宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病彼氏がめんどくさいから別れたい!既読無視はあたりまえ?

calendar

彼氏がうつ病になってしまい付き合うことがめんどくさくなって別れたい人はいませんか?

既読無視が多かったり、普通の恋愛が楽しめなくなったり、理由はそれぞれあります。

罪悪感やうつ病彼氏の命を落としかねない行動で別れ方が分からず、困っている人はこのまま記事を読み進めて下さい。

うつ病彼氏との出会い

学生時代、学習塾でバイトをはじめました。彼は私より2歳年上でバイト歴が長く、色々教えてくれてとても頼りになりました。

勉強を教えるのも上手く、生徒からも人気があり「素敵な人だな」と思っていました。

仕事帰りにファミレスに行って色々相談しているうちに仲良くなり、お付き合いすることになりました。

彼がうつ病になってしまったきっかけは就職活動です。塾という特殊な空間ではとても上手くやれていた彼ですが、若干対人関係が苦手なようでした。
面接を100社受けても全く決まらず、だんだん元気がなくなっていきました。

その頃お互い大学近くに一人暮らししていたので、気が付けば半同棲状態になっていました。

バイトしていた頃のキラキラしていた彼からは想像できないほど、落ち込む姿を見ることが多くなりとてもつらかったです。

夜は眠れず朝は起きられないようで、休日はずっとゴロゴロしながらスマホを見ているようでした。

今までは休日ふたりでドライブしたり焼肉に行ったり楽しく過ごしていたのですが、次第に別々に過ごすようになりました。

しかし私が友人と出かけることをあまり好ましく思っていないようで、不機嫌になりきつく当たられることも増えました。

「不満があるなら教えてほしい」と訴えても、本人も何が不満でどうして欲しいのかがわかっていないようでした。

うつ病の彼氏がめんどくさいと思う3つの理由

うつ病彼氏になってしまうとどうしてめんどくさいと思われてしまうのでしょうか?

原因を一つづつ解説していきたいと思います。

気分にムラがあり既読無視も

調子が良いときは最高の彼氏でした。楽しいデートプランを考えてくれて、サプライズプレゼントをしてくれたり優しくエスコートしてくれました。

しかしうつ状態で調子が悪いときは、常に不機嫌でずっと寝ていました。ストレス解消に八つ当たりすることも多くなったので、彼が起きる前に出かけることが多くなりました。

LINEはよく既読無視され、体調が悪いの一言もくれない。待ち合わせもうまく約束することが出来ず。病気だと我慢しようとしてもこちらも感情が爆発しそうになりました。

こだわりも強くなってしまい、そこから外れると調子を崩してしまいます。彼を刺激しないよう生活することが私もストレスになりました。

共依存状態で束縛しがちになる

彼はうつ病になってから、私以外の人間関係が希薄になってしまいました。他人の些細な言動で傷ついてしまうようで、相対的にストレスが少ない私への依存度が上がっていきました。

全く浮気などしていないのに「いつか浮気される」と思っていたようで、束縛が激しくなりました。女友達とのランチや家族との旅行も渋るようになり、私自身の人間関係もおかしくなっていきました。

しかしそんな状態の彼を私も放置することができず、彼のいいなりになってしまいました。結果的にお互いが人間関係の全てになってしまい、苦しい思いをしました。

時々感情の爆発が起こる

きっと彼も自分がコントロールできず、辛かったのだと思います。食事の時間やお風呂の使い方で、突然キレることが増えました。
いつもは全く気にしていないようだったので、なぜ彼が怒っているのか理解できませんでした。

感情の爆発が起きた後は自分の殻に閉じこもってしまうので、どうしていいのかわからず寂しい思いをしました。
また時々「死にたい、いつ死んでも後悔はない」と大騒ぎするので、私の対応によっては本当に命を落としてしまうんじゃないかと怖かったです。

いかがでしたでしょうか?

健康な状態の彼氏を知っていると、過去と現在を比較しがち。一般的なデートが出来なくなってしまう他に、感情のコントロールが難しくなってしまい、気を使いがちになってしまうことがめんどくさい状態になっていると思われます。

うつ病彼氏と別れる為の使った3つの方法

長年付き合っていた方や暴走してしまう彼を目の前にしてしまうと、罪悪感だったり命を落としかねないと思うと、別れたくても別れられないという人はいます。最善をつくしてもいつ治るか分からないうつ病に対して、将来の不安さえ感じてしまう方も。

そんな状況の時はどのようにすればいいのでしょうか?

信頼できる友人に相談する

だんだん友人との付き合いが減ってきた私を心配して、親友が連絡をくれました。親友に現状を相談したところ「もうひとりで頑張るのはやめた方がいい」とはっきり言ってくれました。私は自分に原因があると思っていたのですが、親友が冷静に状況を分析してくれた結果、お別れした方がお互いのためだということに気付きました。

しかし長年付き合って、同棲し結婚まで考えていた彼との別れはなかなか考えられませんでした。何度も別れる決心が揺らいでしまいましたが、そのたびに親友が辛抱強く話を聞いてくれました。

共依存状態から脱出する

うつ病の彼を心配して世話することで、自分の問題から逃げていました。私は自分の主張をうまく伝えることが苦手で、必要以上に他人の顔色を伺ってしまう癖がありました。

自分の心の問題が、うつ病の彼と共依存状態になってしまったことに気付きました。まず彼と心の距離を取ることから始めました。彼がずっと寝ていても、私にとって問題がない限りそっとしておくことにしました。休日彼に付き合ってずっと家にいることをやめ、趣味を再開しました。

そしてバイトの日数を増やし、なるべく外にでて社会との接点を取り戻しました。

自分の心をなおす

彼のメンタルがおかしかったのと同じくらい、私も心の風邪をひいていました。大学の臨床心理士さんと定期的に面談してもらい、自分の心のクセを自覚しました。他人の問題に介入しすぎてしまったり、異常に自信がなかったりするのは治ることがわかりました。

家族や友人、大学など頼れるものは全て頼らせてもらいました。私の心が元気になるのと同時に、彼とも丁度よい距離ができました。結果的に彼と話し合い、円満に同棲を解消することができました。

まとめ

私の彼は心が繊細すぎてうつ病になってしまいました。健康な人にとっては問題のない失敗も、彼にとっては大きな負担となっていました。私も落ち込みやすいところがあるので、他の人ならめんどくさいと思ってしまうような彼の気持ちも理解できました。

私が落ち込んだときは上手になぐさめてくれて、関係がこじれるまではとても良い彼氏でした。こんなに理解してくれる人がいるなんて、と感動したのを覚えています。今思うと私もうつ病だったのかもしれません。

彼氏がうつ病になって、こんなにお互いしんどい思いをするとは思いませんでした。

でも彼を通して自分の心のクセに気付くことができました。昔の自分に言ってあげたいことがあります。

うつ病の彼をどうしても助けたいと思うのであれば、まず信頼できる人に相談することが必要です。そのうえで自分をきちんとケアして、必要以上に彼の問題に介入しようとしない状態をつくることが大切だと思いました。

心が弱っていると、近くの人に依存したくなってしまいます。そういった心の動きをめんどくさいと思わず、正面から向き合えていればうつ病の彼との関係も変わっていたかもしれません。

うつ病の彼氏がLINEの既読スルーをする時の対処法!こちらの記事もおすすめです。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業