【終末のワルキューレ】完結まで!結末や最終話まで!ネタバレ感想!異世界バトル漫画!

このページにはプロモーションが含まれています

漫画「終末のワルキューレ」はゼノンコミックスは原作梅村真也先生、構成フクイタクミ先生、アジチカ先生が手がける異世界バトル漫画です。本記事はネタバレ感想やあらすじを紹介したいと思います。まだ本作を読んだことがない人は気をつけて下さい。

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】あらすじ

人類の誕生から700万年。 進歩の兆しがない人類を見限った神々は、1000年に1度開かれる「人類存亡会議」にて、人類に「終末」を与える決議を行った。 そこに戦乙女(ワルキューレ)の長姉・ブリュンヒルデは決議に待ったをかけ、超特別条項に基づく神VS人類最終闘争(ラグナロク)で人類の行く末を決めることを提案する。

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】作品情報

タイトル: 終末のワルキューレ

著者: 梅村真也

著者: フクイタクミ

著者: アジチカ

カテゴリ: 青年マンガ

出版社: コアミックス

レーベル: ゼノンコミックス

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】完結まで

人類存亡会議

物語は1000年に1度開催される「人類存亡会議」から幕を開けます。この会議では、世界中の神々が一堂に会し、人類において目立った進展が見られないという理由から、人類に絶望的な未来を予見し、見限るという議案が提出されていました。

ほとんどの神々がこの議案に賛同する中、半神でありながら人類との結びつきを強く感じる存在であるブリュンヒルデが議案に異議を唱えます。彼女は「神VS人類最終闘争(ラグナロク)」を提案し、この戦いによって人類の未来を決定しようとしました。

具体的な条件は神々と人類が直接に対決し、もし人類が勝利すれば滅亡を回避するというものです。ためらう神々でしたが、人類を救いたいというブリュンヒルデの誘いに抗せず、両陣営はそれぞれ13人の代表者を選び、神VS人類最終闘争が幕を開けることになりました。

第1回戦では、北欧神話の雷を操る戦士トールと、中国三国志時代の武将である呂布奉先が対決。そして、1巻ではその戦いが中盤で終わります。物語はさらなる戦いや策謀が繰り広げられる中、理論的な要素が複雑にからみ合い、読者を深い思索へ誘う展開を迎えることでしょう。

2回戦

物語は、トールと呂布の激しい対決の続きから展開されます。トールはミョルニルと呼ばれるその武器を携え、真剣勝負に打って出る一方で、呂布もこれに応戦の姿勢を見せます。

呂布の強固な抵抗に直面しながら、トールは渾身の一撃「覚醒雷槌(ゲイルロズトールハンマー)」を放ちます。一見呂布がその技を受け止めたように見えましたが、その実、その威力には耐え切れず、両膝が折れる結果となりました。

試合の行方が決まった瞬間、呂布の愛馬である「赤兎馬(せきとば)」が駆けつけます。赤兎馬に跨った呂布は返しの一撃を放ちますが、武器が壊れてしまい、最終的に軍配はトールに上がりました。

次に続く2回戦では、初代人類アダムとギリシャ神話の神ゼウスとの戦いが繰り広げられます。アダムはメリケンサックと呼ばれる武器を拳に装備し、ゼウスは素手での殴り合いの激しいバトルが展開されます。

果敢に攻撃するゼウスに対して、アダムは相手の技を模倣する「神虚視(かみうつし)」を駆使し、善戦します。そして、2巻はアダムがゼウスに見事なカウンターを決めた瞬間で終了します。これらの対決は理論的な要素が絡む中で、読者に深い洞察と思索をもたらすでしょう。

アダムとゼウス

アダムとゼウスの壮絶な戦いが続きます。アダムの巧妙なカウンターに打撃を受けたゼウスは、一度はダウンし、勝敗が決まったと思われました。しかし、ゼウスは奮起し、徐々に体を圧縮していく特異な変貌を遂げます。

ゼウスが成し遂げたのは、最終形態「阿陀磨須(アダマス)」へと変化することでした。圧縮された筋肉に蓄えたエネルギーを拳に込め、アダムに向けて攻撃を仕掛けます。

アダムはゼウスの攻撃に応戦しながら回避を図りますが、速すぎる攻撃を神虚視で模倣し続けることにより失明してしまいました。最終的にはノーガードの打ち合いに発展し、ゼウスが先に膝をつくものの、アダムは既に戦闘中に死亡しており、勝負はゼウスに軍配が上がりました。

そして、3巻では次なる対決がカードが決まり、戦国時代の剣豪・佐々木小次郎とゼウスの兄であるポセイドンとの戦いが待ち構えています

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】ネタバレ感想

各国の神々が結集し、人類の存亡を懸けて繰り広げられる壮大なバトル。彼らの力は絶大で、人間が敵う余地はない。そこで、人類は歴史から最も強大な13人を選び出し、彼らが戦乙女となり、神を討つ武器となる。これは神話や歴史のエピソードを基にしつつ、「伝説にはまだ続きがあった!」や「事実とは異なる側面があった!」といった名目で、神と人間の戦いに独自の脚色を施した物語だ。神との対戦は一見不可能に思えるが、緻密な設定によって、どんな戦いにも納得の理由づけがなされている。

神々は人知を超えた圧倒的な力と理解不能な精神性で襲い掛かり、それに対抗する人間たちは鍛え上げられた肉体、高度な技術、強固な精神力を駆使して神殺しに挑む。そして、この戦いに至るまでの双方の過去や生き様が、戦闘の中で絡み合い、勝っても負けても双方の評価が高まる壮大なバトルが繰り広げられている。

戦闘は団体戦形式で進行し、13戦中7勝が先取条件とされているが、その結末がいかなる形になるかは未知数だ。それでも、この作品はただの凡作にはなり得ない。期待を裏切らず、読者を圧倒する超人たちのバトルが描かれている。

バトル漫画好きな人にはおすすめです。

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】ネットの感想

【終末のワルキューレ】最終話や結末話は

漫画「終末のワルキューレ」はまだ完結しておりません。

違法サイトを利用してアニメを見たり漫画を読むと、様々なリスクが伴います。

例えば、自動的に危険な広告が開かれたり、権限付与を求められたりすることがあります。このような詐欺行為やウイルスに感染する可能性があるため、安全とは言えません。

実際に、権限を付与してしまった場合には、個人情報を抜かれる危険性があることが報告されています。また、違法ダウンロードを行った場合には、法的な罰則が科せられる可能性もあります。

そういったリスクを避けるためには、公式サイトや有料サイトから漫画を購入するか、無料で読める合法サイトを利用することがおすすめです。安全かつ安心して漫画を楽しむためにも、違法サイトの利用は避けましょう。

以上のように、違法サイトの利用は、詐欺やウイルス感染、個人情報漏洩などのリスクがあるため、安全性が保証されていません。違法行為には法的な罰則も存在することから、公式サイトや有料サイト、合法サイトから漫画を読むことが大切です。

違法配信撲滅キャンペーンオフィシャルサイトはこちら

▼安全に視聴するにはこちら▼

アニメ化した作品はAmazon Prime Videoが良い理由!
漫画やアニメを楽しむためにお得な方法をお伝えします!アニメ化した作品を楽しむならAmazonプライムがおすすめな理由を紹介したいと思います。それでは詳しく見ていきましょう! ネットをよく利用する方の中には「Amazonプライム会員はお得!」...