【アンメット】完結まで!結末や最終話は?ネタバレ感想!元脳外科医が書く超本格医療ドラマ!

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「アンメット」は大槻閑人先生と子鹿ゆずる先生がタッグを組みモーニングで連載しており、ドラマ化も決定した人気作品になります。本記事は、完結までのネタバレが含まれております。結末や最終話はどうなっているのでしょうか?まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【アンメット】あらすじ

脳疾患が招く麻痺、記憶障害、失語症――。脳外科医が診るのは、脳ではなく人生。元・脳外科医が書く超本格医療ドラマ!/日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。そして患者の多くが何らかの後遺症と闘っている。アメリカの病院から郊外の主幹病院にやってきた三瓶友治は空気を読まない。それは、少しの遅れが人生を左右する脳外科医ならではのふるまいでもあった。「脳内血腫」「第4脳室腫瘍」「失語症」の症例を収録。

スポンサーリンク

【アンメット】作品情報

タイトル
アンメット

著者
大槻閑人

著者
子鹿ゆずる

カテゴリ
青年マンガ

出版社
講談社

レーベル
モーニング

スポンサーリンク

【アンメット】完結まで

アンメットネタバレ1巻


脳外科医が診るのは、脳ではなく人生。元・脳外科医が書く超本格医療ドラマ!

日本における脳血管疾患の患者数はおよそ112万人。そして患者の多くが何らかの後遺症と闘っている。アメリカの病院から郊外の主幹病院にやってきた三瓶友治は空気を読まない。それは、少しの遅れが人生を左右する脳外科医ならではのふるまいでもあった。

アンメットネタバレ2巻


患者の多くが、何らかの後遺症と闘っている。そんな中、郊外の基幹病院の脳外科で働く川内ミヤビは、自らも記憶障害を抱える。かつては優れた脳外科医でありながら、ある事故によって自らも後遺症として記憶喪失に苦しむ身となった。

アメリカ帰りの脳外科医・三瓶をはじめとした同僚に支えられながら、ミヤビは後遺症を持つ身だからこそできる方法で患者に寄り添う。彼女の経験から生まれる深い共感と理解は、患者たちに希望を与える。そして、その対応の裏には、彼女が自身の挑戦と向き合いながら得た知恵と勇気がある。

一方、三瓶とミヤビの過去が明らかにされる。彼らの間には何かがある。それは運命の糸によって結ばれた、あるいは壊れた縁なのか。謎めいた過去が彼らの関係を深化させる。

アンメットネタバレ3巻


記憶障害を抱える同僚のミヤビに、かつて自分達が婚約していたことを告げる。ミヤビはその告白に戸惑い、記憶を失っているためにさらに混乱する。自らの過去を理解することができず、治療のための検査にも前向きになれない。

一方、病院では度重なる脳外科の緊急手術が行われる。その度に手術室は緊迫した雰囲気に包まれ、医師たちのプレッシャーは日増しに高まっていく。そして、手術の成功と失敗は病院全体を巻き込む問題を引き起こしていく。医療チームは限界に挑戦し続ける中で、患者たちの命を救うために全力を尽くすが、病院全体を巻き込む問題を引き起こしていく。

アンメットネタバレ4巻


記憶障害、小児がん、脳死。次々とふりかかる患者の現実に、脳外科医は深い苦悩と向き合う。三瓶は再検査でミヤビの脳の損傷具合が重度の記憶障害に繋がるものではないことを知る。この知見は希望をもたらすが、同時に新たな課題をもたらす。

ミヤビの治療の可能性を見据え、三瓶は診療記録の開示を求める。しかし、主治医であり関東医大教授である大迫は、その情報の開示に消極的な態度を見せる。

アンメットネタバレ5巻


院内に潜むささいなミスが、患者の命をおびやかす。医療事故のメカニズム、その真因に迫る。記憶障害を少しずつ克服しながら、懸命に医療現場に立ち続ける川内ミヤビ。彼女は日々、自らの制約を超えようと努力し、患者の安全を守るために全力を尽くす。

そんな彼女を厳しく指導するのは、看護師長の津幡だ。津幡は自らが経験した医療事故のトラウマを抱えながらも、その経験から得た教訓を活かし、患者の安全確保に全力を注ぐ。彼女の厳格な指導は時にはミヤビを苦しめるが、それは彼女がより優れた医療者となるための試練でもある。

一方、三瓶は、高度な技術が求められる血管吻合術にミヤビを指名する。

アンメットネタバレ6巻


開示されないカルテ、消された検査結果、薬の予防投与。この記憶障害には、裏がある。術者を経験し、またひとつ医師として自信をつけた川内ミヤビ。彼女は過去の経験から学び、医療現場での自らの役割にますます自信を深めていく。

一方、ミヤビが抗てんかん薬を服用していることを知った三瓶は、それを指示した主治医である大迫教授に疑念を抱く。彼は大迫の判断に疑問を持ち、患者の治療に関わる信頼性に疑いを抱く。この状況を解明するために、三瓶は関東医大の綾野に協力を仰ぎながら、記憶障害の背後に潜む真相を暴こうとする。

アンメットネタバレ7巻


脳ドックがもたらす未破裂脳動脈瘤のジレンマ。破裂率が低く、手術にリスクが伴う場合、あなたは手術を選びますか?

三瓶をはじめとした仲間の協力もあり、抗てんかん薬の増量で記憶力を回復させたミヤビ。しかし中途半端に“覚えている”ことでかえって混乱をきたしたミヤビは、次第に自信を失っていく。そして関東医大の綾野と共に行った手術が、新たな記憶を呼び起こす。

アンメットネタバレ8巻


「逃亡も先送りも許されない、生死の決断。当事者として、家族として、自分ならどうするかという問いが胸に迫ります。」丘陵セントラル病院に新たに加わった言語聴覚士の五十嵐詩織。

アンメットネタバレ9巻


「逃亡も先送りも許されない、生死の決断。当事者として、家族として、自分ならどうするかという問いが胸に迫ります。」丘陵セントラル病院に新たに加わった言語聴覚士の五十嵐詩織。彼女は敏腕さを前に、三瓶たちも一目置く存在として登場する。彼女のプロフェッショナリズムと優れたスキルは、病院のスタッフや患者たちに大きな影響を与えることになる。

一方、落ち込むミヤビは、自らも障害を抱えることから、次第に患者へのアプローチに新たな視点を見出していく。そして、丘陵セントラル病院の未来を左右する地域医療構想会議の開催が迫る

アンメットネタバレ10巻


「暴走トロッコの進路を切り替え、5人を救うために1人を犠牲にすべきか?」脳外科医が導く「トロッコ課題」の正解とは。そして迫られる、生命の選択。

この問いは倫理的な難問であり、トロッコ課題では脳外科医がその解答を導くことが求められます。正解は一概には言えませんが、一般的には多くの人命を救うために最善の選択を行うことが求められます。しかし、その選択は容易ではありません。犠牲を払うことになる1人の命を選ぶことは、道徳的な負担を伴いますが、多くの人を救うためには時に必要な判断とされます。

西島グループによる綾野病院の買収計画が進む中、厚生労働省が主導する地域医療構想会議が開かれる。事故で重傷を負った父・勲の代理を務める綾野は、過疎地医療の現実を目の当たりにしていきます。彼の選び取る医療の形や方針は、多くの人々の命と幸福に関わる重大な決断。そして、三瓶もまた、モラルジレンマに巻き込まれることになります。

アンメットネタバレ11巻


新たな医師、綾野を迎え入れた丘陵セントラル病院。そこで記憶障害を抱えるミヤビは、綾野の妻である麻衣から、かつて国際学会で三瓶と出会っていたことを知らされる。

三瓶は、自らのキャリアを捨ててまでミヤビを救おうとしていた。その情熱に触発され、ミヤビは関東医大の大迫に記憶障害に関するカルテの開示を要求する。

そして明らかになる、三瓶と大迫の道を分けた因縁。

アンメットネタバレ12巻


関東医大から准教授の地位を与えられた星前は、自らの理想と現実との間で葛藤する。それは、西島会長が丘陵セントラル病院に巻き起こす陰謀の最初の一手に過ぎなかった。

一方、会長の狂走を食い止めようとする大迫教授も動き出した。彼が重視するのは、脳外科医としての地位ではなく、昭和時代に抱えられた障害者支援の問題とその苦悩であった。

アンメットネタバレ13巻


大迫教授の証言により、西島会長は辞任に追い込まれた。丘陵セントラル病院では、ミヤビが看護補助業務を終え、脳外科に専念することになり、その功績が称賛された。

さらに、脳外科を救急部から独立させ、新たな脳外科部長を選ぶ動きがあった。そのポストに就いたのは作業療法士の今市太郎だった。今市を知る言語聴覚士の五十嵐は、治療方針を巡って彼との対立がますます深まっていく。

スポンサーリンク

【アンメット】ネタバレ感想

漫画で学ぶ脳の病気

現在の日本は超高齢化社会を迎えており、ヘルスケアの重要性や認識が高まっていると感じられます。

特に、脳血管疾患などの脳の病気は死因の第4位に位置し、その重要性がますます高まっています。以前は元気な人でも、突然体調が変化し命の危険にさらされることがあります。また、命を救っても、後遺症や記憶障害などの脳への障害と向き合わなければならない場合もあります。

現在の自分には関係ないように感じるかもしれませんが、いつ自分の身にも起こりうる可能性があるということを学ばさせています。

漫画で学ぶ脳の病気

腕前は確かな脳外科医の直截が物語の主人公となります。脳腫瘍、記憶障害、脳梗塞などの脳疾患を抱える患者たちを治療し、重大な後遺症を抱える患者たちに対し、他の医師や看護師、そして患者の周囲の人々に対してどのようなサポートを望むかを率直に伝えます。

当然、意見の対立も生じますが、患者のためになると信じる率直な発言に徐々に皆が賛同していきます。突然の脳疾患により、治療も容易ではなく、完全な回復が保証されるわけではないため、人生が大きく変わり動揺する患者たちは、主人公や周囲の人々の支えを受けて、将来に向けて前向きに生きていく姿が描かれます。

スポンサーリンク

【アンメット】ネットの感想

【アンメット】最終話や結末話は

漫画「アンメット」はまだ完結しておりません。

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...