宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病は新婚が原因!?昼夜逆転生活が起こした体調不良!?

calendar

reload

うつ病は新婚が原因!?昼夜逆転生活が起こした体調不良!?

友人が出会いがないな~と悩んでいたところ、運命的な出会いにより出会って半年で結婚しました。

幸せそうなウエディング姿が忘れられません。春に結婚式をして、新生活が始まって、家庭も仕事も順調そうだったのに、秋には退職すると連絡がきたので青天の霹靂でした。

結婚2ヶ月目のころに親しい友人と彼女と4名でご飯に行きました。

新婚生活を聞いていると、朝7:00過ぎに旦那さんが出勤して、自分は布団の中で手を振り、起きるのはお昼です。

塾講師なので夕方から夜にかけての仕事で、旦那さんより遅く帰ってきます。そして、旦那さんは朝が早いのに、授業準備を夜中の1時過ぎまでしている彼女に付き合っていました。

一緒に就寝するのに、朝起きず、見送りもしないなんて旦那さんがかわいそうだよ!せめて起き上がって見送りしてあげてよ~、とみんなでコメントしたのを覚えています。

彼女のペースで楽しい新婚生活を満喫していると思っていたのに、秋ごろに「授業中フラフラする、力が入らなくて立っていられなくなってきた」と言っていたかと思うと退職になってしまいました。

もう起きるのもしんどくなってしまったそうです。

自律神経失調症かな?と思っていたら、病院でもそういわれて、新婚をきっかけに鬱になる人もいると医師に説明を受けたそうです。

しばらくして、真面目な旦那さんも鬱の症状が出てきたと友人伝いに知りました。

新婚で慣れない生活をきっかけに発症したらしいと本人は言っていましたが、昼夜逆転の生活が大きく影響していると思います。

確かに授業をしてアドレナリンが出まくっていると夜はなかなか寝付けないとは思いますが、朝からきちんと起きて、寝不足分は昼寝で補える生活でした。

それをしていなかったせいでしょう。テレビで医師が話していましたが、太陽とともに起きて、夜は早く寝る、昼寝は寝ころばずに座ったままウトウトする、を徹底していけば体のリズムが整って鬱が治るケースが多いと。

また、何か成果を感じるためにも、簡単な片付けや家事から取り掛かると良いとも言っていました。

実は、還暦の身内の話ですが、その人も子供たちが結婚やなんかで独立して家からいなくなったので、だんだん生活が昼夜逆転して、食生活も貧相になっていきました。結果、鬱になってしまい、ちょっと重傷でコミュニケーションも取りづらくなっています。

3年経過して少しずつ社会復帰を始めた彼女に聞くと、少しずつ部屋の掃除や片付けをするようにしたり、朝起きて夜にきちんと寝る生活を続けていたら改善したということでしたので、人間の本来あるべき生活リズムは大切なのだなと改めて実感しました。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業