宇津井の鬱ブログ

うつ病のことやエンタメのことをカキカキ

【2022年秋アニメがヤバイ】チェンソーマン海外の反応でも覇権確定「レゼ編」映画化したら泣くレベル!

calendar

2022年秋アニメのラインナップがヤバイことになっていることをご存知だろうか?普段あまりアニメを見ない人でも楽しめる素晴らしい作品が大量投下されてる中、とくに異質を放っていたのがチェンソーマン。海外の反応を見ても今年の覇権アニメといっても過言ではないでしょう。

チェンソーマンがもし映画化されたら泣くレベルで喜ぶファンは多いことでしょう。

今回の記事は、2022年秋アニメのヤバイラインナップとチェンソーマン覇権確定の理由を紹介したいと思います。

ここから先はチェンソーマンアニメ1話「犬とチェンソー」のネタバレが含まれますので気をつけてください。

2022年秋アニメのラインナップがとにかくヤバイ

2022年秋アニメがまさに黄金期というレベルで新作のラインナップがヤバイことが判明した。

・弱虫ペダル LIMIT BREAK(5期)
・SPY×FAMILY(2期)
・機動戦士ガンダム 水星の魔女
・名探偵コナン 犯人の犯沢さん
・BLEACH 千年血戦篇
・チェンソーマン
・うる星やつら
・ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン
・僕のヒーローアカデミア 6期
・ブルーロック

新作から人気作品の続編までアニメファンだけではなく多くの人から指示を得ている作品はこれだ。こちらの作品以外にもありますが特に盛り上がりを見せているのがチェンソーマンである。

チェンソーマン海外リークで炎上!PV詐欺?CG批判でアニメ失敗か?

海外リークで炎上したにも関わらずその期待を遥かに超えてきたチェンソーマンはほぼ覇権確定といっても間違いないでしょう。

一部CGの批判がありましたが、海外の日本アニメファンが集まる世界最大級のサイト「MyAnimeList」では、9.00という素晴らしい評価!

世界でチェンソーマンブームが巻き起こっています。

では試聴した人はどのような感想を持ったのでしょうか?

チェンソーマン1話を見て面白かったと思う感想


チェンソーマンを初めて見た視聴者はどのような感想をもったのでしょうか?

良かったと思った読者の感想をまとめてみました。また日本だけではなく海外でも高い評価を得ています。

圧倒的神作画の意見が多く、規制がないグロ表現にも満足されている意見が多かったです。

圧倒的OP映像にパロディー要素

オープニングの映像では様々な映画のパロディが詰め込まれており、映画ファンの視点からも楽しむことができました。

主人公のチェンソーマンが悪魔と対峙するシーンはハラハラしましたが、アクションシーンが爽快で見ていて気持ちが良かったです。登場するキャラクターの声優さんもイメージぴったりの声をしており、嬉しかったです。

戦闘シーンと音楽に圧巻

原作を読んでいて、ここは絶対に映像化してほしいなと思っていたところがきちんと映像化されていた上、原作勢だけでなく初見の方でも楽しめるよう、戦闘シーンが多めに映像化されていた点。

OP映像の要所要所に映画関連の小ネタが含まれており、タツキ先生がちゃんと制作に関わっていると認識させてくれた点。

全体的に作画が素晴らしかった点、特にゾンビの悪魔との戦闘シーンの作画はスロー再生しないとCG映像であると錯覚してしまうほど素晴らしかったです。また個人的に、ネットに触れてない人にも人気のあるvaundyさんの曲を1話のEDに選んだ点もよかったと思います。

デンジとポチタの関係性をうまく表現

デンジとポチタだけで過ごしている時期の、楽しいけれどちょっと寂しそうな雰囲気がよく出ていて見入ってしまいました。

日常シーンが全体的に静かで、それでいて丁寧に描かれていて良かったです。2話以降はそれとは対照的に賑やかで騒がしい生活になりそうなので、今度はそれがどんな風に表現されるのか楽しみにしています。

神作画すぎて鳥肌

とにかく作画が良かったし、オープニング曲の米津玄師もアニメとマッチしていてよかったです。

デンジの声優もキャラに合っていると思います。デンジとポチタがゾンビの悪魔に一度殺された後、アニメの後半からの盛り上がりが大変よかったです。1話ということもありそこまで戦闘シーンなども少ないと思ってましたが、そんなこともなく楽しめました。原作ファンとしてはグロ表現をどう表すか気になっていましたが、圧倒的な再現度で血の量も倍くらいになっていました。

ダークファンタジー作品がとても好きなので次の話がとても気になります。

キャラの性を1話で色濃く表現

1話目から主人公のキャラ性を濃く描いた点は良いです。

何を考えるどういう人間なのかをなるたけ伝えた点は良いです。最近の作品としてはキャラ性に異質なものがあるデンジ、その相棒の可愛いポチタのコンビ感にほっこりとするものがあって良かったです。アニメとしての良さは爽快感のあるバトルシーンの作りです。チェーンソーで敵を倒しまくるアクションシーンの作画は大変綺麗で良かったです。

社運をかけたOPにしびれた

オープニングからMAPPAの今期の社運をかけて制作をしているというのがわかるくらい動画のクオリティがすごくて、OPのKICK BACKとのシンクロもバッチリでここまで飛ばして大丈夫か?とびっくりしてしまいました。

デンジのバックグラウンドから始まるスタイルだったのですが、規制ギリギリのところをくぐり抜けているのか、残虐なシーンもしっかりと描けていて見ていて満足です。

チェンソーマン1話を見て残念だったつまらなかった点

チェンソーマンを見て残念だったと感じる部分はどんなところでしょうか?

人気作品には賛否がつきものです。原作勢やアニメしか見ていない視聴者からはどのように映ったのでしょうか?

とくに多かったのは原作との対比とCGに関することでした。

3D表現がぎこちない

主人公のデンジがチェンソーマンに変身した後は3Dアニメーションを使って表現しているのですが、動きが少しだけぎこちないのが残念でした。頭部がチェンソー化しているので、アニメーターの負担軽減の為にも3Dを使ったんだと思いますが大変だとしても作画で頑張って欲しかったと思いました。

とくに覚醒時の演出でチェンソーマンがアップになるシーンがあるのですが、そのワンカットはとくに旧世代のCGと丸わかりの表現を使われていました。他のシーンは美しく美麗なグラフィックだった為そこだけ気になりました。私的には血飛沫の表現も少しだけ物足りなかったように感じます。

主人公デンジの違和感

デンジのテンションが想像していたよりとほんの少し違っていた点、具体的に言うと、デンジはかなり楽観的に振舞っているが実は心の内は悲しいといった印象を持っていたが、アニメ版のデンジは悲しい要素が少し多いように感じました。

またデンジのバックにつくヤクザ達の行動についても違和感。結果として彼らは悪魔に魂を売ったわけですが、売るまでの過程を描いてくれるともっと良かったです。悪魔と契約する場面も描くことで、作品のキーになる敵がどういったものかがよく分かるからです。

戦闘シーンのテンポ感

原作の次々と場面が変わっていくハイテンポな部分に惹かれていたので、初見の方の目を引くため、デンジと公安の邂逅シーンで終わらせたかったなどの1話ならではの制約を考慮しても、個人的にはもう少しテンポ感のある戦闘シーンにしてほしかったです。

故意なのかそうではないのか、デンジのバトルシーンの部分が少し荒いのか?と思ってしまいましたが、これは「悪魔になりたてということだから意図的にやっている」のかどうかわからず少しモヤっとしてしまったくらいです。また、暗いシーンが多く、少し離れて見ていたのですが画面が見づらかったのが少し微妙だった点です。

チェンソーマン映画化確定したら泣く

これだけの人気アニメチェンソーマンが映画化しないわけがないということ。

もしこのまま順調にいけばファンの中でも人気である「レゼ編」が映画になることでしょう。

原作の中ではマキマ以外にデンジが好きになってしまったをした唯一のキャラクターがレゼとなっています。

物語の最後は残酷な結末が描かれ、予想外の展開に読者は唖然としました。最初から最後まで綺麗な物語になっているので映画化するならここ。

近年「鬼滅の刃」「呪術廻戦」は原作を映画にし大ヒットを飛ばしてノリに乗っている集英社。チェンソーマンもその方向性で考えている可能性が高い。まだ可能性のレベルですが、チェンソーマン映画化確定したら泣くというファンもすでにいること。

まとめ

2022年秋アニメがヤバイということがネットで話題になりました。

とくにチェンソーマンは人気で、海外からの反応もよく世界レベルで覇権確定しています。

さらに映画化の噂もたっており、もしやるなら「レゼ編」とファンは熱く語っている。

映画化したら泣くレベルという感想をいう方もいました。

というわけで、秋アニメの中でもとくにヤバイチェンソーマンのネタバレ感想レビューでした。

チェンソーマンは鬱展開がエグい!トラウマ地獄なのに評価される理由!こちらの記事も人気です。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業