【ザオ・サガ】ネタバレ感想!打ち切り間近か?呪術やハンターハンターのパクリ?

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

ジャンプ+で連載中の漫画『ザオ・サガ』。しかし、物語の展開やキャラクターの設定について、一部からは疑念の声も上がっています。果たして、この作品は打ち切りの危機に瀕しているのか?また、他の人気作品からの影響を受けているのか?今回は、そのネタバレと感想を通じて、作品の今後に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

ザオ・サガあらすじ

なんの力も持たずに生まれた太一郎。無力なせいで家族に“一族の恥さらし”と蔑まれていた。家の敷地から出ることを許されず、外の世界に憧れていた太一郎はついに家族に反発する。とっさに家を飛び出した太一郎は、初めて外の世界に触れるが――…!?

スポンサーリンク

ザオ・サガネタバレ感想!打ち切り間近か?

物語の世界観が伝わりにくい

この作品は、内容がダイジェスト過ぎており、加えて説明不足なため、読者が理解しにくい箇所が散見されます。物語は要所要所が簡潔過ぎるため、何が起こっているのかが伝わりにくく、登場人物の背景や目的、物語の舞台設定などがぼんやりとしたまま物語が進行しています。

読者は「これらのキャラクターは一体誰なのか?」「彼らが掲げる目的や動機は何なのか?」「物語の舞台や背景はどのような状況なのか?」などの疑問を抱えたまま、物語が進んでいく中で新たな登場人物が増えていく構図となっています。

その結果、物語が既に3話に進行しているにもかかわらず、読者は何が起こっているのか全く把握できない状況に追い込まれています。こうした課題を克服するためには、物語に充実した説明と背景情報を織り交ぜ、登場人物たちの背景や動機、物語の舞台設定などを明確に描写することが欠かせません。

バトルする理由が分からない

作品内での物語進行は、全体的に非常に抜けており、一貫した説明が欠如しているため、読者にとっては理解が難しい要素が多く散見されます。特に戦闘シーンにおいて、登場人物が突如オーラや念能力のようなものを使用して戦闘を開始しますが、その詳細や背景については何の説明もなく、読者は何が起きているのかを把握するのが難しい状況です。

また、作品全体がハンターハンターのような戦闘バトルを主軸としており、しかも設定や背景がほとんど明らかにされていないため、登場人物たちのアクションや能力がいかに魅力的であっても、物語にしっかりと組み込まれずに浮いた印象を受けます。読者にとっては、誰がどのキャラクターなのかさえ正確に把握できずに戦闘が展開されるため、緊迫感や白熱感がうまく伝わらないのが課題と言えます。

このような状況を改善するためには、戦闘シーンの前に登場人物たちのキャラクター性や背景を充分に描写し、彼らの使う能力や技術の基礎を読者に理解させる工夫が必要です。また、作品全体の世界観や背景設定を明確にし、読者に物語の舞台や登場人物の位置づけを説明することで、戦闘シーンがより意味あるものとして展開され、読者にとって引き込まれる要素が増えるかと思われます。

キャラクターがパクリ?

第13話で登場するキャラクターが、人気漫画『呪術廻戦』の五条悟のような外見を持っているという話題が広まっています。このキャラクターは、黒い服装、白髪、そして黒塗りされていない目の光を持っており、確かに五条さんとの類似点が見受けられます。作品内には既に数多くのキャラクターが存在する中で、個々のキャラクターを差別化することは難しい課題かもしれませんが、読者にはそれぞれのキャラクターが持つ個性をしっかりと感じさせることが求められます。

登場人物たちが他作品のキャラクターに似てしまうことは、作品の独自性や魅力を損なう可能性があります。読者は新しいキャラクターを受け入れる際に、それが既存の人気キャラクターと比較されてしまうことがあるかもしれません。しかし、個性的な性格や行動、そして背景をキャラクターに与えることで、彼らが作品内で独自の存在感を持つことができるでしょう。

このような状況を乗り越えるためには、キャラクターたちに深みを持たせることが大切です。彼らの過去や目的、感情、成長などを描きながら、読者が彼らに共感し、魅了される要素を積極的に盛り込むことが、作品の魅力を高める一歩となるでしょう。

スポンサーリンク

ザオ・サガ打ち切りの可能性はあるのか?

ジャンプ+内のインディーズ作品の中でも、その優れた画力が際立つ作品でした。しかし、連載が進むにつれて、徐々に作品の質が低下し、絵柄や表現が雑になってきていると感じられます。物語の展開も変化し、主人公が以前から因縁のあるかのようなラスボス的なキャラクターに立ち向かっているようです。

現在のところ、物語はまだ13話と序盤であり、しかも最近の閲覧数は10万を切る状況になっています。この流れを考えると、作品が打ち切りの可能性を迎えているのではないかとの危惧も感じられます。

このような状況を踏まえると、作品は可能性を秘めつつも、連載が進むにつれて失われていく魅力を抱えていると言えるでしょう。打ち切りを回避するためには、作者自身が作品の根幹に立ち返り、丁寧なストーリーテリングと描写を心掛けることが求められるかもしれません。読者の興味を引き続けるためにも、キャラクターの動機や背景、物語の世界観をしっかりと深堀りし、スリリングな展開を用意することが重要でしょう。

今後の展開次第で評価は変わってくると思います。

スポンサーリンク

お得に漫画を見る方法

違法サイトを利用して漫画を読むと、ウイルスに感染する恐れがあります。パソコンやスマートフォンが動かなくなったり、迷惑メールが大量に送信されたり、最悪の場合個人情報が流出するリスクがあります。安全にエンタメを楽しむにはどうしたらいいのでしょうか?

U-NEXT


U-NEXTの特徴

・無料登録で600ポイント(新作漫画1冊分)
・31日間で解約すればお金がかからない
約22万本のアニメや映画やドラマも見れる
毎月1,200円分のポイントがもらえる

2分で簡単!無料登録!

BOOK WALKER


BOOK WALKERの特徴

・ライトノベルの品揃えが、4万冊以上
初月無料で漫画や小説を83万冊以上読める
・購入金額に応じてコインの還元が増える
角川出版の作品が好きな人はおすすめ

2分で簡単!無料登録!

まんが王国


まんが王国の特徴

・無料漫画が常時3000作品以上読み放題
14周年を迎えるコミックサービス初心者向け
他では見られない作品ラインナップ
・会員登録中は何度でも読み返せる

2分で簡単!無料登録!

コミックシーモア


コミックシーモアの特徴

・業界最大級の253万件以上のレビュー
・新規無料会員登録するだけで70%OFFのクーポン
アニメ化された人気作品もお得に買える
サイトが見やすくジャンルが分けが細かい

2分で簡単!無料登録!

コミック.jp


コミック.jpの特徴

・初回30日間は無料
・お得な初回特典あり
・ラインナップが豊富
・人気マンガ1,000作品以上が無料

2分で簡単!無料登録!
コミック.jp

タダ本


タダ本の特徴

・年会費制のサブスクで毎月15冊の本がもらえる
・サブスクの対象になっている本は約28万冊
・料金は年間約5,800円、1ヵ月換算483円と格安
・マンガは本で読みたい人におすすめ

2分で簡単!無料登録!



Amebaマンガ


Amebaマンガの特徴

・初回登録で100冊40%OFFクーポン
・頻繁に最大50%OFFクーポン配布
・最大40%ポイント還元
流行りの漫画を読みたい

2分で簡単!無料登録!



▼違法サイト撲滅キャンペーンについて▼

放送番組の違法配信撲滅キャンペーン オフィシャルサイト
放送番組の違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトです。テレビCM映像や放送番組の正規配信サイトへのリンクぺージがあります。
スポンサーリンク

まとめ

ジャンプ+連載中のインディーズ漫画ザオ・サガは、現状のペースでいったら打ち切りの可能性は十分あります。閲覧数の下がりや、物語の方向性など読者のコメント欄が荒れている状態。またハンターハンターの戦闘スタイルに似て言いたり、第13話で登場するキャラが呪術廻戦の五条さんに似ていると話題。キャラクター差別化は難しいが、個性を強調する必要。類似点による独自性損失を防ぐため、個々の性格や背景を豊かに描写。読者の共感と魅了に努めることが重要かと思われる。今後の展開に期待。