【打ち切り】バイブマンつまらない?パクリ?ヒロアカ要素!グラグラの実も!

★漫画パクリ問題★
このページにはプロモーションが含まれています

少年ジャンプ+で本日4月20日から連載が始まった「バイブマン」は、岩井トーキ先生による最新作です。読者からの期待も高く、注目を集めています。本記事では「つまらない」「パクリ」と言われている要因を解説していきたいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

バイブマンネタバレあらすじ

特別な能力をもつ者の存在”を国が発表して10年。自分もいつかカッコイイ能力を…と願った進藤ススムは、気が付けば平凡なまま15歳に。しかし高校入学と同時にススム覚醒――するも、宿った力は少しばかり残念で…!?

スポンサーリンク

バイブマンは打ち切りされるほどつまらないの?

下ネタヒーローの限界

「バイブマン」というタイトルから下ネタヒーローのコメディー要素を期待していた読者たちは、予想とは異なる展開に戸惑いを覚えたようです。また、「ジャンプ+」という問題もあって、表現が厳しく規制される青年誌の「ヤンマガ」と比較して、本作の題材が無理があるという厳しい意見もあります。

ただ、本作品は超能力者をテーマにした作品であり、コメディー要素はあくまでも物語の一部に過ぎません。また、制限がある中で作者がどのようにストーリーを展開していくのかという点にも注目が集まっています。規制の厳しい「ジャンプ+」において、どのように物語を描くのかというチャレンジングな要素があることも、本作品の魅力の一つと言えるかもしれません。

教科書的には良いがオリジナリティーが欲しい

初回のエピソードとしては、ヘタな演出もなく教科書通りとも言える完璧な出来でした。しかしながら、オリジナリティーや個性といった点においては、何も際立った特徴が見られませんでした。主人公が振動を操る能力を持つという点は興味深いものの、その能力をどのような新しい手法で見せていくかが、今後の物語の鍵を握るのではないでしょうか。

「バイブマン」というタイトルには、下ネタヒーローといったコメディー要素が含まれていると思われますが、厳しい規制があるジャンプ+での展開ということもあり、その点においても無理があるとの指摘があるようです。今後、どのような展開でオリジナリティーや個性を打ち出していくかが、読者たちの期待を高めているのかもしれません。

教科書的には良いがオリジナリティーが欲しい

「バイブマン」の主人公が装着するチョーカーは、彼の振動を制御するために欠かせないアイテムであり、「絶対に外してはならない」と念押しされていました。しかし、彼はいとも簡単にチョーカーを外してしまい、その行為には少々の強引さを感じることができました。

本人も危険性を理解していると思われるにもかかわらず、チョーカーを外してしまった理由は何なのでしょうか。この場面から、主人公が持つ能力の強さや危険性に加えて、彼が持つ若さや軽率さが垣間見えるように思います。今後の展開にも注目が集まります。

それでも高評価されている人たちも多くいるため、すぐに打ち切りというわけでないでしょう。

スポンサーリンク

バイブマンはパクリ?ヒロアカ設定にグラグラの実!

バイブマンはヒロアカのパクリ?

「バイブマン」と「僕のヒーローアカデミア」は、共通点が多く、類似点が指摘されている作品です。両作品は、特殊な能力を持つ人々が主人公となり、人々の助けになるために力を発揮するという点で共通しています。

ただし、「僕のヒーローアカデミア」は、総人口の約8割が超常能力「個性」を持つ世界を舞台にしており、事故や災害、悪用する犯罪者から人々と社会を守るためのヒーローたちが登場します。一方、「バイブマン」は、国が特別な能力を持つ者の存在を発表して10年が経った世界を舞台にしており、主人公が能力を発揮して人々を助けるという点が共通しています。

また、両作品には、ヒーロー設定や能力設定、人助けの要素があることから、類似点が指摘されているようです。ただし、それぞれの作品には、オリジナリティや個性があり、単なるパクリというわけではありません。

「僕のヒーローアカデミア」は、主人公たちの成長や友情、戦いが描かれ、人間ドラマや感動的なストーリー展開が魅力の一つです。一方、「バイブマン」は、へっぽこ能力のヒーローが活躍するという新たな試みや、コメディー要素が取り入れられている点が魅力的です。

それぞれの作品には、独自の魅力があり、類似点はあるものの、単なるパクリとは言えません。

バイブマンはグラグラの実のパクリ?

「バイブマン」の主人公・ススムは、自分自身を振動させる能力を持った「振動人間」です。一方、「ワンピース」に登場する白ひげの能力「グラグラの実」も、振動を起こして地震を引き起こす能力を持っています。

この能力の類似性から、「バイブマン」が「ワンピース」の「グラグラの実」をパクったという指摘もあるようです。ただし、能力の要素が似ているだけで、ストーリーやキャラクター設定などは異なっているため、完全なパクリとは言い切れません。

能力ものでは似ていることやオマージュされていることも多くある為パクリと断定するのは良くないです。

スポンサーリンク

漫画rawで読むと危険!

違法な漫画rawを利用して漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法な漫画rawの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼あわせて読みたい▼

漫画を見るならまんが王国がいい口コミが多い理由!
まんが王国は無料漫画・電子コミックが3000作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信している漫画サービス。 電子書籍初心者でも安全に使えるのでオススメ。今回はそんなまんが王国の5つのメリット、ポイントを...
スポンサーリンク

【打ち切り】バイブマンつまらない?パクリ?ヒロアカ要素満載のヒーロー漫画?まとめ

「バイブマン」は下ネタヒーローのコメディー要素を期待していた読者が戸惑う展開になったが、物語のテーマは超能力者であり、コメディーはあくまでも物語の一部。作者がどのようにストーリーを展開するかが注目される。

また、ヒロアカと比較されるが、舞台設定やストーリー展開は異なる。主人公の振動能力が興味深いが、その能力をどう新しい手法で描くかが今後の鍵となる。チョーカーを外してしまった場面から主人公の若さや軽率さが見られるが、物語にはまだ打ち切りの予想は立てられない。また、バイブマンの能力が「ワンピース」のグラグラの実に似ていると指摘されているが、ストーリーやキャラクター設定が異なるため完全なパクリとは言えない。

▼あわせて読みたい▼

【感想】バイブマンネタバレあらすじ!振動を使って戦う能力バトル漫画!
本日4月20日、少年ジャンプ+にて、岩井トーキ氏による新連載「バイブマン」がスタートしました。この作品は「シェイプシフター」の作者である岩井氏が手がける最新作であり、期待が高まっています。少年ジャンプ+での連載開始ということで、今後も注目が...