【真夜中ハートチューン】パクリ?五等分の花嫁の類似?打ち切り候補になってしまう漫画家のなのか?

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「真夜中ハートチューン」が「五等分の花嫁」のパクリで打ち切り候補になってしまうのかという懸念を招いています。このような指摘があることは、漫画家にとって厳しい状況です。一体どのような点が類似しているのでしょうか?本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【真夜中ハートチューン】あらすじ

「深夜ひとり、ベッドの上、キミの声だけが救いだった。もう一度キミと話したい。言いたいことがあるんだ」。高校2年生の山吹有栖は、「アポロ」という名の、顔も本名も知らないラジオ配信者の少女を探していた。だがある日、有栖は進学先の高校の放送部にアポロの手がかりを得る。そこにいたのは「声に関わる仕事に就く」夢を描く美少女が…4人!! アポロは誰? 4人の夢の行方は?かわいくも懸命なサクセスラブコメ、ここに開演!!

スポンサーリンク

【真夜中ハートチューン】作品情報

タイトル: 真夜中ハートチューン

著者: 五十嵐正邦

カテゴリ: 少年マンガ

出版社: 講談社

レーベル: 週刊少年マガジン

スポンサーリンク

【真夜中ハートチューン】パクリ?五等分の花嫁の類似点

可愛いキャラクターが最後に嫁候補になる

漫画「真夜中ハートチューン」は「五等分の花嫁」のように、過去に出会った特定の女の子を探す物語ですが、舞台となるのは4人の候補者たちです。

最初に登場するのは井ノ華 六花。彼女は案内役で、五月タイプの性格を持っています。次に、日芽川 寧々。彼女はツンデレであり、二乃タイプの特徴が見られます。また、霧乃 イコは即落ちするタイプで、三玖と同じくそそっかしい性格です。最後に挙げるのが、雨月 しのぶ。彼女は最初から友好的で、みんなに好かれるオーバーワーク四葉タイプの性格です。

この物語では、五等分の花嫁のような勉強の代わりに、主人公は女の子たちが声の仕事に就けるようにサポートします。

マガジン恋愛テンプレート

主人公は女の子たちが声の仕事に就けるように献身的にサポートする一方で、物語の中で強くラブコメディ要素が際立ち、その結末に向けて、この4人の中に主人公と結ばれる可能性が高い人物が描写されています。個々のヒロインに対する主人公の深い関心や魅力が、彼女たち全員が恋愛対象として成り立つ可能性を強く示唆しています。この点で、「五等分の花嫁」との共通性が見受けられます。

また、週刊少年マガジンでの連載という同じ雑誌で展開されていることや、過去に成功を収めたテンプレートを微調整している可能性も考えられます。同誌内で人気を博した作品の成功パターンを参考にしつつ、新たな要素やアプローチを取り入れ、独自の物語展開を試みているようです。このような背景から、読者にとっても親しみやすく、期待を掻き立てる要素が多く盛り込まれている可能性はあります。

王道のハーレム展開

少年誌におけるハーレム展開は、1人の男子が4人の女子に翻弄されるという要素は「五等分の花嫁」だけでなく多くの作品で見られます。しかし、『五等分の花嫁』が特に大ヒットしたのは、誰が花嫁になるのかという「謎」や「五つ子姉妹」を巧みに組み込み、他のハーレム漫画との差別化を図ったからでした。この要素が注目を集めた点が際立っています。

今後の『真夜中ハートチューン』が成功を収めるためには、その差別化が重要かもしれません。「五等分の花嫁」が成功したのは、物語の中心にある「謎」によって読者の興味を引きつけたことも大きかったです。「真夜中ハートチューン」がどのように独自性を持ち、他の作品との違いを際立たせていくかが、今後の課題と言えるでしょう。そのためには、物語やキャラクター、そして読者の想像力を掻き立てる要素など、差別化を図る施策が必要となるかもしれません。

同じマガジンという媒体なので、余計に比較されてしまうのは仕方がないことでしょう。

スポンサーリンク

【真夜中ハートチューン】パクリではない?

主人公の性格の違い

「五等分の花嫁」と「真夜中ハートチューン」の最も大きな相違点は、作品それぞれの主人公の性格にあります。まず、『真夜中ハートチューン』の主人公である山吹有栖は、一途で目指すものに向かってひたむきに努力し続ける、引っ張っていくタイプの主人公です。彼はアポロを探すという目標に全力を注ぎ、物語の進行を自ら引っ張っていく存在として描かれています。

それに対し、「五等分の花嫁」の主人公は、花嫁たちに振り回されるタイプの主人公です。彼の特徴は、女性たちからの影響を多く受け、物語の展開において彼らが主導権を握る傾向があります。この性格の違いが、両作品の根幹に位置し、物語の進行や登場人物の心情への影響に大きな影響を与えています。このような対照が、作品のテーマ性や読者の感情への訴求力において重要な役割を果たしています。

職業の違い

「五等分の花嫁」の主人公は家庭教師として勉強を教える立場であり、冷静で淡々とした性格が特徴でした。一方で、「真夜中ハートチューン」の山吹有栖は学生であり性格は情熱的であり、欲望に素直な印象を受けます。この両主人公の性格の違いにより、共感する読者層が異なってくることが考えられます。

「五等分の花嫁」の主人公は、家庭教師として責任感を持ち、冷静でありながらも深く思慮深い性格が魅力的でした。一方で、「真夜中ハートチューン」の山吹有栖は情熱的で、内面にある欲望や情熱を率直に表現する姿が印象的です。このような対照的なキャラクター性によって、異なる読者層からの共感を呼び込む可能性があります。読者は、それぞれの主人公の性格や行動に共感し、物語に感情移入することで、作品との結びつきを深めていくことでしょう。

ヒロイン設定の違い

ヒロインたちの設定には、類似点を持つキャラクターもいるものの、最も顕著な違いは、五つ子姉妹でありながら声が似通った4人のヒロインたちの魅力にあります。このユニークな要素は、漫画では伝えるのが難しい側面を持ちながら、アニメーションや映像化する際に際立つポイントとなっています。

この設定は視覚的に魅力的であり、読者は物語がアニメ映えする要素を期待していることでしょう。この期待感は、物語が視覚的な表現に適しているという予感や興奮を読者に抱かせます。また、声や表情など、キャラクターの個性や魅力がより強調されることで、物語がよりダイナミックに展開されることも期待されています。

スポンサーリンク

【真夜中ハートチューン】ネットの感想

【真夜中ハートチューン】コミックス情報

真夜中ハートチューンネタバレ:アポロ探し


高校2年生の山吹有栖は、日々の生活の中で孤独を感じつつも、夜深くなるとベッドに寝転がり、ひとりで静かなラジオ配信を聴くことが習慣となっていた。その中で、”アポロ”という名前のラジオ配信者の声が彼の心を癒やし、励ましてくれる存在となっていた。有栖はその声に救われ、もう一度その”アポロ”と会いたい、話したいという想いを強く抱いていた。

ある日、進学先の高校に入学した有栖は、放送部にアポロに関する手がかりを探すため足を運んだ。そこで彼が出会ったのは、声に関連する夢を追い求める美少女たち、六花、寧々、しのぶ、イコの4人だった。彼女たちはそれぞれ異なる夢を抱き、六花は歌手を志し、寧々は声優になりたいと願い、しのぶはアナウンサーの道を目指し、イコはVTuberとして活躍したいと考えていた。

有栖は彼女たち全員が”アポロ”の可能性を秘めているのではないかと感じ、彼女たちの夢をサポートし、プロの道へ導こうと決意する。その中で、声優を志す寧々がオーディションの練習をするため、恋愛経験がゼロの彼女の恋人役を有栖が引き受けることになった。台本にはキスシーンも含まれていたが、二人は練習をすることなくその日を終えた。

しかし、オーディションの結果は原作者の都合で彼女の不合格が決定してしまった。有栖はがっかりしつつも、彼女たちの夢を応援し、”アポロ”の謎を解き明かす旅を続けることを決意したのである。

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

漫画をお得に見れるサイト紹介!アニメ化した作品はU-NEXTが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!漫画を用途にあわせてサイトを使い分けるためのおすすめランキングや、アニメ化した作品を楽しむならU-NEXTがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは、詳しく見ていきましょう! この記...