宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病で体が動かない!ゆるぎない体をつくるには?

calendar

うつ病で体が動かないと思っている方はいませんか?

ゆるぎない体を作るには歩く事がとても良いとされております。

美しく歩く事によって、よりよい人生を歩むことが可能です!

毎日素晴らしい人生を歩みたい方はこのまま記事を読み進めてください!

体が動かない時こそ、歩く習慣をつけよう!


うつ病患者にとって、歩くという行動はとても良い習慣です。

肩の力を抜いて、しっかりと背筋を伸ばし、おへそから前へ出る感じでゆっくりと歩く事で気道がしっかり整う事ができます。

全真に血液が行き渡り、体だけではなく、気持ちもさわやかな形になってきます!

通勤中、自宅の中、外出中で背筋をしっかり伸ばす事で、気持ちまでも爽やかな気持ちになるのです!

体が動かない時こそ、綺麗好きになろう!


断捨離という言葉流行りましたが、部屋を綺麗にするという行動は自律神経を整える行動の一つになります。

身なりを気をつける

身なりを気をつけることで自律神経や気持ちが前向きになる力を秘めています。

着替えるという行動にしても、今日はどんな服を着ようという気持ちがうつ病患者にとっては非常に大事です。

ジャージのようなラフな格好もよいのですが、やはり私服に着替える癖をつけるとよいでしょう。

部屋を綺麗にする

部屋を綺麗にするという行為も非常に大切です。

ごちゃごちゃしたクローゼットから服を取り出したり、昨日汚く脱ぎっぱなしにした靴も自律神経を乱す原因になります。

掃除をすることで、意識を憂うつな気持ちから改善させられる可能性があります。

これら二点を気をつけるだけでもうつ病症状は改善される可能性がぐっと高まります!

体が動かない場合は死を意識しやすい!


うつ病患者に限らず、人間誰しも訪れてしまうことが「死」です!

どれだけ出世したり、どれだけ健康体でも死は必ず訪れます。

だからこそ悔いのない生き方をするべきなのです。

常に死と向き合っている人ほど、身の回りの整理整頓をしっかりしていることでしょう。

「自分はいつ亡くなってもおかしくない!」

と思う事で自律神経も整い楽観的思考になる場合があります。

死を意識するということは同時に、充実した日々を送れるようになるように向けれるのです!

まとめ


うつ病で体が動かなくて困ってゆるぎない体を作りたい場合はどうすればいいか?

歩く習慣をつけて基礎体力をつけてみることが大切です。

そして体が動かない時こそ、部屋の片付けをすることで自律神経が整います。

最終的には死に対する意識を深めることにより、常に準備が整っている状態になり精神的に楽になりやすいです。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業