姫野先輩死亡!生きてる説あり?チェンソーマンアニメ8話「銃声」ネタバレ感想レビュー!

calendar

秋アニメ大注目されているアニメ「チェンソーマン」。11月30日に放送された第8話「銃声」では、重要キャラクターだと思われていた姫野先輩が死亡したところでエンディングを迎えました。

あまりにも呆気なく死亡されたことから生きてる説が出てきているようです。

今回の記事はチェンソーマンのネタバレが含まれておりますので気をつけて下さい。

姫野先輩死亡回の振り返り


衝撃的なファーストキスを経験したデンジ。

早川アキのモーニングルーティーンと同じ時間感覚を彷彿させるような演出から本編がスタート。

酔いつぶれたまま勢いそのままに姫野先輩の自宅にかつぎこまれ、誘惑されるもポケットに入っていたチュッパチャップスでデンジはマキマのことを思い出し、結局姫野の誘惑を断ち切り、無事に一夜を終えました。

目が覚め姫野先輩とデンジはお互いの好きな人の話をして同盟を結ぶ。恋愛トークで盛り上がるデンジ。ぶっ壊された人生を少しづつ修繕していくようにも見えた。

そんな日常から一変。後半パートからジェットコースターのような絶望展開が襲ってくる。

移動中のマキマ射殺されたあと、畳み掛けるように「サムライソード」がデンジ達に牙を向いてくる。

アキが狐の悪魔、呪いの悪魔を使いサムライソードを圧倒するがすぐに復活。アキを殺されたくない姫野先輩は、「私の全部をあげるから、ゴーストの全部使わせて」と言い放ち、幽霊の悪魔を使い自分の命を犠牲にして、サムライソードに攻撃をしかける。

あと少しで倒せると思ったその時、サムライソードのバディーである「沢渡アカネ」が力を発揮。「蛇、丸呑み」と静かに囁いた瞬間、幽霊の悪魔が呆気なく巨大な白蛇に丸呑みされてしまう。

絶望するアキが目にしたのは、姫野さんを象徴する眼帯だけだった。

ゲロチュー、ビールチュー、親みやすい陽気な先輩。感情移入する間もなく翌週死亡。なんて静かで鮮烈な最期なんでしょう。

姫野先輩は生きている説

姫野先輩は沢渡アカネの蛇の悪魔に丸呑みにされ、完全に消滅されたと考えられます。残されたのは姫野先輩の衣服のみ。悪魔との契約はチェンソーマン作中では絶対に覆らない要素。「私の全部をあげるから」というセリフから察するに、間違いなくこの世から消え去ったと考えられます。

姫野先輩生きている説理由1

原作のネタバレになってしまいますが、マキマが死亡後、転生をし中国でナユタとして生まれ変わることができました。転生が確定されたと確信できる理由として、ナユタがデンジの指に噛み付いたことでリンクする場面があるからです。

初めてマキマさんの胸を揉むシーンで「私の噛む力で私だってわかるくらい覚えて」と告げた伏線回収とも思われるでしょう。ナユタがマキマの転生した姿だということは間違いないでしょう。

姫野先輩生きている説理由2

幽霊の悪魔との契約で「私の全部をあげるから」と告げたものの、姫野先輩自身の遺体がないことも生きている可能性があるということ。

これまでチェンソーマン作中で完全に死亡する場合は、遺体がきちんと描かれてきました。姫野のような感じで、消失したりはしていません。もしかしたら消滅ではなく別のどこかに肉体が飛ばされた可能性も。

地獄や転生という概念が存在するのであればなおさらです。

姫野先輩生きている説理由3

消滅でもなく、肉体移動でもなく姫野先輩が幽霊の悪魔そのものになったという可能性もあります。

幽霊の悪魔の契約「私の全てをあげる」のセリフを意図が、死亡して幽霊の悪魔になることだった場合、姫野先輩はこの世に未練を残したままさまよい続けていることになります。

幽霊の悪魔自体は、死んでも地獄で生まれ変わり、再び現世に生まれ変わりますからね。

姫野先輩は生きている説はありえない?

上記を踏まえると姫野先輩も生きている説というよりも、別の形になって復活する展開もあるのかと彷彿させます。

しかし姫野先輩はマキマやパワーと違い、チェンソーマンの中では悪魔と契約をしている一般的な人間。

復活する可能性は極めて低いのかなと個人的には思います。チェンソーマンの登場人物の中で最速で死亡してしまう姫野先輩。誰もが予想しなかった秒速の死亡展開は、読者に衝撃を与えました。

その衝撃や余韻が全て台無しになってしまう。作者も無理に生き返らすことはしないでしょう。物語にどうしても必要な人物かと言われたらそんなことはない。

姫野先輩死亡!生きてる説あり?のまとめ

今回はチェンソーマンの作中で死亡した姫野先輩の生きている節をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

チェンソーマンは推しを作ってはならないと揶揄されるほど。次々と登場人物が死亡していきます。その最初の死亡人物が姫野先輩。生きている節はありますが、物語のことや辻褄を考えると生き返らせない方が個人的には良いと感じます。

展開に盛り上がりを見せエンジンがかかってきたチェンソーマン。ここからが本領発揮といったところでしょうか。今後もアニメ見せ方に期待。

チェンソーマンは鬱展開がエグい!トラウマ地獄なのに評価される理由!こちらの記事もお勧めです。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業