【悲報】バディダディーズがつまらないひどいと評価する読者の感想!ネタバレあり!

未分類
このページにはプロモーションが含まれています

バディダディーズ(Buddy Daddies)は、P.A.WORKSが制作したオリジナル作品で、アクション&ホームコメディがテーマとなっています。しかし、視聴者の中には、「つまらない」「ひどい」といった評価をする人もいるようです。この記事では、そのような評価がされる理由について解説します。ネタバレを含みますのでまだご視聴していない方は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

バディダディーズのあらすじ

殺狙ったターゲットは逃さない。そんな男2人の殺し屋バディが、4歳の女の子を引き取るハメに。新たに始まったのは、ホット&クールな男2人組と天真爛漫な女児との家族生活。

どんな仕事もこなす2人でも、1人の娘に悪戦苦闘。食事の世話から遊びの相手、保育園の送迎などに大慌て。それでも仕事の依頼は断れない。

さらに、女の子は2人が始末した極悪マフィアボスの隠し子だったのだ…!果たして、仕事と育児の両立は可能なのか?そして、仮初めの家族に幸せは訪れるのか?

スポンサーリンク

バディダディーズがつまらないひどいと評価する読者の感想

他作品との類似

バディーダディーズと比較の対象になってしまうのはアニメスパイファミリーです。ストーリーに類似点があり、パクリと指摘されることがあります。バディダディーズは、暗殺者コンビの来栖一騎と諏訪零が、4歳の少女ミリと一緒に生活する物語であり、「スパイファミリー」は、スパイの父親ロイド、暗殺者の母親ヨル、そして超能力者の娘アーニャが家族を演じる物語です。

両作品は、殺し屋やスパイといったプロフェッショナルな人物たちが、子育てをすることを描いており、その類似性からパクリと指摘されることがあります。

【悲報】バディダディーズがスパイファミリーのパクリ?幼女と殺し屋が共同生活を送る物語が類似?
バディダディーズ(Buddy Daddies)はP.A.WORKSが贈るオリジナル作品になっており、アクション&ホームコメディがテーマとなっている作品だ。しかし1月7日放送後視聴者からはスパイファミリーのパクリなのでは?という声が多くあがっ...

職業設定のリアリティーのなさ

一般的に、殺し屋のイメージは、忠実であるが粛々と、感情を挟まずに仕事を請け負う人物像であり、職人気質で約束を守る誠実な性格を持つとされています。彼らは表に出ることを好まず、残虐さや狂気を感じさせることがあります。

しかし、「バディダディーズ」では、殺し屋のキャラクター設定があまりにも異なり、リアリティを求める視聴者にとっては受け入れがたいものになっています。彼らはあまりにも非現実的で、殺し屋としてのイメージと乖離しているため、視聴者にとっては訴求力が欠けるでしょう。

子育てを経験なしにはハマらない

子育てを経験していない視聴者にとっては、バディダディーズの物語に共感することが難しいようです。子供が喚いてうるさいという感情を抱いてしまう人もいるようです。

また、主役の幼女はトラブルメーカーの一面もあるものの、窮地を救うという表現がなく、話の流れを乱して退屈なものにしているように見えるとの指摘もあります。これらの点から、物語に深みや魅力が欠け、視聴者の心を引き付けることができないという印象が生まれるのかもしれません。

スポンサーリンク

バディダディーズがおすすめな人

男性バディーならではの活躍が熱い

バディダディーズは、男性2人の殺し屋バディが、4歳の天真爛漫な女児との家族生活を始めるコメディです。2022年に放送されたアニメ「リコリス・リコイル」のヒットを踏まえたバディものとしても、期待値が非常に高い作品と言えます。今回の物語では、男性2人の殺し屋バディが主人公ということで、『風都探偵』や『LUPIN ZERO』など、男性バディならではの熱い活躍も期待できるでしょう。

視聴者は、彼らの絆や連携プレーを見ながら、爽快なアクションや鮮やかな演出に酔いしれることができます。このような要素も加味されたバディダディーズは、注目を浴びること間違いなしの作品と言えます。

男性バディーならではの活躍が熱い

本作品においては、「子育てと仕事の両立」という大きなテーマが扱われており、どんな職業であっても、殺し屋たちでさえ育児に振り回されてしまうことが描かれています。筆者は、仕事に打ち込むキャラクターたちのひたむきさを感じられることが、お仕事アニメの醍醐味であると考えています。

しかし、不器用でも「子育ても仕事も全部頑張る」というアニメが始まることを知り、その現代的なアプローチに胸が躍りました。この作品はまさに、令和時代のお仕事アニメの最新作と言えます。

声優がリアルバディー

本作品は、豊永利行と内山昂輝がW主演を務め、話題を集めています。豊永と内山は、2012年に放送されたTVアニメ『絶園のテンペスト』を筆頭に、『ユーリ!!! on ICE』などでも共演しており、約10年前から続く名コンビとして知られています。

2人は声質やテンション感が全く異なるため、彼らならではの化学反応が期待できます。本作では、来栖一騎と諏訪零というコンビの活躍が描かれています。2人の異なる性格やスタイルを上手く融合させ、どんなバディアクションが繰り広げられるのか、注目が集まっています。

スポンサーリンク

バディダディーズがつまらないひどいと評価する読者の感想まとめ

「バディダディーズ」は、殺し屋の男性2人が4歳の女の子を引き取り、家族生活を始めるコメディアニメです。

物語は、仕事と子育ての両立に悪戦苦闘する2人と女の子の成長を描いています。この作品は、アニメ「スパイファミリー」とストーリーに類似点があり、パクリと指摘されることがあります。また、殺し屋のキャラクター設定が非現実的であるため、リアリティを求める視聴者にとっては受け入れがたいものになっています。

しかし、男性バディーならではの熱い活躍が期待できる作品であり、豊永利行と内山昂輝という名コンビがW主演を務めていることも注目されています。視聴者は、2人の絆や連携プレーを見ながら、爽快なアクションや鮮やかな演出に酔いしれることができます。また、この作品は、「子育てと仕事の両立」という大きなテーマが扱われており、現代的なアプローチに胸を躍らせる人もいます。

▼あわせて読みたい▼

【悲報】SPY×FAMILYテンポが遅く休載続きで新展開がなく読者に不満の声!
SPY×FAMILYといえば映画化も決定しアニメも大成功している作品。しかし原作のテンポが遅く、休載が多いため展開が進まないと読者から不満の声が露に。一体なぜでしょうか? SPY×FAMILYあらすじ /Season 2主題歌発表&...