宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病で胸が苦しい!4つのポイントで呼吸が楽になる!

calendar

うつ病で胸が苦しくなる時はありませんか?

女性の場合はブラもつけれないくらい苦しい時があります。

一体どのようなことが原因になっているのでしょうか?

うつ病で胸が苦しい時はストレスと戦っている合図


うつ病で胸が苦しくなってしまう一番の原因はストレスの場合が多いです。

寝たきりで過ごしてしまいがちや、憂うつな日々が続いてしまう患者の多くはストレスを抱えております。

そのストレスが増幅していくと、不安や緊張感を感じ心拍数が上がったりします。

その結果胸の苦しさとして症状を表す時があります、

どうすれば胸の苦しさが軽減されるのでしょうか?

うつ病で胸が苦しい時はどうすればいいの?


うつ病で胸が苦しい時はどうすればいいのでしょうか?

脂肪の摂取量も減らす

体を洗っている時に、いつもより胸が硬く感じている場合はありませんか?

実は脂肪摂取が多いと胸に痛みを感じる事があります。

ですので、欧米の食事からヘルシーな和食をメインにしてみましょう。

女性の場合ブラを変えてみる

女性が胸が痛い場合は、ブラが負担になっている可能性もあります。

伸縮性の高いブラや、カップ付きのインナーに変えてみましょう。

基本的には日本のブラジャーにはワイヤーが入っており、必要以上に胸に負担をかけてしまっている場合があります。

体だけでなく胸も温める

体だけで温めるよりもしっかりと胸も意識しましょう。

胸が痛む原因のひとつに、冷えが原因の血行不良があります。

入浴時、優しくマッサージしてあげると痛みが軽減する場合があります。

普段から胸の筋肉を鍛えておくことも大事です。

マグネシウムが体を温める秘訣

マグネシウムは筋肉が収縮するのを阻止する働きがあります。

マグネシウムは、大豆製品や煮干しや干しえびを積極的に取り入れていきましょう!

まとめ


うつ病で胸が苦しい場合ストレスが主な原因になる場合があります。

胸が苦しい状態が続くと、心拍数が上がったり、ストレスが増幅してしまう恐れがあり、うつ病の症状を悪化させてしまう場合があります。

胸の苦しさを感じてしまう場合は、マッサージをしたり、胸を温めたり、食事を気をつける事が大事です。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業