宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病でお風呂にも入れなくなってしまった!

calendar

reload

うつ病でお風呂にも入れなくなってしまった!

私は女性29才在宅ワークになります。

私がうつ病を発症したのは16才でした。

最初は気分が優れないなぁ…食欲ないなとかの風邪みたいな症状でした。

ですが徐々に気分が悪化してしまい何もしたくない、外出もしたくない、食事もしたくない、お風呂にも入れない…そこまで悪化したので最初は心療内科に掛かりました。

案の定鬱病でした。カウンセリングしながら薬を飲み生活を始めましたのですが…一向に良くならずリスカするまでに至りました。鬱病を発症してから19年経ちました。

鬱病のせいで慢性胃潰瘍にもなりました。

ですがリスカも鬱もどんどん酷くなり遂に心療内科では手に負えないと言う事になりまして、近くの有名な○○精神科病院を紹介されました。そこで最初カウンセリングを行いました。

直ぐに緊急入院となりましたが…私はこの状態でも仕事をしていたので入院を拒否しました。カウンセリングを行いながら薬物療法にしました。最初の一年は全く良くなりませんでした。

仕事にも支障が出でて泣く泣く辞める事を決意しました。

担当先生が色々変わり私の症状が落ち着きませんでした…ようやく担当先生が安定し、そのおかげなのか症状も薬も合うようになって一時的に良くなりました。

半年後…完治はしておりませんでしたのでまた悪化しました…今度は酷くメイクもお風呂も食事も出来なくなりました。

食事は何とかプリンとかなら食べれるので幸い入院には至りませんでしたが…やはり入院と言われましたが…入院したくなかったのでそこでも拒否しました。

自宅薬物療法を選択し、症状を見ながら薬を変え月に1ヶ月の通いになりました。

私の場合、鬱でも波があり気分が良い時は私の好きな刺繍をしていました。そおゆう時は気持ちに余裕があります。ですが極端に酷くなると布団から出れなくなります…病院にも行きたくないと暴れていました。

自分を全くコントロール出来ませんでした。

それの繰り返しの毎日です…気持ちが辛くて何で私はここに居るんだろう?私は必要な人間なのか?と、自問自答の毎日になりました。

でも治療しないと治らないと自分を奮い立たせ頑張って食事も取るようにしました。

お風呂も何とか月1回は入れるようにもなりました。

きっとカウンセリングを受けながら自分の症状に合う薬を飲みながら生活すれば、きっと治るだろう!と自分に信じています。

この気持ちが続けば良いなとも思います。サポートされながら人並みの生活を目指してます。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業