宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病が恋愛で治った!恋愛感情が突然なくなった理由と病状回復までの体験談!

calendar

reload

うつ病が恋愛で治った!恋愛感情が突然なくなった理由と病状回復までの体験談!

30歳の誕生日を迎えて少し経った頃から約1年うつ病と言えるような症状が続きました。

大手食品会社の営業マンでしたが、家庭の事情で実家から通える専門商社に転職し営業マンとして活動しておりました。

2年目くらいから相当数の取引先を任されるようになり、仕事は教えてもらえず任されてしまったので、お客様の叱られながら私で考えて活動しておりました。

ゴルフ接待が苦痛でうつ病

元々、お酒は好きで接待もするし、接待のない日は同僚と飲み歩くような生活をしておりました。

飲み歩く同僚は他の部門の人たちで、同じ部門の人には仕事の相談に乗ってもらえなかったので日々のストレスをお酒で紛らわせていた感じでした。

ある日、相当な深酒をしてしまった翌日の二日酔いからなかなか回復しなくなりました。

体調の悪い時に限って、仕事の難題が圧し掛かってきて好きなお酒が欲しくないという状態になりました。

まずは、お腹の不調が続き、長年の深酒がたたったかも知れないと心配になり、病院で診断を受けたところ、精密検査をしましょうと言われました。

まずは、胃カメラそして大腸内視鏡検査という順番で進められました。

大病院ですので、検査予約、診察予約を取るのに時間がかかり全部終わるまで4ケ月かかりました。

その間、あまり症状が改善しなかったので不安が強くなり回復できないという悪循環に陥りました。

この間、会社を休むどころか、代わりに担当顧客をフォローしてくれる人も現れず、そんな時に限って、ゴルフや会食のお誘いを断りにくい人から頂くことが多かったので、誤魔化し誤魔化しお付き合いしておりました。

特にゴルフに関しては地獄でした。

私は全く興味がありませんが、行かないと会社でハブられてしまうような気がして無理やり行っていたからです。

当時は、18ホール回ることは本当につらかったです。

息苦しさに襲われ、最低限の愛想笑いしかできず、必死に耐えてラウンドしたものです。

内科の精密検査結果は異常なし

あまりにも体調がすぐれないため内科を受診しました。

胃カメラでは異常なしという診断でしたが、症状が改善しないことを訴えると、大腸内視鏡検査を勧められました。

4ケ月かかって末の、大腸内視鏡検査の結果も異常なしでした。

異常なければ喜ぶべきなんですが、症状が改善しないので「異常ないのですか?」と聞き返したら、心配なら小腸も調べましょうか?とお医者さんは診断はされずに淡々と機械的に対応されたので、「結構です。」と断って失礼しました。

その後も改善しなかったので、近所の内科医を受診しましたら、精神科の受診を勧められました。

診断結果は軽度の「うつ病」

病院の精神科で経緯を話すと、抗うつ剤を処方しますのでしばらく飲み続けて下さいと言われました。

恋愛感情が沸かないうつ病

31歳の誕生日を迎えて間もなく、友人が「そろそろ結婚した方が良い。」と一人の女性を紹介してくれました。

うつ病の俺なんかに彼女なんて…

正直余計なお世話だと思いました。

まだまだ、そんな心境ではなかったのですが、だからこそと友人が紹介してくれたのです。

しかし、女性と会っても交際には発展しませんでした。

私は当時なぜ交際できなかったが私なりに考えてみました。

三大欲求がなくなる

うつ病になると三大欲求がなくなる場合があるということがあります。

性欲はもちろん、生きているだけで精一杯な状態。

そんななか恋愛のことなんて考えることが出来なかった。

相手に対し申し訳ない

私が普通のデートをできる状態ではないということ。

健康なカップルのデートなんて到底無理。

だからこそこんな状態の私が釣り合うわけないと思いがちな部分があります。

恋愛経験が少ない

もともと物静かな性格で、恋愛経験が少なかったです。

女性とどう接していいか、深く考えれば考えるほどよくわからなくなってしまうんです。

でも女性に興味がないというわけではなく、単純にコミュニケーションが苦手だった。

あの時は恋愛なんてできないと思ってしまいました。

もともと一人は慣れています。

でも誰かの温もりが欲しいというのが本心だったはずなのに、うつ病になってからというもの全く恋愛に興味が持てなくなってしまったのも事実。

ただその女性は、毎日のようにマメに連絡をくれ、時間さえあれば食事に誘ってくれたりしてくれました。

拒絶していた恋愛によりうつ病改善

病院に何度も行っている中で、抗うつ剤が効き始め次第に目が覚めたような感じで元気を取り戻しました。

そして、数ヶ月後に紹介してもらった女性と家庭を持って今日に至っております。

今では友人に感謝しかないのですが、妻がいなかったら今の私はないです。

ヤフー知恵袋でもいろんな方がアドバイスをくれました。

とくに嬉しかったことは、うつ病に関連した書籍を大量に読んでくれ、私のために勉強。

奥さんの実家に行った時に、本棚をみてびっくりしたとともに、涙を流してしまいました。

うつ病になると誰も幸せにすることが出来ないし、このまま一人で寂しく人生の幕を閉じるとと思っていました。

でも、うつ病を経験したことによって人を幸せにする喜びや、感謝する心がさらに強くなったと感じられるようになったような気がします。

妻との間には2人の子供を授かり、孫も出来て幸せに暮らしております。

うつ病は元彼が原因!10年以上付き合った彼氏と失恋!立ち直った方法は!?

恋愛でうつ病になってしまった体験談はこちらから。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業