【菌と鉄】パクリで打ち切り?進撃の巨人に類似?アサガミと調査兵団の違いは?

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「菌と鉄」は片山あやか先生が、別冊マガジンで連載している人気漫画です。しかし一部ネット上ではパクリや打ち切りというワードも出ております。一体どのようなことが言われているのでしょうか?本記事ではネタバレ感想やあらすじそして、進撃の巨人との類似点などを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【菌と鉄】あらすじ

『進撃の巨人』諫山創絶賛!
SF×ディストピア×サスペンス!
“最後の大型新人”が打ち立てる、新たなる金字塔!!

ここはエリアD-18。
「アミガサ」という名の世界政府によって
人類は支配されていた。
完全なる管理社会。
それを乱すのはただ一人‥‥
この物語の主人公、ダンテのみだった。

スポンサーリンク

【菌と鉄】作品情報

タイトル: 菌と鉄

著者: 片山あやか

カテゴリ: 少年マンガ

出版社: 講談社

レーベル: 別冊少年マガジン

スポンサーリンク

【菌と鉄】進撃の巨人のパクリ?

「菌と鉄」が「進撃の巨人」のパクリという声が存在していますが、実際のところ、この指摘はどれほど正確なのでしょうか。具体的には、どの部分が指摘の対象となっているのでしょうか。

外の世界に興味がある主人公

「菌と鉄」は、SFサスペンスの舞台となる作品で、そこでは人類が菌類に支配され、あらゆる自由が奪われた未来の世界が描かれています。物語は、政府によって支配された「エリアD-18」と呼ばれる場所で展開されており、主人公の兵士・ダンテは、この支配体制に疑問を抱きながらも外の世界に興味を抱いています。

同様に、「進撃の巨人」の主人公であるエレンも、物語の舞台となる巨人に支配された世界で、外の世界に対する好奇心を抱いていました。この両作品において、主人公たちが支配された状況に疑問を抱き、外の世界への探究心を秘めている点には類似性が見受けられます。

閉鎖的空間での洗脳

「菌と鉄」のアサガミ部隊は、閉鎖的なエリアD-18と呼ばれる都市内で活動し、菌によって脳みそを制御されています。この支配を受けた人々は強力な洗脳により絶対的な命令従順性を抱え、その影響下では自己の意志を排除されるとともに、閉鎖的な街の中で独自の支配構造が形成されています。

同様に、「進撃の巨人」では、パラディ島という閉鎖的な島内で始祖ユミルの力を駆使して巨人を操ることが可能であり、過去の記憶を巡る力を行使してエルディア人を洗脳し誘導することができます。こうした共通点から、どちらの作品も閉鎖的な環境における支配と洗脳があり、その要素が物語の展開は類似しているようにも見えます。

スパイが潜り込んでいる

「菌と鉄」では、物語の焦点がアサガミ側に置かれながらも、エーテルとの対立が根底に存在し、その中で物語が進展しています。興味深いことに、エーテル側の人間がアサガミに潜入している状況が描かれています。この展開は、「進撃の巨人」においてもパラディ島を中心に物語が進んでいる中で、対立しているマーレ軍の人間が潜入しているという点と興味深い類似性が見受けられます。

両作品ともに、中心的な陣営に対抗する者が敵陣に潜り込むという筋書きが共通している点があります。

スポンサーリンク

【菌と鉄】打ち切りの可能性は低い!

パクリと言われていますが、現状は全く違う内容ではあります。さらに別冊マガジンでの評価は高く打ち切りの可能性は低いです。

進撃のファンが気に入る可能性

「菌と鉄」は、諫山創が絶賛した作品であり、その背景から見ると、急激な打ち切りの可能性は低いでしょう。確かに、「進撃の巨人」との類似性が指摘されていますが、逆に言えば、「進撃の巨人」のファンがこの作品に惹かれる可能性が高いです。

この作品は別冊マガジンで最も推されているSF作品の一つであり、Xでも注目を集めていることから、打ち切りのリスクは極めて低いと考えられます。

設定も全く違う

人類がキノコによって支配された未来。最初は戸惑いを覚えましたが、そのキノコが持つ驚異的な力に目を通すと、人間の限られた発想では到底理解できない存在であることが浮かび上がります。キノコは、人類が抱えるさまざまな課題にぶち当たる。この要素は進撃の巨人には見られない注目ポイント。

そして人類は無駄な抵抗を捨て、菌類の統治に従うべきであるとの主張が繰り広げられます。この選択が人類にとって真にふさわしい幸福であることが鮮やかに描かれているところも注目です。卑劣な人間と高貴なキノコといったコントラストが見事に表現され、物語の中でキノコの支配が際立つ構図が描かれています。

進撃の巨人が好きな人にはおすすめの漫画です。

スポンサーリンク

【菌と鉄】コミックス情報

菌と鉄ネタバレ1巻


「アミガサ」という作品は、厳格な統制下にある世界を描いています。人々は完全に管理された社会で、日々同じルーチンに従い、特定のエリア内での生活を送っています。この支配体制を破るために立ち上がるのは、主人公の「ダンテ」だけです。

彼は「アミガサ」に疑問を抱き、ある日、極秘任務でエリアの外へ向かいます。しかし、その任務で彼は仲間を失い、唯一生き残ります。その出会いがきっかけで、彼の信念に変化が生まれます。

『アミガサ』は巧妙なストーリー展開で、ダンテが管理社会の枠組みを覆すために葛藤し、新たな真実を見つけていく過程を描いています。彼が出会う「アオイ」という反乱軍のメンバーは、物語にさらなる深みを与えます。

菌と鉄ネタバレ2巻


人類は、キノコによって支配されていました。キノコは脳に寄生し、自由と思考を奪い、管理社会を作り上げました。

しかし、この社会にイレギュラーが現れました。最強の戦士であるダンテは、ある少女との出会いをきっかけに、この世界の秩序を覆す決意を固めました。

彼は弱さゆえに、命をかけて希望を守ってきました。待ち望んでいたその時、エーテルのグラント率いる反乱軍が総攻撃を開始します。

アミガサの最高幹部である「創まりの5人」が立ちはだかり、この星の頂点に立つ博士の計算を狂わせることができるのは、「エーテル最後の希望」ダンテです。

壮絶な戦いの中で、仲間との別れや出会いが、ダンテの心と拳を鍛えていきます。人類は多大な犠牲の上に夢を見た―「全能の菌類」の撲滅の夢を。

反乱組織「エーテル」と「創まりの5人」による戦いが最終局面に突入します。ダンテはエーテルの仲間になりましたが、緊急連絡でアオイがアミガサに捕らえられたことが分かります。更に、グラントからの指令ではアミガサに総攻撃が仕掛けられます。

敵は「創まりの5人」と「博士」。博士に寄生しているアミガサタケは地球最大の生物で、地球全土に菌糸を伸ばしています。地上での攻撃は困難で、エーテルは軍事衛星を用いて宇宙から攻撃することに決めました。

エーテルは旧時代の軍事衛星を利用し、その中には「コードネーム・See」がいます。彼は地球全土を見渡す能力を持っています。しかし、ダンテの前に現れたのは「コードネーム・GAN」。漆黒の鎧に身を包んだ男です。

ダンテのチームが作戦を実行するためにはGANとの闘いが不可欠です。反乱組織「エーテル」とアミガサ最強「創まりの5人」の激しい戦いが始まります。

エーテルの希望は、グラントの「いくつもの分岐する未来を見る力」にかかっています。彼の決断により、多くの仲間たちが犠牲になりますが、どの未来にも存在しなかったダンテに希望を託します。

菌と鉄ネタバレ3巻


人類は菌類によって支配され、自由と思考を奪われた“管理社会”の中で苦しんでいました。

しかし、最強の兵士であるダンテは、ひとりの少女との出会いを契機にこの世界の秩序を覆すことを決意しました。

作戦は失敗に終わり、エーテルは仲間も物資もすべてを失いました。それでも、指揮官たちは絶望することを許されませんでした。

逃げ落ちた場所で、ダンテ達は人類の生存への執念を試す恐るべき光景に直面しました。敗北と絶望の先に、人類の執念を持つ異形が待ち構えていました。

時は流れ、2023年、アミガサタケが世界各地で大量発生し、生態系が急速に変化していきます。そして、アミガサ本部が崩壊した現在、グラント率いるエーテルは全てを失い、彼は仲間を囮にして逃亡します。

2043年、20年が経ち、アミガサタケの大量発生により菌類が異常に繁殖し、多くの植物や動物が失われました。生物学会会議では、ターボと斎藤の学者ふたりが20年間「キノコは敵だ」と訴えていましたが、相手にされずにいました。

この危機的状況に、過激派武装組織『アミガサ』が先進国にも侵入し始めます。各国の精鋭部隊も、予期せぬ自然現象によって壊滅していました。そして、ターボと斎藤はマイク・コールマンに呼ばれ、話を聞くことになります。

ダンテたちは敗北と絶望の果てに、『エーテルの創始者』たちと出会いました。彼らは共に戦うことを提案しましたが、果たして彼らの運命はどうなるのでしょうか?そして、タカのアザの男は味方になるのか?

菌と鉄ネタバレ4巻


エーテルと旧人類が出会い、エーテルに希望の光をもたらしました。この出来事がアミガサへの再抵抗計画を再び動かしました。最も力を持つ「アザ持ち」たちを味方にするため、ダンテはアミガサ研究所への潜入に成功しました。しかしそこで彼を待ち受けていたのは、「創まりの5人」との遭遇で、彼らとの激しい争いが始まりました。これが、真の逆襲の幕開けです。

アミガサ研究所での緊迫した展開は、最強の兵士であるアザ持ちたちによる生存競争へと発展しています。「最終目標」はアザの者たちを仲間に加えることです。アミガサ研究所への潜入作戦が始まり、世界各地で数時間ごとに旧世界の痕跡が現れるようになりました。そして、研究所には「タカのアザを持つ男」が侵入していましたが、周囲は既に厳重な警備体制に入っていました。

ダンテは仲間にするべく、ワニやシャチのアザの男たちに加え、タカの男も仲間にしようとしますが、タカの男はエーテルの行動によって一族が皆殺しにされたことに怒り、ダンテと対立します。

進路を見失ったダンテはギンの教えを思い出し、読めない文字から周囲の情報を読み取ろうとしますが、その時、「ワニのアザの男」に捕まってしまいます。そこには同様に捕まったタカのアザの男の仲間たちもいました。研究所の所長が現れ、ダンテに問いかけます。「君たちがエーテルによって最後の人間性を奪われるのだ。なぜ争わずに生きていく世界で、なぜ戦わなければならないのか?」しかし、ダンテはその問いに答えられず、兵士たちが現れます。ダンテは仕込んでいた爆弾を使い兵士たちを爆破し、ワニのアザの男との戦いを始める前にタカの男が姿を現します。

しかし、菌に感染したタカの男のせいで、ダンテも「寄生菌」に感染し、菌の活動を弱めるために共同作業することになります。最終的に、二人は菌を操るアザ持ち・ニコライとの戦いに突入します。果たして、この戦いの結末はどうなるでしょうか?そして、「タカのアザの男」はダンテたちエーテルの仲間になるのでしょうか?

菌と鉄ネタバレ5巻

【菌と鉄】ネットの感想

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...