【考察】一ノ瀬家の大罪のタイムリープ条件や目的とは?10話「翔の消失」ネタバレ考察!

未分類

10話にて父親である翔(かける)の様々な衝撃発言から一ノ瀬の大罪はタイムループものだと判明しました。まずはまた何もわからなかった発言の真意です第1話から9話までの記憶喪失後の生活が一ノ瀬家にとって初めてではないという意味ですね。

今回は10話を深掘り考察していきたいと思います。タイムリープする条件や目的とは?ネタバレを含みますのでまだ読んでいない方は気をつけてください。

スポンサーリンク

一ノ瀬家の大罪はタイムリープする作品確定


ジャンプ最新号にて一ノ瀬家の大罪ラストで父親である翔が家族旅行で福岡に行った際わざと事故を起こしました。主人公である翼が目覚めた場所が1話と全く同じ病院であったことや、セリフの一言一句に至るまで同じ会話だったことからタイムリープしていることが確定しました。

そうなると事故と記憶喪失はすでに何度も起こっていて福井県での事故がきっかけとなり時間軸が戻っては繰り返されているのです。つまり一ノ瀬の大罪はループものでありタコピーの現在のように超常現象が起きる作品と確定しました。

時間が戻っていないなら何度も記憶喪失する家族は世間の話題になりますし祖父母は複数回の事故に耐えられませんからね。

スポンサーリンク

タイムリープのトリガーは一体なんなのか?

タイムループのトリガーは福井の崖での事故

タイムリープに必要な条件が死であれば、遠回りして福井県の崖までいって事故を起こす必要がありません。

1話の事故も福井県での事故から記憶喪失になったということもあり、あの場所で事故を起こさなければタイムリープが成立しないという可能性があります。

翔が持ってきた飲み物

車の中にあった飲み物を飲むことでタイムリープのトリガーになっている説です。

翔がクーラーボックスのジュースを飲むように誘導しているコマがあります。眠剤が入っていて眠らせるために飲ませた可能性もありますが、眠らせることもタイムリープに必要な条件ということもあり得そうです。

キャラクターの固有能力

前作タコピーでも超常現象を起こせる設定。今回もタイムリープすることが確定したため、ファンタジー要素が他にもある説が浮上してきます。

考えられるものとしてはキャラクターがもつ固有の能力でタイムリープができるといったもの。翔がループさせる能力者だった場合辻褄があいます。

スポンサーリンク

一ノ瀬家をタイムリープさせる何か目的とは?

裏で翔を操る謎の組織が存在する可能性もあるということ。「なんで中島君に自分のこと聞かなかった」発言は翔が翼の学校での行動や言動をなぜか全て把握していることを意味しています。

第9話で翼が詩織のアプリを消した時のことも翔はなぜか知っていましたね。翼の部屋の中でのやり取りを出勤中で家にいない翔が知るのは不自然ですなぜ翔は翼の行動を全て把握しているのでしょうか?考えられる可能性はいくつかあります。

部屋や学校に隠しカメラが設置されているということ。翼のスマホにストーカーアプリが仕込まれている翔は翼の外出先でのやり取りも全て知っているので翼がどこにいるのかをスマホのGPSで常に把握していてマイクから拾った音声で会話内容も把握していそうです。

翔個人がこの状況を全て手配できるはずがないので一家の裏には謎の組織が存在していて翔に指示を出している場合も。

一ノ瀬を使った実験をしているが今回の記憶喪失後のループでは理想的な成果が得られなかったので翔に対して家族旅行で再び事故を起こせと指示を出し旅行用の車を手配したり即落ちで6時間以上起きない睡眠薬をしたのでしょう。

朝10時に家を出て2時間かけて栃木県の日光に向かう予定だったところを福井県の方に向かって6時間以上車を走らせて夜になるまでわざわざ運転していたのも前回と同じ場所で事故を起こせと指示があったからです。

また翔の「僕も気づくのが遅れちゃった」発言は自分以外の家族が違和感に気づいているか家族の誰かも謎の組織の協力者という意味でしょう。記憶喪失の一ノ瀬家を受け入れていた病院や監視カメラが仕掛けてあるのではないでしょうか?

学校も謎の組織の支配下にあった可能性も考えられますね翔が事故を起こす直前に言った「ごめんね」発言はループや記憶喪失を望んでいるわけではないがそうするしかないという事情があることがわかります。

「ごめん」の後の「どうか」発言も意味深です。翼が過去の問題に向き合わなかったことが今回のループする目的となっているのでしょう。

どうか今度こそ僕の代わりにうまく家族の罪を生産して一ノ瀬家を何とかしてくれという翔の願いが込められているのでしょうか?

翔の消失後に入れ替わる父

黒髪の翔の代わりに出てきた金髪の翔も伏線だらけです。事故から目覚めた家族が記憶喪失という展開は第1話の完全な再現であり構図や発言も完全に一致していましたね。

唯一違ったのが金髪の翔の存在です翼に対してくん付けをしていないのが特徴で前の翔よりも社交的で明るい人物のようです。

前回のメンバーでは失敗したので新しい父親を送り込んで新たな展開を引き起こそうとする首謀者が存在します。

何度も起きている記憶喪失ループのたびに一ノ瀬家のメンバーが一人ずつ交代しているのかもしれません。

1話で出てきた家族写真には黒髪の翔がいましたが次回以降で家族写真が新たなものにすり替わるかが注目ですね。



一ノ瀬家の大罪コミックス情報

1巻あらすじ

一ノ瀬翼は、事故で記憶を失ってしまった中学生。無事に家族と対面するも、彼らも事故で全員記憶喪失になっていた。記憶を取り戻すために嘘の思い出話で絆を深めた翼たちだが、自宅に帰ってみると自分たちは思っていたような家族ではなかった事に気付かされ──!?

2巻あらすじ

詩織の秘密を知った翼は、自分に相談しろと言って彼女と喧嘩になってしまう。翔の助言で背中を押された翼は、詩織を捜して夜の街へと駆け出すのだった! その後、翔が申し込んだ社員旅行に全員で参加する事になった一ノ瀬家を待ち受けていたのは──!?

3巻あらすじ

耕三によって明かされた、自分たちは2000回もループを繰り返しているという衝撃の事実…。翼は偽の翔に何が起きているのかを問い質す。事故の秘密を知れば全てがわかると伝えられた翼たちは手がかりとなりそうなアルバムを見つけて──!?

一ノ瀬家の大罪のタイムリープ条件や目的とはまとめ

翼は過去の情報を調べないのかという読者全員の疑問に対してそのせいで今回のループは失敗したことが明らかになりました。

また一ノ瀬の過去の様子に注目するとみんな肩を落としている中で父親だけ手を上げているのも見逃せませんね。

翼が詩織との関係に悩んでいた時にベンチにいる翼に話しかけたのも翼を監視していて偶然を装っただけなのでしょう。自分が本当の父親ではないと知っていたからこそ父親なら詳しい事情を聞いた方が良いと正しい振る舞いを模索していたのか?

家族やリビングにもたくさんの謎が隠されています。記憶喪失の数だけしか壁に書かれてるのだろうか?翼のスマホの暗証番号は何なのか?旅行の話の時に母親が気まずい顔なのはなぜか今後も一ノ瀬家の大罪の謎を考察していきます。

一ノ瀬家の大罪結末はどうなる?双子の7人目の可能性?七つの大罪の関連性は?考察ネタバレ感想レビュー!こちらの記事も読まれています。

タイトルとURLをコピーしました