宇津井の鬱ブログ

うつ病のことやエンタメのことをカキカキ

うつ病の彼氏がLINEの既読スルーをする時の対処法!

calendar

自分の彼氏がうつ病になってしまい、LINEの既読スルーが続いている状態の方はいませんか?

もしあなたが間違ったLINEの送り方をしている場合、助けるつもりで行った行為で彼氏に負担やプレッシャーをかけてしまい病気の悪化に繋がったりしてしまう恐れがあります。

彼氏と連絡を取りたい気持ちは分かります。

ではうつ病彼氏に負担がかからないように、連絡を取るにはどうすればいいのでしょうか?

うつ病彼氏とLINEでもいいから連絡が取りたい女子の心境

仕事や学業の悩みを持っていたり、家族や友人同士などの人間関係のトラブルを抱えていると、ストレスが原因でうつ病に罹ることがあります。

大切な彼氏がうつ病に罹ってしまうと、大切な恋人とデートをしたり、会話をするのすら億劫になることが少なくありません。

女性のほうからお誘いをしても、デートに断られてしまうので、LINEでも良いから連絡をしたいというのは女性であれば当然です。大好きな彼氏と会う頻度が減ってしまったら、電話やLINEだけでも交流をしたいのは、自然な欲求です。

健康な人であれば、自然な欲求ですが、うつ病に罹ると意欲や気力が減退したり、外出をしても疲労感だけが残ることがあります。

彼氏が心配なので自宅に行ってしまうと、相手が会いたいという心境でなければ、冷たく追い返されてしまった経験のある人が多いです。うつ病に罹ると、恋人や友人と接してしまうとストレスが掛かるので、ゆっくりと一人で過ごしたい心境になっています。

それでもLINEの返信ぐらいできるだろう思っている彼女はいませんか?

うつ病患者がLINEを既読スルーしてしまう理由はなぜでしょうか?

うつ病彼氏が既読スルーする3つの理由

LINEの返信が返ってこない、既読スルーをされてしまう、なかなか会ってくれないうつ病彼氏に不満や不信感をもっている彼女はいませんか?

うつ病患者が連絡できない理由は以下の3つがあります。

・スマホを見る気力の低下
・LINEを送りすぎにストレス
・会うことを恐れている

これらが挙げられます。一つずつ解説していきます。

スマホを見る気力の低下

うつ病に罹ると、食欲不振や不眠、抑うつ、不安感などの症状が強くなるので、病気の症状が原因でスマホを見るのが億劫になることがあります。

病気の症状が重い時は、スマホを見たり、充電する気力が低下してしまい、大切な恋人が連絡を入れてきても、すぐに返信が出来なくなることがあります。

うつ病彼氏がLINEを読んでいるけれど、既読スルーをする場合は返信をするのが億劫、面倒もしくは返信を返す気力がないと感じている場合が多いです。

LINEを送りすぎにストレス

LINEを既読スルーをされると不安になったり、心配をする女性の気持ちは分かります。その結果何度もLINEのメッセージをを送ったり、たくさんの電話をかけたりすることもあるでしょう。

健康的な人でもLINEや電話が大量にかかってくると負担に思う人がいるくらいですから、うつ病患者にとってはもの凄く過酷な行為をしていることを知ってください。

過度な心配はうつ病患者にとって逆にプレッシャーやストレスになる恐れもあります。

会うことを恐れている

彼氏は話をしたい、会いたいなどの気力が低下している状態です。

もし「会いたい」などのLINEを既読スルーされている場合は、会える状態じゃない、もしくは一人でいたい時かもしれません。

無理に元気を出させようと、会って外に連れ出そうとするのはうつ病患者にとっては非常に体力がいります。

会いたい、話をしたいという彼女の気持ちが、より強いストレスとなってしまうことも。

うつ病患者はLINEを既読スルーをしても、恋人のことを嫌いになっているのではなく、返信ができない精神状態になっています。

何度もLINEを送ったり、励ましの電話などを入れてしまうと、不快な感情になってしまい、逆効果になることが多いです。

では彼女はどのような対応をすればいいのでしょうか?

うつ病患者の彼氏に負担をかけずにLINEをする3つの方法

うつ病患者の彼氏は、病気が原因で意欲や気力などが低下しており、普段よりもネガティブな考え方になっています。

うつ病の彼氏と交際中の女性は、症状が悪化すると会う頻度が減っているので、せめて電話やLINEなどでやり取りをしたいと考えている人が多いです。

彼氏がデートをしたがらない、会いたがらない時は、LINEや電話でやり取りをするのも億劫に感じている可能性があります。

それでも連絡を取りたい場合はどうすればいいのでしょうか?

LINEの文章内容を意識する

うつ病患者にプレッシャーにならないような言葉がけはとても大事です。「早く元気になって会社にいけるようになるといいね」「世の中にはあなたより困っている人はたくさんいる」「気にしすぎ」以下の文章はうつ病をさらに悪化させる原因となる言葉です。

「早く元気になって」のようなさらにプレッシャーになるような言葉や、現状の辛い自分を全否定されるような言葉がけは要注意です。

逆に「いつでも相談に乗るからね」「そのままのあなたでも私が支えるから」「返信は気が向いた時でいいよ」といった否定をせずに提案をするような言葉がけは患者にとってはとても嬉しいことです。

LINEの内容は出来る限り短文

頻繁にメールを送ってしまうと、相手には負担が掛かってしまうので、LINEをする頻度を減らしたり、短い文章だけにすると良いでしょう。

長文のメールを送ってしまうと、読むほうは負担になりますし、返信をするのが億劫になるので未読スルー、既読スルーなどの原因になってしまいます。

うつ病の彼氏はあまり会えなかったり、LINEの返信が出来ないと気にしている人が多いので、なるべく精神的な負担を掛けないように配慮すると良いでしょう。

返信の催促はやめる

うつ病に罹ると好きな人に会ったり、話をしたり、LINEをするのすら億劫になることが少なくありません。

病気が回復してくると外出したい気分になったり、電話やLINEなどで連絡が来ることが多いです。

無理に返信を催促すると負担になるので、病気が回復するのを根気よく待ちましょう。

彼女である場合いかに、安心して休養ができる環境づくりを提供できるかを提案すること。

うつ病彼氏に彼女ができること

早く連絡を取りたいという気持ちは非常に分かります。そのためにまず彼女であるあなたが最優先やるべきことはうつ病の理解度を増やすことです。

彼氏が安全に休養できるような環境をしっかりと提供してあげることが大事。

病院に同行したり、カウセンリングを一緒に受けたり患者の気持ちに寄り添ってあげること。そうすることでLINEの連絡を返す頻度は上がってくると思います。彼氏をラクにさせてあげることがあなたの使命です。

出来るようになったことには一緒に喜び、できなかったことに対しても今日はゆっくり休養しようと提案してあげましょう。

まとめ

うつ病の彼氏と交際中の女性は、病気の症状が原因で意欲や気力などが減退しており、会う頻度が少なくなっているのでLINEだけでも交流を持ちたい人がほとんどです。

病気の症状が重い時はスマホを見たり、充電をするのも億劫になっており、未読スルー、既読スルーをされることがあります。既読スルーをされると傷ついてしまいますが、相手はまだ返信できる心理状態、精神状態ではないのを理解してあげることが大事です。

既読スルーが多くなっても、頻繁にメールを送ったり、電話を掛けるのは逆効果になるので避ける必要があります。

うつ病は十分な休息や睡眠を取ったり、薬を根気よく続けることで少しずつ回復してくる病気です。

病気が回復してくると会いたい、連絡をしたい気分になってくるので、根気よく待ってあげる必要があります。

うつ病患者のラインをブロック!音信不通は危険な行動!こちらの記事もおすすめです。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業