【朗報】サカモトデイズのアニメ化はいつ?あらすじや声優予想は誰だ!

★漫画アニメの話題★
このページにはプロモーションが含まれています

「サカモトデイズ」ファン必見!アニメ化がいつ始まるか、あらすじや声優予想は誰なのか気になるところですね。現在、公式情報は出ていませんが、作品の人気や売上などからアニメ化が確実視されています。本記事では、その理由やアニメ化の可能性について紹介します。また、主要キャラクターの声優予想についても触れていきます。

スポンサーリンク

アニメ化間近?サカモトデイズが人気が凄い!

現在週刊少年ジャンプで連載されている『SAKAMOTO DAYS』は、非常に多くの人気を集めている作品です。これまで一時代を築いた『BLEACH』や『NARUTO』、『銀魂』などが終わり、現在は中堅作品がしのぎを削り合う中で、『SAKAMOTO DAYS』は頭一つ抜けた人気を誇っています。

一体、何故そう感じるのでしょうか?それは、物語の展開が非常にスピーディーで、読者を飽きさせないという点にあります。また、主人公のサカモトが、シリアスな場面でもコミカルに振る舞うキャラクターであり、そのギャップに読者が惹き込まれることも一因でしょう。

さらに、本作品はサカモトの家族愛や友情、正義感などを描きながら、アクションシーンも多く、そのスリリングな展開にも注目が集まっています。また、作者である藤本タツキ氏が、過去に『狂犬と呼ばれた男』などの作品を手がけたこともあり、その経験が反映された作品としても注目されています。

さらに、本作品が人気になった理由として、主人公であるサカモトが普通のサラリーマンという、一般的な職業を持っている点が挙げられます。これまでのジャンプ作品では、主人公が超人的な力を持っていたり、特殊な能力を持っていたりすることが多かったため、一般的な職業を持った主人公に読者が共感し、注目したのではないでしょうか。

以上のように、『SAKAMOTO DAYS』が人気になった理由は、展開のスピード感やキャラクターの魅力、一般的な職業を持った主人公など、様々な要素が組み合わさっているからだと言えます。今後も、ますますの盛り上がりが期待される作品です。

スポンサーリンク

サカモトデイズあらすじ

『SAKAMOTO DAYS』は、鈴木祐斗による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』2020年51号より連載中。2021年、「次にくるマンガ大賞 2021」にてコミックス部門9位に入り特別賞U-NEXT賞を受賞。2022年、「全国書店員が選んだおすすめコミック 2022」にて、6位に選出。

最強の殺し屋がいた その名も坂本太郎。
彼はすべての悪党から恐れられ―― すべての殺し屋の憧れだった…
しかしある日――

彼は恋をした!!!
引退、結婚、出産。そして――

坂本は太った!!

商店を営むふくよかな男。しかし正体は 元・伝説の殺し屋!!
一児のパパとして、迫りくる危険から家族と日常を守れ!
ソリッドなバトルとコメディが交わるネオアクションストーリー開幕!

スポンサーリンク

サカモトデイズアニメ化する可能性

現在、サカモトデイズのアニメ化がいつ始まるかについては公式情報は出ていませんが、ほぼ確実にアニメ化が行われることが予想されます。その理由を3つ紹介します。

ジャンプの看板漫画として注目を集める

連載初期はあまり知られていなかったものの、作品が進むにつれて着実に人気を集め、現在ではジャンプの看板漫画の一つとなっています。連載開始から数年経ち、今や巻頭カラーを複数回飾るなど注目を集めています。

特に最新刊である5巻までの累計売上は50万部を突破し、堅調な売り上げを記録しています。このように、作品の魅力が多くの人々に受け入れられ、確固たるファン層を形成していることから、アニメ化が期待される状況にあります。

売上が伸び続ける可能性が高い

アニメ化によって新たなファン層が開拓されることが期待されます。アニメ化されることで、より多くの人々に作品が知られ、人気が拡大することが予想されます。また、アニメーションで描かれることによって、原作にはない新しい魅力や見所が生まれることも期待できます。

現在、アニメ化に関する正式な情報は公表されていませんが、『サカモトデイズ』がジャンプの看板作品として注目を浴び、今後もますます人気が高まることは間違いありません。ファンの期待が高まる中、アニメ化に関する発表が待たれます。

3. テンポの良いストーリーとキャラクターの魅力

テンポの良いストーリー展開やキャラクターの魅力が特徴的で、多くの読者を魅了しています。アニメ作りにおいて原作がテンポが良いとアニメ作りがしやすいと感じます。

さらに主人公のサカモトと彼の妻であるアイのやり取りは、非常にユーモラスであり、彼らの結婚生活の様子を楽しむことができます。また、サカモトは元々は凶悪な殺し屋であったため、豪快な戦いシーンも多く登場し、彼の戦い方に魅了される読者も多いようです。

スポンサーリンク

サカモトデイズアニメ化するならいつですか?

ジャンプ作品の中でも特に人気の高い作品は、アニメ化が発表された後、わずか1年の間にアニメ放送されることが多いことが知られています。呪術廻戦、ヒロアカ、鬼滅の刃、ハイキューなどがその代表的な例であり、アニメ化発表から1年も経たないうちにアニメが放送されました。

SAKAMOTO DAYSも、ジャンプの看板漫画として人気を博し、今後も更なる人気拡大が予想されるため、アニメ化は必要不可欠な要素となっています。2023年中にアニメ化が発表されると予想されていますが、アニメ放送開始は2024年以降になる可能性が高いでしょう。ファンの方々は、今後の情報に注目していることでしょう。

スポンサーリンク

サカモトデイズ声優予想は?

サカモトデイズのアニメ化について、まだ公式情報は出ていませんが、1周年記念として少年ジャンプグループの公式チャンネルで1話から3話を声付き漫画として投稿され、主人公坂本太郎役は深澤純さん、シン役は伊藤節生さん、坂本葵役は斎田華帆さん、坂本花役は琴石ゆうひさんが演じていました。

その他のキャラクターの声優はまだ発表されておらず、アニメ化と声優の発表を楽しみに待ちたいとのことです。

【朗報】サカモトデイズのアニメ化はいつ?あらすじや声優予想はだれだ!まとめ

「サカモトデイズ」がアニメ化されることはほぼ確実であり、その理由は以下の3つです。まず、作品がジャンプの看板漫画の一つとして注目され、人気を集めていることが挙げられます。

次に、アニメ化によって新たなファン層が開拓され、作品の人気が拡大することが期待されることが予想されます。最後に、テンポの良いストーリー展開やキャラクターの魅力が特徴的で、多くの読者を魅了していることが挙げられます。

アニメ化発表から放送開始までの期間は、ジャンプ作品では1年以内が多いとされ、2023年中にアニメ化が発表されることが予想されますが、放送開始は2024年以降になる可能性が高いでしょう。

また、1周年記念として公開されたアニメ版では、主人公の坂本太郎役を深澤純さん、シン役を伊藤節生さん、坂本葵役を斎田華帆さん、坂本花役を琴石ゆうひさんが演じていましたが、その他のキャラクターの声優はまだ発表されていません。ファンの方々は、アニメ化と声優の発表に期待していることでしょう。

▼あわせて読みたい▼

チェンソーマンは鬱展開がエグい!トラウマ地獄なのに評価される理由!
鬱展開でトラウマ地獄なのに評価されるチェンソーマン。 なぜチェンソーマンは鬱漫画と呼ばれているのでしょうか? 今回は鬱漫画と呼ばれる理由や、トラウマ地獄なのに評価される理由を分析していきたいと思います。 チェンソーマンが鬱...