【打ち切り】シバタリアンつまらない?パクリ?大量発生はバタリアンから?

★漫画パクリ問題★
このページにはプロモーションが含まれています

「シバタリアン」は、ジャンプ+で読み切りではなく新連載としてスタートした作品として注目されています。物語のラストシーンは強烈なインパクトを与え、多くの人々を熱狂させました。本記事では読者の感想や、なぜTwiiterで柴田理恵さんがトレンドしたか解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

シバタリアンネタバレあらすじ


「シバタリアン」は、中学3年生の少年・佐藤が、桜の木の下で、顔だけを出して埋まっている男子・柴田を見つけたことから始まる物語です。柴田は、高校生の不良に絡まれ、埋められてしまったという事情があったようです。佐藤は、柴田と出会ってから、彼との友情を深めていきました。そして、二人は文化祭の展示作品として、映画を撮ることにしました。

しかし、同じ学校に通っているはずの柴田を知る人は校内に誰もおらず、姿も見えていないようです。物語は、誰も知らない柴田を巡る謎と、二人の友情の深まりが描かれています。

スポンサーリンク

シバタリアン打ち切りされるほどつまらないの?

作画問題

イワムロカツヤ先生の作画について、他の漫画家と比べて画力が低く感じることがあるとのことですが、それは単に絵のスタイルや表現方法が異なるために起こるものかもしれません。

イワムロカツヤ先生の作画は、独自のタッチと表現力を持っています。彼は、細かい線や陰影よりも、より簡潔でストレートな線と、明るく鮮やかなトーンで、シンプルかつ直感的な作品を制作することに重点を置いています。彼は自分自身を、絵の中に自然に流れるエネルギーや動きを表現することに優れていると考えており、そのスタイルは多くの読者に愛されています。

ホラー要素が強い

シバタリアンは、グロテスクな描写や暴力的なシーンが多数含まれているため、グロ描写が苦手な方にはオススメできない場合があります。

シバタリアンは、過激な描写を多用して、生々しい残酷描写を描くことで、読者たちに強いインパクトを与えています。そのため、繊細な方やグロ描写に敏感な方には、精神的な不快感や苦痛を与える可能性があります。

一方で、シバタリアンは、深い哲学的思考や、社会的な問題提起を行う作品でもあります。暴力や残酷描写を通して、人間の本質や社会の在り方を考察し、読者たちに多くの示唆を与えます。そのため、深い思索やメッセージ性に興味がある方には、強い興味を持って読まれることもあるでしょう。

柴田に対してのいじめ描写

作品にいじめを受けるシーンがあります。それを読んで胸糞悪く感じる場合があります。いじめは、非常に深刻な問題であり、被害者にとっては非常に苦痛であり、読者としてもその苦痛や傷つきやすさを感じてしまうかもしれません。

しかし、いじめを描いた作品には、その問題を取り上げ、その解決策を提示することもあるため、それらの部分に注目することで、作品から学ぶこともできます。作品が描くメッセージやストーリーを深く理解することで、自分自身の心や社会について考えることができるため、いじめをテーマにした作品も意義深いものになる場合があります。

シバタリアンは作画の低さやグロシーンそしていじめ描写がありますが、それ以上にストーリー展開が面白いので打ち切りという可能性は低いでしょう。

スポンサーリンク

シバタリアンはバタリアンのパクリか?

シバタリアンという漫画は、バタリアンという映画から着想を得て制作されたと言われています。バタリアンは、主人公が彼女を守るために周りの人々を犠牲にしてしまうという、非常に過激なストーリーでした。彼が彼女を守れば守るほど、おぞましい怪物であるバタリアンが大量出現し、血と脳漿を撒き散らしながら新たな犠牲者を生み出してしまうというものでした。おそらくこれがパクリと言われる原因なのでしょう。

シバタリアンがバタリアンと似たようなストーリー展開を持っていることは確かですが、それがパクリであるかどうかは議論の余地があります。一般的に、パクリという言葉は、著作物の一部を無断で複製したり、模倣したりすることを指します。しかし、オマージュやインスパイアという場合には、ある作品に敬意を表して、それを参考にして自分の作品を制作することがあります。

シバタリアンがバタリアンを参考にして制作されたということは明らかですが、それがパクリであるかどうかは別問題です。オマージュやインスパイアという行為は、創造性を促進し、新たなアイデアを生み出すことができるため、芸術や文化の発展に貢献していると言えます。

スポンサーリンク

漫画rawで読むと危険!

違法な漫画rawを利用して漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法な漫画rawの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼あわせて読みたい▼

404 NOT FOUND | 漫画ネタバレ感想通信
完結漫画から最新漫画まで取り扱つかいます
スポンサーリンク

【打ち切り】シバタリアンつまらない?パクリ?大量発生はバタリアンから?まとめ

「シバタリアン」は、中学3年生の少年・佐藤が、桜の木の下で、顔だけを出して埋まっている男子・柴田を見つけたことから始まる物語です。柴田との友情の深まりと、誰も知らない彼を巡る謎が描かれています。

作品には、作画の低さやグロテスクな描写、いじめ描写が含まれているため、苦手な方にはオススメできない場合があります。しかし、作品から学ぶことやストーリー展開の面白さは打ち切りという可能性は低いでしょう。

シバタリアンは、バタリアンという映画から着想を得て制作されたと言われていますが、それがパクリであるかどうかは議論の余地があります。オマージュやインスパイアという行為は、創造性を促進し、新たなアイデアを生み出すことができるため、芸術や文化の発展に貢献していると言えます。

▼あわせて読みたい▼

【感想】シバタリアンネタバレあらすじ!読み切りではなく連載!柴田理恵もトレンド入り?
「シバタリアン」は、ジャンプ+で読み切りではなく新連載としてスタートした作品として注目されています。物語のラストシーンは強烈なインパクトを与え、多くの人々を熱狂させました。本記事では読者の感想や、なぜTwiiterで柴田理恵さんがトレンドし...