【アニメ】1054話ワンピースネタバレ感想!「相棒に死を!キラー決死の大博打」!

未分類
このページにはプロモーションが含まれています

アニメワンピース1054話「相棒に死を!キラー決死の大博打」!が3月19日に放送された。2週間ぶりの放送でファンは歓喜した。本記事は1054話のネタバレ感想を紹介したいと思います。まだ見ていない方は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【アニメ】1054話ワンピースネタバレ感想!「相棒に死を!キラー決死の大博打」!あらすじ

鬼ヶ島がワノ国本土に刻一刻と迫る中、カイドウ城の3階ではホーキンスとキラーの戦いが繰り広げられていた。藁備手刀(わらびでとう)で攻めたてるホーキンスはキラーの隙を突き、背中を斬り付ける。攻撃を受けたキラーはうめき声を上げてよろめくが、なぜか笑い始める。その様子を見たホーキンスはあることに気付く。

スポンサーリンク

1054話ワンピースネタバレ感想!3つの魅力!

四皇VS最悪の世代

ローとキッドは、ビックマムとの壮絶な戦いを繰り広げていました。キッドは、ホーキンスの不気味な能力によって、自分に向けられた攻撃が自分自身に反映される状態に陥っていました。この能力により、キッドは自分を守るためには、キラーがホーキンスを倒さなければなりませんでした。

ホーキンスの能力によって、自身に向けられた攻撃が反映される状態に陥ったキッドは、身体的な疲労で動けなくなってしまいました。一方、ローは危険な状況にもかかわらず、勇敢にも一人でビックマムに立ち向かっていました。勝利するにはキッドにかけられた呪いを得かなければ、かなり厳しい状況に釘付けになる。

ビックマムの猛攻撃

ビックマムとの激戦が続く中、ローも「シュートレインファイア」「マーマレイド」という連続攻撃を受け、追い込まれました。絶体絶命の状況に、緊迫感が漂いました。しかし、ローはそれでも立ち上がり、ビックマムに立ち向かい続けました。

彼の勇気と決意に、視聴者は心を打たれました。ビックマムは、四皇と呼ばれるだけあって、恐ろしい力を持った敵であり、彼女と戦うことは簡単ではありませんでした。

戦いの中でそれぞれが役割を果たし、協力してビックマムに挑むことが絶対条件。自分たちが持つ力を最大限に引き出し、戦略的にビックマムを攻撃していくしかないことを、戦闘の中で見出していかなければならない。この戦いは、単なる力比べではなく、知恵や戦略が重要な要素が見どころ。

キッドの窮地を救ったキラー

キッドとローがビックマムとの激戦を繰り広げている中、キラーはホーキンスとの戦いに臨んでいました。ホーキンスは、自身の能力によってダメージを転嫁することができるため、キラーは攻撃を仕掛けてもダメージが通りませんでした。しかし、キラーは冷静に状況を分析し、ホーキンスに質問を投げかけました。「行き場を失ったダメージを受けたらそれはどこへいくんだ?」と。

その質問に対し、ホーキンスは驚愕の表情を浮かべました。キラーはその隙をついて、力の限りを尽くしてホーキンスの左腕を吹き飛ばしました。ホーキンスはダメージを受けたことに慌てた様子を見せたが、キッドには左腕がなかったことを伝えられ、キラーの戦略勝ちだったことに気づきました。

キラーは、自身がキッドの右腕を失ったことを利用し、ホーキンスを混乱させることに成功したのです。彼の賢明な戦略により、ホーキンスは不意打ちを受けることになりました。キラーの勇気と知恵に感動し、彼を支持する声が沸き起こりました。この瞬間は、彼の戦略的な判断力が勝利につながった、戦いの中でも特別な瞬間であった。ワンピースでキラーがここまでフォーカスされるのは初めてでしょう。

今回の話はビックマムとの壮絶な戦いだけでなく、キッドとキラーの絆や、キッドが自分自身を守りながら戦う姿勢、ローの活躍など、多くの見どころがありました。

スポンサーリンク

1054話ワンピースネタバレ感想!「相棒に死を!キラー決死の大博打」!ネットの反応

スポンサーリンク

【アニメ】1054話ワンピースネタバレ感想!「相棒に死を!キラー決死の大博打」!まとめ

ローとキッドはビックマムと戦っており、キッドはホーキンスの不気味な能力により、自分に向けられた攻撃が自分自身に反映される状態に陥りました。

一方、ローは勇敢にも一人でビックマムに立ち向かっており、戦略的に攻撃していました。

キッドを救うためには、キラーがホーキンスを倒さなければならなかった。また、ビックマムとの戦いで知恵や戦略が重要な要素であることが示されました。最後に、キラーが賢明な戦略によりキッドの窮地を救い、感動を呼び起こしました。

今回のエピソードは、ビックマムとの激しい戦いに加えて、キッドとキラーの絆、キッドの自己防衛姿勢、そしてローの活躍など、多くの注目すべきシーンがありました。

▼あわせて読みたい▼

【朗報】ワンピースワノ国編から神作画連発!制作会社変わったレベル!作画担当や監督の変更が大成功か!
アニメワンピースは2019年7月にワノ国編に突入してからというもの、神作画が連発しており、制作会社変わったレベルの勢い。劇場映画のようなクオリティーを毎週継続している狂気。東映のアニメーターの仕事っぷりがネットを騒がしている。 今回は...