【悲報】大東京鬼嫁伝パクリで打ち切り?今年に入ってからは最短か?

★漫画の話題★
このページにはプロモーションが含まれています

大東京鬼嫁伝で今週のジャンプで打ち切りになったことが明らかになりました。こちらの作品は過去にパクリとも言われていたことがありました。一体どのようなところを指摘されていたのでしょうか?またどうして打ち切りになってしまったのでしょう。本記事ではそれらを深掘りして行きたいと思います。

スポンサーリンク

大東京鬼嫁伝あらすじ

子どもの頃に交わした結婚の約束を果たすため、鬼の姿をしたもののけ少女、愛火童子が高校生・花札進太のもとにやってくる! 進太の身に降りかかる災いを払い除けるために二人は同居することになって、平穏な日常は一変!? もののけが蔓延る東京で巻き起こるバトル&コメディ、開幕!

スポンサーリンク

大東京鬼嫁伝はパクリ?


『大東京鬼嫁伝』は、週刊少年ジャンプで連載されている、仲間只一さんによるラブコメ漫画です。鬼の少女と人間の男子高校生が織り成すストーリーで、掲載が始まるとすぐに話題になりました。そんな作品にどうしてパクリ説が出てしまったのか?

人間と異世界の生物のラブストーリー

『ルリドラゴン』との類似点が指摘され、ネット上で話題になっています。『ルリドラゴン』は、ジャンプで連載されていた作品で、異世界に迷い込んだ主人公が、美少女ドラゴンたちとの恋愛模様を描いたラブコメ作品です。

両作品には、人間と異世界の生物のラブストーリーという共通点があり、そのために似ているという指摘が出ています。ただし、物語の設定やストーリー展開は異なるため、完全なコピーというわけではありません。

『大東京鬼嫁伝』と『ルリドラゴン』の共通点が話題になっている一方で、『大東京鬼嫁伝』自体は依然として多くの読者から支持を受けています。今後、この作品がどのような展開を見せるのか、注目が集まっています。

技名が似ている

『大東京鬼嫁伝』のヒロイン・愛火童子が使う必殺技の名前に数字が使われていることが指摘され、それが『鬼滅の刃』の影響を受けたものだという声が上がっています。愛火童子の技名は『壱の技 変幻魄刀』であり、『壱』という数字が使われています。一方、『鬼滅の刃』の主人公・炭治郎が最初に覚えた水の呼吸の技名は『壱ノ型 水面斬り』で、こちらも『壱』という数字が使われています。

『鬼滅の刃』では、主人公の炭治郎が古から鬼を退治してきた組織である鬼殺隊に入隊し、鬼を退治する術を学ぶストーリーが描かれます。この作品が大きな話題を呼び、多くの作品に影響を与えたことは間違いありません。『大東京鬼嫁伝』の技名が『鬼滅の刃』に影響を受けたものであるかどうかは明確ではありませんが、技名に数字を使うという点で類似点があることは確かです。

世界観の類似

『ぬらりひょんの孫』は、中学生のリクオが実はぬらりひょんの孫であり、妖怪たちと付き合いながらも学校生活を送るという物語です。一方、『あやかしトライアングル』は、妖と戦う忍者である祭里が、幼馴染のすずを守るために戦っていましたが、ある時シロガネという妖に男から女へと変身させられてしまうというストーリーです。

これらの作品は、現代日本を舞台に、妖怪や妖が存在する世界で物語が展開されるという点で『大東京鬼嫁伝』と共通しています。

スポンサーリンク

大東京鬼嫁伝は打ち切り

『大東京鬼嫁伝』は、初の連載作品である仲間只一先生によるバトルコメディ漫画であり、主人公のじんたと鬼の愛火が結婚を誓う物語です。この作品は、妖怪がはびこる現代日本が舞台で、妖怪達が活躍する点が特徴でした。

しかしながら、ストーリー展開がワンパターンであるとの指摘が多く、人気が低迷していました。アンケートも悪化し、29話で打ち切りとなりました。前回の話で新章の始まりかのような引きであったものの、ストーリー性が乏しく、ぶん投げとはならず円満に終了したと言えます。また、画の線が細くなり、劣化したように見えたことも指摘されています。作者の絵柄は決して下手ではないものの、特に頭に残らないようなものであったという印象があります。

打ち切りが決まったためかどうかは不明ですが、作中での女性キャラがじんたに手を出し、愛火がキレるというパターンが何度も繰り返され、読者からの批判を浴びました。この作品がバトル漫画なのかギャグ漫画なのかもはっきりせず、作者が何を伝えたかったのかもよく分かりませんでした。

スポンサーリンク

大東京鬼嫁伝は打ち切りに対するネットの声

スポンサーリンク

【悲報】大東京鬼嫁伝パクリで打ち切り?今年に入ってからは最短か?まとめ

『大東京鬼嫁伝』は、仲間只一先生による初の連載作品であり、主人公のじんたと鬼の愛火が結婚を誓うバトルコメディ漫画でした。しかしながら、ストーリー展開がワンパターンであるとの批判が多く、29話で打ち切りとなりました。

『ルリドラゴン』との類似点や『鬼滅の刃』に影響を受けたと思われる技名についても指摘があった一方、『ぬらりひょんの孫』や『あやかしトライアングル』との世界観の類似点があることも注目されました。作品については、バトル漫画なのかギャグ漫画なのか、作者が何を伝えたかったのかも明確ではありませんでした。次回作に期待。

▼あわせて読みたい▼

【悲報】暗号学園いろは打ち切りか?ジャンプアンケートでビリ!原因は文字だらけか?
暗号学園いろはは週刊少年ジャンプ本誌に掲載されており、物語シリーズを手掛けた西尾先生が関わっていることで話題になった漫画です。 しかし暗号学園いろはのジャンプ掲載順位がアンケートによってビリになって打ち切りの可能性が示唆されるようになりま...