【ゲゲゲの鬼太郎】映画結末は?神作画!制作会社は?ネタバレ感想!口コミが広がり絶賛の嵐!

★漫画アニメの話題★
このページにはプロモーションが含まれています

映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」は2023年11月17日公開の東映アニメーション制作によるアニメーション映画。水木しげる生誕100年記念作品となっております。本記事は、結末のネタバレや感想を書いています。まだ本作を鑑賞していない方は気をつけてください。

スポンサーリンク

【鬼太郎誕生ゲゲゲの謎】あらすじ

廃刊間近となっている雑誌記者の山田は、廃村となった哭倉村(なぐらむら)へやってきた。山田は、同じく村へやってきた鬼太郎、ねこ娘、目玉おやじと遭遇するが、引き返すようにという警告を無視して、鬼太郎たちに取材しようとつきまとう。しかし、鬼太郎たちを見失った山田は、穴の中へ落ちてしまう。

時は遡り、昭和31年(1956年)、当時の日本の政財界を牛耳っていた龍賀一族の当主、龍賀時貞が死去した。帝国血液銀行に勤める水木は龍賀一族の経営する製薬会社「龍賀製薬」の担当者であり、時貞の娘婿である社長の龍賀克典とは懇意にしていた。克典に自身の顔を売り出世の足掛かりとすべく、東京から龍賀一族が暮らす哭倉村へと向かう。

スポンサーリンク

【鬼太郎誕生ゲゲゲの謎】作品情報

タイトル
鬼太郎誕生ゲゲゲの謎

原作:水木しげる

監督:古賀豪

脚本:吉野弘幸

キャラクターデザイン:谷田部透湖

美術監督:市岡茉衣

色彩設計:横山さよ子

撮影監督:石山智之

音楽:川井憲次

製作担当:澤守洸、堀越圭文

アニメーション制作:東映アニメーション

スポンサーリンク

【鬼太郎誕生ゲゲゲの謎】結末まで

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎ネタバレ:サラリーマン水木

戦後の混乱が続く中、日本を牛耳っていた龍賀一族の指導者、白鳥哲が息を引き取った。この時期に、血液銀行で働くサラリーマンの水木は、偶然にも龍賀一族が経営する製薬会社の担当者に指名され、遠く離れた哭倉村へ向かうことになった。電車の中で水木は、手馴れた仕草でタバコを数えつつ、謎の白髪の男性と出くわす。一瞬の出来事に驚きつつも、何もなかったように振る舞った。

目的地に到着すると、トンネルをくぐり抜けたかのような異世界的で不気味な雰囲気が哭倉村を包み込んでいた。それでも水木は、次期当主との接触を果たし、自身の昇進を確実なものにするためにその道を進むことを決断する。水木の野望の裏には、かつての戦争で経験した激動の出来事が潜んでいた。

哭倉村に足を踏み入れた水木は、当主の孫である沙代が何かに悩んでいる場面に遭遇し、手を差し伸べる。しかし、その行動にも打算が交じっていた。それでもなお、彼女や従兄弟の時弥は、東京から来た水木に興味津々で、やがては心を開いて親しみを寄せてくる。

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎ネタバレ:次期当主に波乱

水木は哭倉村に足を踏み入れ、東京への憧れを抱く龍賀沙代と長田時弥に出会う。彼は龍賀家の邸宅へ向かい、一族が集まる場で克典や夫人の乙米らと交流する中、時貞の遺言書が突如として読み上げられる。驚くべきことに、水木の期待とは裏腹に、引きこもりだった時貞の長男・時麿が次期龍賀家当主に指名されていた。

しかし、その翌朝には時麿が何者かに殺害されたという報せが届く。村長の長田幻治は捜査を進め、行方不明の妻を捜す謎の男(後の鬼太郎の父)を犯人として捕らえる。

男は時麿殺害の容疑をかけられ、水木の説得によって辛くも命拾いするが、龍賀家の命令で水木の監視下に置かれる。男は水木の問いに名を明かそうとはせず、水木は仕方なく彼に「ゲゲ郎」という仮の名前をつけることになった。

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎ネタバレ:幽霊族と人間

初めはゲゲ郎を疑念めいた目で見つめる水木だったが、やがて彼の奔放な振る舞いに引き込まれていく中で、ゲゲ郎が地球を支配していた先住民・幽霊族の末裔であることを知る。その影響で水木は妖怪を見る力を開花させ、村を彷徨うさまざまな怪異に遭遇することとなった。

ゲゲ郎の一連の出来事以降も、龍賀家の者が次々と殺される事件が続き、龍賀の人々には深刻な不安が募っていく。

この混沌の中、水木はゲゲ郎に対してもう一つの目的を打ち明ける。それは、龍賀製薬が密かに開発し、特定の顧客にのみ販売していた血液製剤「M」の存在に関わるものだった。

Mは使用した者に多大な生命力を与え、数日間不眠不休で働き続けることを可能にする驚異的な効果を持っていた。日清戦争以降、戦争での勝利に寄与したとも噂され、これにより龍賀一族は政財界をも牛耳るほどの権勢を築いていた。水木はMの利益を追い求める会社の密命を受け、その秘密を暴くべく哭倉村に足を運んだのである。

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎ネタバレ:製薬会社の秘密

龍賀製薬が開発した謎の妙薬「M」の調査を進めていく中で、注目を集めるのは禁忌とされた村の島だった。そこから漂うゲゲ郎の妻の存在が、調査の鍵であるという情報が浮かび上がり、水木とゲゲ郎はお互いの目的を共有し、手を組むことを決意する。

墓場で酒を交わしながらの心を開く瞬間を経て、水木とゲゲ郎の間には利害関係を超えた結びつきが芽生えつつありました。

しかしこの過程で、ゲゲ郎が村の人々に襲われ、捕らえられるという出来事が発生。驚くべき事実が判明します。実は、龍賀一族はゲゲ郎の同胞である幽霊族を捕まえ、その血を搾取して「M」を製造していたのです。その血を得るための工場が島に存在し、ゲゲ郎の妻もその中にいたとの情報が伝えられました。

真実を知り、衝撃に包まれる水木。一族が幽霊族を道具のように扱い、それを何の躊躇もなく利用していたことに対し、かつての自分たちが上官に利用されてきた経験が痛烈に蘇ります。

同時に、水木は自身が一族に取り入ろうとしていたことに対し、情けなさを感じるのでした。

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎ネタバレ:幽霊族の仇内

次第に露わになる龍賀一族の邪悪な実態。その中で、未来への夢を抱きながらも犠牲となった沙代は、最終的には悲壮な結末を迎えることになった。

水木は絶望の中で、救い出したゲゲ郎と共に島の奥深くに進みます。

そこで目にしたのは、幽霊族の血を吸い、奇怪な輝きを放つ血桜。そして、死んだはずの時貞が時弥の身体を利用して再び現れる姿でした。

苦しい戦いを経て、水木とゲゲ郎はなんとか敵を打ち倒しますが、龍賀一族の罪が生み出した怨念は容易には晴れません。ゲゲ郎は最終的に、妻とその胎内に宿る子供を水木に託し、自らがひとりで全ての責任を引き受ける覚悟を固めるのです。

水木は山道で倒れているところを消防隊に発見されますが、怨霊の攻撃により記憶を喪失してしまいます。

何もかも忘れて白髪になってしまった水木は目を覚ました。

鬼太郎誕生ゲゲゲの謎ネタバレ:エンディング

物語の結末では、溶けゆくゲゲ郎から突如として飛び出した目玉が、目玉の親父としての新たな瞬間が描かれ、その後、土の中から這い出してくる赤ん坊の頃の鬼太郎と、水木がその赤ん坊を優しく抱き上げる場面から始まるタイトルロゴまでが描かれ、物語は完結しました。

スポンサーリンク

【鬼太郎誕生ゲゲゲの謎】ネタバレ感想

ストーリー全体の感想

物語は冒頭から結末まで、一切の無駄がなく、中だるみがない。ミステリー要素やアクションシーンが織り交ぜられ、ストーリーは自然で入り込みやすく、キャラクターたちはそれぞれにしっかりとした意味を持っており、その結びつきが見事に描かれている。完成度は非常に高い。

水木しげるの独自の趣向が作品中に見事に散りばめられており、その個性が際立っている。PG12指定とされる通り、作品は多くのグロ描写を含み、大人向けの要素が強調されている。さらに、ストーリー自体も時折過激な部分があるため、小学生などにはおすすめできないだろう。

血みどろのミステリー要素

鬼太郎映画ということを忘れさせるほどに、新しいミステリードラマやサスペンスドラマの要素が見事に組み込まれています。物語が進む中で、一族が次々と命を奪われていくさまは、まさに世にも恐ろしい出来事と言えるでしょう。そして、犯人が最終的に明らかになる瞬間には、驚愕とともに物語の深みに引き込まれることでしょう。

この作品を通して、人間の恐ろしさが幽霊族をも凌駕していることが、じっくりと描かれています。物語の中で醸し出される緊迫感や複雑な心理描写が、視聴者を引き込み、深い考察を促します。これは単なるアニメの域を超え、真に優れたドラマとして魅力的に昇華されています。

原作とのリンク

原作の鬼太郎誕生シーンと、原作者の戦争体験に触れると、それを知る者としては感動を禁じ得ません。この映画を涙なしで観ることは難しいでしょう。

村に縛り付けられた女性たちの苦しみについて考えたり、「自由」の真の意味を理解することは容易ではありません。戦争に巻き込まれた水木も同様に、「国家」という存在に縛り付けられていたのではないでしょうか? 妖怪の血を啜って財を築く家と、国民の犠牲に立つ国家が同じような側面を持っていることに気づかされます。

そして、この作品の一番の恐ろしさは、「村ぐるみ」だったと言えるでしょう。物語が提示する独特な視点から、村全体が抱える闇や複雑な関係性に触れ、その中で生まれる恐怖に直面します。

スポンサーリンク

【鬼太郎誕生ゲゲゲの謎】ネットの感想

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

漫画をお得に見れるサイト紹介!アニメ化した作品はU-NEXTが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!漫画を用途にあわせてサイトを使い分けるためのおすすめランキングや、アニメ化した作品を楽しむならU-NEXTがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは、詳しく見ていきましょう! ...