的な取り組みです。しかし、読者はそのような手法によって作られた作品を読んでいるため、自然な形態で手を抜いた絵やコマの使い回しは、時に違和感を生じさせることがあります。

漫画家は、技術や手法を駆使して、限られた時間の中で最高の作品を作り出す努力をしています。読者にとっては、ストーリーやキャラクターの魅力が最優先ですが、同時に絵や表現のクオリティも重要な要素となります。そのため、漫画家が効率的な制作方法を採用する一方で、作品の質を保つための工夫も必要です。

スポンサーリンク

【カグラバチ】絵が下手は改善される

絵を描くことは、長期連載していくと上達していきます。多くの場合、人は経験を積むことで技術や表現力が向上し、その結果、作品の絵柄にも大きな変化が現れます。実際に、現在人気を博している漫画の初巻と最新刊を見比べると、作者の絵柄が大幅に変わっていることが分かります。

作品の初期から最新までの絵柄の変化は、作者の技術向上や表現力の成長を反映しています。継続的な努力と熱意があれば、作者はますます絵のスキルを高め、読者に新たな魅力を提供していくことができるでしょう。作者の今後の成長に期待していくことが重要です。

スポンサーリンク

【カグラバチ】コミックス情報

カグラバチ1巻ネタバレ


刀匠を志す少年、チヒロは、父親のもとで日々修行に励んでいた。彼の父親は陽気でおちゃらけた性格で、いつも明るい笑顔を絶やさない男だった。対照的に、チヒロは寡黙で内向的な性格だったが、二人は深い絆で結ばれていた。日々の修行の中で、父親は冗談を交えながら、刀鍛冶の技術と精神をチヒロに教え続けていた。二人が過ごす時間は笑いに満ち、穏やかで幸せな日々だった。チヒロはこの平和な日常が永遠に続くと信じて疑わなかった。

しかし、ある日突然、その幸せな日常は壊れた。父親が何者かに襲われ、命を奪われるという悲劇がチヒロを襲った。父親の命と共に、6本の妖刀も奪われてしまったのだ。チヒロはその惨状を目の当たりにし、深い悲しみと怒りに包まれた。血に染まった父親の姿と共に、チヒロの心には消えない傷跡が刻まれた。

父親の死と奪われた妖刀によって、チヒロの日常は一変した。これまでの平和な日々は戻ってくることはなく、彼の心には復讐の炎が燃え上がった。そんな中、チヒロは父親が遺した7本目の刀を手に取り、復讐の決意を新たにした。その刀を握りしめるたびに、父親の教えと共に、宿敵である毘灼への憎しみが強まるのを感じた。

カグラバチ2巻ネタバレ


立ちはだかるのは双城という名の強敵であった。その圧倒的な存在感と冷徹な表情に、チヒロは一瞬たじろぐが、すぐに覚悟を決める。戦いの幕が切って落とされ、激しい剣戟が交わされる中、双城は意外な言葉を口にする。彼はチヒロの父であり、名高い刀匠である国重への深い敬慕の念を抱いていることを語り始めたのだ。

双城にとって国重は単なる刀匠ではなく、その技術と理念に対する絶大な尊敬の対象であった。しかし、その尊敬の念とは裏腹に、双城の考えは国重とは根本的に異なっていた。双城は「妖刀は他者の命を奪うために在る」という信念を持っていた。それは、命を刈り取ることで妖刀の真価が発揮されると信じる彼の独自の哲学であった。この考え方は、刀を人々の守護のために使うことを教えた国重とは真逆の道を示していた。

二人は同じ人物を敬愛しながらも、正反対の道を選んでいた。双城はその信念を貫くために、多くの命を奪い、恐怖と破壊をもたらしていた。彼の手に掛かった者たちの悲鳴が、戦いの場にこだまするように、チヒロの心にも重くのしかかった。

一方、チヒロは囚われの身となっている仲間、シャルを救い出すという使命感に燃えていた。シャルは双城に捕らえられ、その命運が絶望的な状況に置かれていた。シャルの命を救うこと、そして父の遺志を継いで妖刀を正しい道に戻すための激闘が始まる。

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...