【悲報】暗号学園のいろは!翻訳担当が難解すぎて仕事を辞める!

★漫画の話題★
このページにはプロモーションが含まれています

暗号学園のいろははジャンプで連載中の暗号を解く学園もののストーリー。今回話題になったのは海外の翻訳を担当している方が仕事を辞めてしまったことが話題に。本記事では暗号学園のいろはの翻訳担当が辞めた理由と、ネットの反応をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

暗号学園のいろはのあらすじ

なんてことない普通の主人公・いろはが入学したのは、暗号を解いて解いて解きまくるスパルタ学校――暗号学園!

迫りくる暗号ラッシュに息も絶え絶えのいろはだったが。そこに凍という謎の人物が現れ、これまた謎の眼鏡を託す。
実はこの眼鏡にはとんでもない謎が秘められており…。

スポンサーリンク

暗号学園のいろは翻訳が難しい?

週刊少年ジャンプで現在連載中の『暗号学園のいろは』という漫画作品が、意外な困難に直面しているようです。この作品は、小説家の西尾維新が原作者を務め、様々な言葉遊びが仕込まれています。しかしながら、その言語表現が、いわゆる「翻訳不可能」な領域に踏み込んでしまったとのことです。

『暗号学園のいろは』は、西尾維新が原作を担当した漫画作品であり、その緻密で斬新な物語世界観やキャラクターたちの個性的なセリフが話題を呼んでいます。しかし、その言語表現が翻訳に難航することが判明したことで、海外展開についても困難を極めているようです。

西尾維新氏は、言葉遊びに非常に長けており、その作品に登場するキャラクターたちのセリフには、緻密な言語表現が含まれています。その中には、日本語特有の文化や風習、慣用句なども多く含まれており、これを翻訳することは極めて困難な作業であることが予想されます。

スポンサーリンク

暗号学園のいろはを翻訳している外人が仕事を辞める


『暗号学園のいろは』は、生徒たちに暗号解読が課せられる「暗号学園」を舞台とした学園ストーリーであり、主人公のいろは坂いろはが、ひと味もふた味も異なるクラスメイトたちと暗号で競い合っていくという、異色の漫画作品です。

『週刊少年ジャンプ』は、毎週海外向けの翻訳版を配信しており、海外のファンも作品をタイムラグなしで楽しむことができます。当然、『暗号学園のいろは』も翻訳版に含まれていました。

しかし、2月19日に、同作品の翻訳を担当していたKumar Sivasubramanian氏が自身のツイッターで驚きの内容を報告しました。それによると、第13話をもって同氏は翻訳から外れることになったとのことです。

このような出来事が起きた理由は、言葉遊びが仕込まれたセリフや表現が翻訳することが非常に困難であることが原因の一つとされています。西尾維新氏の緻密な言語表現は、日本語特有の文化や風習、慣用句などが含まれており、これを他言語に翻訳することは非常に難しい作業であるため、翻訳者にとっては非常に困難な課題であることが分かります。

この出来事については、海外ファンからも驚きと共感が寄せられています。

スポンサーリンク

暗号学園のいろは翻訳不可のリポグラム

第10話「昨日の戦争は今日も戦争」からは、高度なリポグラムを応用した「失言半減質疑応答」というバトルが繰り広げられます。このシーンでは、日本語の五十音を前提とした高密度の言葉遊びが、延々と続く展開となっており、翻訳することが非常に困難なレベルに達しています。

翻訳版では、日本語の音訳をそのままアルファベットで表記する苦肉の策がとられたようですが、これでは海外の読者には理解できるはずがありません。つまり、作品の核心である言語遊びを再現することができず、翻訳版には本来の魅力が伝わりにくい状況に陥っていたというわけです。

この問題について、原作者の西尾維新氏は「現状は残念だが、翻訳者の努力とアイデアに敬意を表したい」とコメント。また、同氏は自身のツイッターで「言語は楽しい」「異文化交流は面白い」といった内容のツイートを投稿し、多言語コミュニケーションの楽しさを訴えています。

これまでにも、日本のマンガやアニメが海外で人気を博してきましたが、本来の魅力を伝えるためには、言語や文化の違いを理解し、適切な翻訳を行うことが必要不可欠であることが、改めて認識された出来事と言えるでしょう。

スポンサーリンク

暗号学園のいろは翻訳ニュースに対しネットの反応

暗号学園のいろは!翻訳担当が難解すぎて仕事を辞める!まとめ

『週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画『暗号学園のいろは』が、海外翻訳版から翻訳者が降板する事態が起きました。

同作は原作を担当する西尾維新氏の独特な言葉遊びが施された学園ストーリーで、高度な言語センスが使われていることが特徴的。特に、第10話からは高密度の言葉遊びが展開され、日本語の五十音を前提としたリポグラムを応用した「失言半減質疑応答」というバトルが繰り広げられることになったが、これが“翻訳不可能”な領域に達してしまったため、翻訳者が降板することになった。

日本の読者たちからは、翻訳の難易度の高さやスケジュールの厳しさに同情する声が寄せられていた。なお、西尾作品には日本語の性質を利用した“言葉遊び”が施されており、過去作についても国内だけでなく海外でも人気を博しているが、翻訳上のハードルが高いことが指摘されているようです。

暗号学園のいろはつまらない?暗号が難解すぎて文字だらけに!ネタバレ感想レビュー!こちらの記事も読まれています。