【なろう】竜医のルカがつまらないと評価する読者の感想!平沢ゆうな作品!

★漫画ネタバレ感想★
このページにはプロモーションが含まれています

竜医のルカは平沢ゆうな先生が1巻が、本日2月21日に発売されたなろう系作品。本記事は竜医のルカをつまらないと評価する読者の感想をネタバレありで紹介したいと思います。まだ読んでいない方は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

竜医のルカあらすじ

竜医――様々な姿かたちを持つ“竜”と呼ばれる生き物を診る医者。従軍竜医だった亡き父の「諦めたとき、目の前の命が終わる」という言葉を胸に竜医を目指す少女・ルカは、仲間とともに竜学院で学ぶ准竜医として病に苦しむ竜たちの治療にあたっていく。だが、ルカの憧れの父にはひとつ重大な嫌疑がかけられていた――。少女たちが命と向き合う“竜”医学ファンタジー!

登場人物の深掘りが不足している

本作品に登場する多くの人物たちは、表面的な描写が中心であり、内面的な描写や心情描写が不十分なところがあります。

特に、主人公のルカ以外のキャラクターたちは、彼女の周りで起こる出来事に関わるものの、彼らの過去や内面を深く掘り下げたり、彼ら自身が持つ葛藤や思いを探ることが少なく、あまり印象に残らないキャラクターが多い印象です。

プロットの展開が単調である

「竜医のルカ」のストーリーは、竜と人間が共存する異世界において、竜の病気を治療する「竜医」であるルカが、自分の信念に従って患者たちと向き合いながら成長していく物語ですが、展開が単調であり、毎回同じようなパターンで物語が進行していると感じます。

また、物語において設定された竜たちの能力や特性が、あまりにも不自然な展開になっていることも、作品の面白さを損ねる要因の一つです。

登場人物の行動が時に不自然である

本作品に登場するキャラクターたちの行動や反応が、時に不自然であると感じます。たとえば、竜が人間の言葉を理解し、コミュニケーションを取ることができることに驚きもするのですが、時にそれが当たり前のように描かれ、登場人物たちの驚きや感動が表現されていないことがあります。

また、物語の中で描かれるルカの行動も、時に冷静さがなく、危険な状況でも無謀な行動をとってしまうことがあります。これらの点は、登場人物たちが魅力的でないことに繋がってしまうため、作品の魅力を損なう要因の一つです。

スポンサーリンク

竜医のルカをおすすめしたい人

この世界の竜は知能が低く、家畜と同じように扱われています。それでも、彼らは動物のように病気や怪我をすることがあります。主人公たちは、竜を治療するために努力する動物のお医者さんのような存在です。

主人公のルカは、ポジティブ思考で快活な性格ですが、序盤から救えない命の話や戦争の背景が描かれ、物語の雰囲気はハードでシリアスな作品が好きな人は向いているかもしれません。

医療物のフォーマットに乗っかり、ある程度の面白さは最初から確保されています。主人公たちの成長物語を楽しめます。主人公ルカの父親が売国奴と誤解されている件も、どこかで濡れ衣を晴らせることになるのかも期待。

この世界の竜は、人語を話さない知能の低い生き物です。牛のようなタイプもいるため、巨体で人間の手に負えるか心配になります。しかし、竜杖というアイテムを使って竜を操ったり、麻酔をかけたり、竜用の薬を調合したりできます。付いている竜石によって能力が異なるようです。ファンタジーものが好きな人には刺さる設定になっています。

スポンサーリンク

竜医のルカがつまらないと評価する読者の感想まとめ

「竜医のルカ」は、異色の医療ドラマであり、人間と竜の共存が描かれています。

医療用語や解剖学的な描写がありますが、説明があるため、分かりやすく読み進められます。主人公のルカは、医者としての使命感と竜との絆を大切にする人物であり、竜の病気やケガの治療を通して、人間の心も癒されます。ドラマチックな展開が多く、泣けるシーンもあるため、感動を呼び起こします。

また、イラストが美しく、竜の描写が特に素晴らしい点も魅力です。ファンタジー要素もあり、竜の持つ力や不思議な現象も描かれます。一話完結型のエピソードが多く、手軽に楽しめます。

【危険】漫画rawでワンピースを無料読みするとウイルス感染の可能性!こちらの記事も読まれています。

タイトルとURLをコピーしました