【葬送のフリーレン】何が面白い?サンデーの看板作品のネットの評価!

このページにはプロモーションが含まれています

アニメ化も決まり「葬送のフリーレン」という作品は人気を得ております。つまらない微妙と言われている中で、一体何が面白いのでしょうか?この作品が週刊サンデーの看板作品として、ネット上でどのような評価を受けているのでしょうか?この作品について、詳しくお話ししましょう。本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】あらすじ


漫画「葬送のフリーレン」は、一言で言えば、エルフという長寿の種族の主人公が、人間の友人の死を契機に、人間との交流を求めて織り成す物語です。このファンタジーと日常が絡み合った作品は、エルフたちとの思い出に満ちた旅路を描いています。

物語の舞台は、魔王を倒した後のファンタジーの世界。物語の中心には、魔王を倒した勇者たちの一行の中で、魔王使いのエルフである主人公、フリーレンがいます。

そして、物語が始まるのは、魔王を倒してから50年後、勇者たちは寿命によって次々とこの世を去ってしまう時期です。この勇者たちの死を通じて、フリーレンはもっと勇者たちと交流していれば、人間のことをもっと知っていればと後悔するのです。

その後、かつての仲間たちと再び対話するため、フリーレンは天国に近い魔王城までの旅に出発します。

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】つまらないと思う評価

戦闘描写が面白くない

「葬送のフリーレン」に対する評価の中には、戦闘シーンがあまり派手ではないという意見が見受けられました。

確かに、主人公であるフリーレンはかつて魔王を打倒したほどの強力な魔法使いであり、そのため彼が敵と対峙する場面は比較的迅速に解決されることが多いかもしれません。このことから、純粋なバトルを楽しみにしている読者にとっては、戦闘が淡泊に感じられる可能性があります。

しかし、一方で、「葬送のフリーレン」を楽しむ際には、バトル漫画としての期待を抱くのではなく、エルフの日常生活や彼らが人間との交流を通じて成長していく様子を味わう日常ファンタジー漫画として受け入れる方が良いかもしれません。この作品は、戦闘だけでなく、キャラクターたちの心情や関係、日常の喜びや悲しみに焦点を当てており、その魅力は異なる側面にも広がっています。したがって、「葬送のフリーレン」をバトルに特化した作品としてではなく、エンターテインメントとしての多様な要素を楽しむ作品として捉えることが重要です。

1級魔術師試験編の評価

「葬送のフリーレン」は、これまでサクサクと進行していたストーリー展開が、「1級魔術師試験編」に突入すると共に、大きな変化を遂げました。この編では、フリーレンたちが目的地に到達するために不可欠な試験を受けるという内容が展開され、新たなキャラクターが次々と登場し、ダンジョン攻略に挑む場面も多く描かれています。

試験は物語において重要な要素であるため、詳細に描写されるのは理解できることですが、一部の読者からは「以前のようにスピーディな展開に戻ってほしい」「試験がどこまで続くのか?」といった厳しい意見も寄せられています。元々物語のテンポが速かったため、急に進行が鈍く感じることから、展開が冗長に感じる読者もいます。

このような状況から分かるように、物語の進行速度が変わったことで、一部の読者には不満が生じています。ただし、試験編も物語の一環として重要であり、物語の深化やキャラクターの成長に貢献しています。

日常描写が多い

「葬送のフリーレン」における冒険は、日常生活の描写に多くの注意が払われ、一般的に穏やかな雰囲気が漂っています。フリーレンたちは行く先々で様々な出来事に遭遇しますが、それらは比較的迅速に解決され、物語は穏やかに進行していく印象があります。

さらに、主要キャラクターであるフリーレンたちが感情の表現に富んでいないためか、物語のテンションが比較的低調で、読者が感情移入しにくいと感じる意見も存在します。

全体的に、この作品は淡々と進行する印象があり、期待していたような激しい展開が少ないと感じる読者もいます。そのため、「物足りない」という意見も理解できます。

しかし、この作品の魅力はその穏やかな雰囲気やキャラクターたちの内面に秘められた複雑な要素にもあります。冒険の中で描かれる日常生活の一幕や、感情の変化がゆっくりと進展することで、キャラクターたちの成長や物語の奥深さが浮かび上がってきます。

したがって、ファンタジー要素が苦手な読者や、バトルシーンを好む読者、そして衝撃的な展開を期待する読者にとっては、この作品はおすすめできないかもしれません。

▼あわせて読みたい▼

【葬送のフリーレン】アニメつまらないし微妙!金ローになったり理由は?
「葬送のフリーレン」アニメについて、視聴者からの評価が低くXでは「つまらない」「微妙」がサジェスト入り。さらに、このアニメが金曜ロードショーに放送された理由について疑問の声も上がっています。本記事ではネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思い...
スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】何が面白いの?

登場人物たちのテンションが控えめなのは、前述の通りですが、それゆえに彼らに魅力が欠けているわけではありません。

たとえば、主人公のフリーレンは、無表情に見えることもありますが、時折「むふー」と可愛らしいドヤ顔を見せたり、クールに見せかけつつも、天然で子供っぽい一面を覗かせたりと、予想外のギャップで私たちを楽しませてくれます。テンションが低くても、むしろそれが彼らの個性の一部であり、微妙な表情の変化を見逃さないことが、読者にとっての楽しみの一つとなっています。

また、物語に登場するキャラクターたちだけでなく、故人であるヒンメルを含む過去の人々も、回想のシーンで生き生きと描かれています。感情表現が控えめでも、彼らは個性豊かで、深掘りすればますます魅力的に感じられます。これらの多彩なキャラクターたちが物語を豊かにし、独自の雰囲気を醸し出しています。

作品には単純な日常の場面も含まれており、キャラクターたちの掛け合いを観察するだけで、ほっこりとした幸福感に包まれることがあります。ここでも、登場人物たちの低調なテンションが効果的に機能しています。ギャグやコメディ要素に頼ることなく、自然な日常の中で微笑ましい瞬間を楽しむことができます。

笑いやスリルを求める読者には合わないかもしれませんが、この作品は日常の小さな感動やドラマを綿密に描きながら、特有の雰囲気を提供しています。登場人物たちのユニークな魅力と、命の脆さや人間関係の尊さを考えさせられる作品です。フリーレンの物語は、ヒンメルの死をきっかけに始まり、死者と対話できると伝えられる「魂の眠る地(オレオール)」を目指して進むものです。彼女は千年単位で生きるエルフ族の一員であり、大切な人々との別れが寿命の差によって何度も訪れる運命に縛られています。しかし、この作品では死という要素が陰鬱なものではなく、むしろ命の尊さと、限られた時間の中で人々が触れ合うことの重要性が丹念に描かれています。全体的に、切なさと温かさが見事なバランスで表現され、読者は物語を通じて感傷的な気持ちに触れることでしょう。

スポンサーリンク

【葬送のフリーレン】ネットの評価

スポンサーリンク

違法サイトを利用すると危険

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...