【悲報】東リベ2期パクリOP?ディズニープラス独占で批判の声?

calendar

reload

【悲報】東リベ2期パクリOP?ディズニープラス独占で批判の声?

東京リベンジャーズ(東リベ)の2期が1月7日から放送開始された。しかし2期のOPのパクリ疑惑であったり、ディズニープラス独占配信ということでネット上では批判的な声が。一体どうゆうことなのでしょうか?

東リベ2期あらすじ

『東京リベンジャーズ』は、第44回「講談社漫画賞」の少年部門を受賞し、累計部数6500万部を超える和久井健によるマンガ『東京卍リベンジャーズ』を原作とする“下剋上リベンジ・サスペンス”。『聖夜決戦編』は社会現象と化したシリーズの続編で、原作でも話題となったエピソードを描く。
“中学時代の恋人・日向(ヒナタ)が東京卍會の抗争に巻き込まれて死亡する”という運命を変えるべく、タイムリープし奮闘を続けるタケミチと東京卍會が黒龍(ブラックドラゴン)と対峙する。

東リベ2期のOPがとあるのパクリと疑問

1月1日に突如更新された東リベ2期のOPであるOfficial髭男dism「ホワイトノイズ」が話題になった。聖夜決戦編をイメージしたOP映像が美麗に描かれ胸を打たれるような演出に心が踊った。

しかし一部映像が、TVアニメとある魔術の禁書目録」後期OP「masterpiec」のパクリではないかと話題に。

上記がOP映像の比較です。よくある演出といえばそう認識できますが、確かにカット割りや構図が似過ぎていると感じる。作品との共通点や、オマージュだとしてもとある魔術の禁書目録の名シーンという訳ではないことからパクリと断定されてしまったのでしょう。

東リベ2期はディズニープラス独占配信に批判の声

東京リベンジャーズ聖夜決戦編は2023年1月より、ディズニープラス独占配信が決定した。2021年話題になったサマータイムレンダもディズニープラス独占配信だったのだが、海外でのアニメランキングで9週目で1位になるほどの実績を出している。

アニメが世界で成功することは我々日本人にとっても誇り高い。ディズニープラスでの契約することで資金面の担保によるクオリティーがある程度保証される可能性や、全世界に向けてグローバル展開できるメリットがあります。

しかし東京リベンジャーズの場合1期は独占配信ではなかったことから批判の声が増えてしまったのでしょう。社会現象を起こした作品ですからこれを機にディズニープラスに入会する人もいるかもしれません。ただ視聴する人が減ってしまい日本では見れる環境が狭くなり、1期のようなブームは巻き起こしにくいデメリットも。

講談社とディズニープラスの戦略は東京リベンジャーズをどこまで話題にさせることができるのでしょうか?

東リベ2期に対するネットの反応

東リベ2期パクリOP?ディズニープラス独占のまとめ

東京リベンジャーズ(東リベ)の2期のOPがTVアニメとある魔術の禁書目録のOPと類似している部分がありパクリと指摘された。さらにディズニープラス独占配信により、視聴環境が狭まり批判の声が出てしまった。

しかしディズニー独占配信といいつつサマータイムレンダは全話終了後、別の動画サイトで配信が決まるケースもあるので今後どうなるかはまだ分からない。

悪目立ちしてしまった東京リベンジャーズのアニメ2期ですが、原作で人気のある聖夜決戦編がどのように描かれるか楽しみである。

【悲報】チェンソーマン円盤売上爆死?ぼっち・ざ・ろっく!に敗北か?こちらの記事も読まれています。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業