【微妙】地獄楽アニメつまらない?1話をみたネットの反応が酷い!

ミニオンズフィーバーつまらない未分類
このページにはプロモーションが含まれています

地獄楽はジャンプ+で人気だった漫画作品。アニメが4月1日に放送されたことが話題になった。本記事では地獄楽のアニメが「つまらない」「微妙」と思った視聴者の感想や、ネットの反応を紹介して行きたいと思います。

スポンサーリンク

地獄楽あらすじ

『地獄楽』は、賀来ゆうじによる日本の漫画。ウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』(集英社、以下『J+』)2018年1月22日より2021年1月25日まで毎週月曜更新で連載された。

主人公の画眉丸(がびまる)は、過去には最強の忍者として畏れられていましたが、最愛の妻との平和な暮らしを望み、人斬り稼業から足を洗おうとしていました。しかしその思いが叶わず、結局死罪人として囚われてしまいます。さらに、打ち首執行人である山田浅ェ門佐切(やまだあさえもん さぎり)から、無罪放免になるためには孤島に行き、「不老不死の仙薬」を手に入れる条件を出されます。

こうして、画眉丸と佐切は、孤島でそれぞれの異能を駆使しながら、奇怪な化け物や他の罪人と戦うダークファンタジーが展開されます。孤島は極楽浄土と噂される場所で、不老不死の仙薬があるとされていますが、その噂が本当かどうかは不明です。画眉丸と佐切は、この孤島で様々な試練に直面しながら、目的を果たすために奮闘します。

「地獄楽」は、江戸時代後期を舞台に、異能力者たちが繰り広げるダークファンタジーです。画眉丸や佐切の活躍をはじめ、個性的なキャラクターや戦闘シーン、ドラマティックなストーリー展開が魅力的です。漫画の連載は、2018年1月22日から2021年1月25日まで、「少年ジャンプ+」にて毎週月曜日に発表され、全13巻、全127話が刊行されています。

スポンサーリンク

地獄楽アニメ化決定!


「地獄楽」とは、賀来ゆうじによる日本の漫画で、集英社のウェブコミック配信サイト「少年ジャンプ+」にて2018年1月22日から2021年1月25日まで、毎週月曜日に連載されました。賀来にとっては2作目の連載作品であり、江戸時代後期を舞台に、死罪人・画眉丸たちが不老不死の仙薬を探すために忍法を駆使する冒険を描いた「忍法浪漫」です。全13巻、全127話が発表されました。

2023年4月1日よりテレビ東京系列ほかでアニメ化され、制作は「MAPPA」、監督は牧田佳織氏、シリーズ構成は金田一明氏、キャラクターデザインは久木晃嗣氏、音楽は出羽良彰氏が担当し、ツインエンジンが製作を手掛けます。アニメ化によって、「地獄楽」の世界観やキャラクターたちが、より多くの人々に広く知られることを期待しています。

スポンサーリンク

地獄楽アニメつまらない微妙の理由は?

1話最大の見せ所の忍法の迫力がない

「地獄楽」の1話を見て、正直なところ、「地獄楽」という作品が過大評価されているのではないかと思ってしまいました。アニメのクオリティや原作に微妙な部分があり、期待ハズレだったと感じました。

個人的には、忍法で炎を出した後の戦闘シーンをアニオリで追加し、よりダイナミックに描くことで、もっと盛り上がりを増やせたのではないかと思います。しかし、現時点では2話以降で面白くなってほしいという期待が残りますが、先行きに不安を感じてしまいます。

「地獄楽」がどういう方向性で進んでいくのか、今後の展開によっては打ち切りになってしまう可能性もあるかもしれません。ただ、制作陣が改善点を把握し、作品のクオリティを上げてくれることを期待しています。

グロくて子供には見せにくい

「地獄楽」には、戦闘シーンが多く、その中で血が流れる描写も存在します。これは、物語の性格上、戦いが必要不可欠な要素であるため、避けられない側面かもしれません。

ただ、特にこの作品では、キャラクターたちが殺されたり、重傷を負ったりするシーンが非常に多いため、血の量も相応に多くなってしまいました。最初は仙薬を探す旅の物語であるため、多少の血の描写は覚悟していた視聴者もいたかもしれませんが、それほど多くの血が流れるとは予想していなかった人も多かったのではないでしょうか。そのため、怖くてつまらなく感じてしまう人もいたかもしれません。

などが挙げられました

スポンサーリンク

地獄楽アニメは面白いという意見!

「地獄楽」の1話については、状況の説明やキャラクターの開示、目的の提示、能力の紹介など、あらゆる面で非常に充実していると評価されています。この1話では、主人公たちが孤島で探すことになる「不老不死の仙薬」の存在や、その仙薬を手に入れることができれば無罪放免になれるという条件が明確に示されます。

また、主人公である画眉丸と打ち首執行人の佐切のコンビが紹介され、互いの異能力や性格の違いが明確に描かれています。その凸凹バディの組み合わせから、今後の展開に期待が高まるという声もあります。

さらに、本作の魅力である異能力者たちの戦いも、1話でしっかりと描写されています。画眉丸や佐切の戦いに加えて、他の罪人たちや、孤島に生息する奇怪な生物たちとの戦いも展開され、作品の世界観やストーリーに深みを与えています。

このように、1話では多くの要素が詰まっており、状況設定やキャラクターの紹介、戦闘シーンなどがうまくバランスよく描かれているという評価が多く見られます。これからの展開がますます楽しみな作品と言えるでしょう。

スポンサーリンク

地獄楽1話をみたネットの反応が酷い!

【微妙】地獄楽アニメつまらない?1話をみたネットの反応が酷い!まとめ

「地獄楽」は賀来ゆうじによる日本の漫画で、2018年から2021年まで集英社のウェブコミック配信サイト「少年ジャンプ+」で連載されました。江戸時代後期を舞台に、死罪人・画眉丸たちが不老不死の仙薬を探すために忍法を駆使する冒険を描いた「忍法浪漫」で、全13巻、全127話が発表されました。2023年4月1日よりテレビ東京系列ほかでアニメ化され、制作陣が改善点を把握し、作品のクオリティを上げることが期待されています。

「地獄楽」のアニメ化に対しては、一部の視聴者からは1話の見せ所である忍法の迫力不足や、グロい描写が子供向けではないといった批判的な意見もありました。一方で、1話には状況設定やキャラクターの紹介、戦闘シーンなどがうまくバランスよく描かれており、多くの要素が詰まっているという評価も見られました。特に、主人公である画眉丸と打ち首執行人の佐切のコンビの組み合わせに期待が高まっています。

今後の展開には不安が残る一方で、改善点を把握し、作品のクオリティを上げることで、より多くの人々に「地獄楽」の世界観やキャラクターたちが広く知られることを期待しています。

▼あわせて読みたい▼

【悲報】チェンソーマン円盤売上爆死?ぼっち・ざ・ろっく!に敗北か?
チェンソーマンの円盤売り上げが爆死状態ということがネットで話題になっている。成功が約束されたアニメ化だったがAmazonでの売れ筋ランキングの推移はあまり好調ではないようだ。 本当にこのまま売上が爆死になってしまうのでしょうか? ...