【怪獣8号】神作画!制作会社は?作画担当や監督は誰?アニメ化は大成功か!

★漫画アニメの話題★
このページにはプロモーションが含まれています

漫画「怪獣8号」がアニメ化が発表され、はやくもPVが神作画と話題に。制作会社や作画担当や監督は誰なんでしょう?本記事では、怪獣8号のアニメ化スタッフについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【怪獣8号】あらすじ

怪獣発生率が世界屈指の日本。この国は、容赦なく怪獣が日常を侵していた。かつて防衛隊員を目指していたが、今は怪獣専門清掃業で働く日比野カフカ。ある日カフカは、謎の生物によって、身体が怪獣化、怪獣討伐を担う日本防衛隊からコードネーム「怪獣8号」と呼ばれる存在になる。

スポンサーリンク

【怪獣8号】作品情報

タイトル
怪獣8号

著者
松本直也

カテゴリ
少年マンガ

出版社
集英社

レーベル
少年ジャンプ+
arrow_forward_ios

スポンサーリンク

【怪獣8号】アニメ化決定

2024年4月の放送開始することが決定し、盛り上がりを見せている怪獣8号。怪獣が人々を脅かす世界が舞台で、日比野カフカが怪獣から人々を守るために奮闘する物語です。

怪獣を討伐する夢を諦め、幼なじみのミナと共に夢を誓い合ったカフカが、防衛隊を目指すレノとの出会いをきっかけに再び夢を追う決意をします。しかし、その直前に強大な力を持つ怪獣に変身してしまいます。

アニメは2024年4月からテレビ東京系列などで放送され、さらにXで全世界に向けてリアルタイム配信も行われます。

スポンサーリンク

【怪獣8号】神作画


アニメ「怪獣8号」の最新PVが公開されました。すでに神作画と話題になっておりその気持ちは高まるばかりです。

2024年12月17日、「ジャンプフェスタ2024」で行われた発表では、最新PVが公開され、主人公である日比野カフカの姿や怪獣たちの様子が視聴者に披露されました。

さらに、追加キャストとして、四ノ宮キコル役をファイルーズあいさん、保科宗四郎役を河西健吾さんが担当することも発表されました。これにより、物語に新たなキャラクターが登場し、アニメの展開が一層期待されます。

アニメ「怪獣8号」のファンや興味を持つ視聴者にとって、2024年4月の放送開始がますます楽しみとなりそうです。

スポンサーリンク

【怪獣8号】制作会社

制作会社はProduction I.Gになります。これまでに「ハイキュー」「ダイヤのA」「PSYCHO-PASS サイコパス」など、数々の傑作アニメ作品を手がけた制作会社です。怪獣デザインにおいては、「エヴァンゲリオン」で知られる株式会社カラーが担当し、同社に所属する前田真宏さんが怪獣デザインや怪獣登場シーンの一部コンセプトコンテなどを担当します。

原作 松本直也(集英社「少年ジャンプ+」連載)

監督 宮繁之 神谷友美

シリーズ構成・脚本 大河内一楼

キャラクターデザイン・総作画監督 西尾鉄也

怪獣デザイン 前田真宏

美術監督 木村真二

色彩設計 広瀬いづみ

3D監督 松本勝

撮影監督 荒井栄児

編集 肥田文

音響監督 郷文裕貴

音楽 坂東祐

大怪獣デザイン&ワークス スタジオカラー

アニメーション制作 Production I.G

【怪獣8号】ネットの反応

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

漫画をお得に見れるサイト紹介!アニメ化した作品はU-NEXTが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!漫画を用途にあわせてサイトを使い分けるためのおすすめランキングや、アニメ化した作品を楽しむならU-NEXTがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは、詳しく見ていきましょう! ...