宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病は生活習慣でなりやすい?脳にいい習慣とは?

calendar

うつ病は生活習慣でなりやすいのでしょうか?

良い食事、良い運動をベストの状態でちゃんと実践している人は、心身ともに健康である場合があります。

食や運動に対してストイックならなくても、少しだけでも意識するだけでうつ病になりづらい体作りは出来ると確信しております。

うつ病は生活習慣でなりやすい?脳にいい朝の生活習慣とは?



うつ病になりにくい生活習慣で朝はどのように過ごせばいいのでしょうか?

朝日を浴びる

朝日は、外光をあびることで脳内を安定させるセロトニンが放出されるようになります。

気分が上がることをする

朝、音楽をかけてみたり、好きな事をしたりして、自分が気分を高める行為をするとよいでしょう。

朝食はしっかり取る

大量のエネルギーを仕事をする人は使うので、朝食を抜いてしまうと午前中の活動のレベルが低下してしまう恐れがあります。

自分にあった食事量でもいいので、しっかりとりましょう。

うつ病は生活習慣でなりやすい?脳にいい昼の生活習慣とは?



うつ病になりにくい生活習慣で昼はどのように過ごせばいいのでしょうか?

めんどくさい作業こそ午前中に

家事や仕事など難易度が高いものこそ、午前中にやっておくことで効率がよくなるでしょう!

ランチは誰かとワイワイ

ひとりで食べるより誰かとワイワイ食事を取ることは非常に大事です。

普段合わない人と話す方が脳に刺激が入ります。

座りっぱなしはよくない

座り過ぎは、喫煙と同じくらい体に悪いです。

何時間も座りっぱなしの場合は、少しの間でも立つように心がけましょう。

運動は夕方がベスト

運動することでストレス解消にも繋がります。

心配機能、ホルモン分泌が活発な夕方の時間帯にするとよいでしょう。

うつ病は生活習慣でなりやすい?脳にいい夜の生活習慣とは?


お風呂でリラックス

お風呂につかるという行為は非常にリラックス効果が高いです。

香りを楽しんだり、半身浴を楽しむのもよいでしょう。

夜はマンネリ化の方がいい

夜は新しいことをやるより、いつも通りの習慣の方がリラックスできます。

いつもの決まった時間に、決まった行動することは脳にとってもとてもよいです。

寝れなくても焦らない

明日早いから寝ないといけないと思えば思うほど、寝れなくなります。

心配しすぎないことが大事です。

うつ病は生活習慣でなりやすい?我慢をとにかくやめよう!



うつ病は生活習慣でなりやすい場合がありますが、基本的には我慢はやめることが大事です。

我慢はうつ病を加速させます。

貧乏になりたくないから無理してでも仕事を頑張ると我慢だらけの生活を続けてしまうと、うつ病になりやすい状態になります。

我慢して仲良くしない

我慢して苦手な人と付き合わないようにする!

我慢して仕事しない

我慢して苦手な仕事を受けない!

我慢して約束を守らない

我慢して約束を守ろうとすると辛くなる恐れがあるので無理な約束はしないことです。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業