うつ病克服で楽しく生きる!

人生を好転させるヒント

うつ病で便秘は危険!お腹の調子を良くする5つのポイント!

calendar

うつ病で便秘の方はいるでしょうか?

便秘が続くと、体が重くなったり、憂鬱な気分が続くことがある場合があります。

食物繊維をとってもあまりお通じがよくならない場合どうすればいいのでしょうか?

また便秘が進んでしまうとどのような症状がうつ病患者を襲うのでしょうか?

うつ病で便秘は危険!1週間お通じかないから不安!


便秘を促進させてしまう原因は一体どんなことなのでしょうか?

食生活が偏っている

睡眠不足

主にこの2つが原因になってきます。

ではうつ病と便秘の関係性はあるのでしょうか?

うつ病患者はどうして便秘に注意しなければいけないのでしょうか?


便秘が進んでいくとうつ病にとってどのような悪い事が起こるのでしょうか??

イライラが悪化し情緒不安定になりやすい

腸内環境が悪くなりセロトニンが分泌されなくなる

便秘自体がストレスを感じてしまう

主に上記の内容がうつ病の症状を悪化させてしまう恐れがあります。

ではどうすれば良いのでしょうか?

便秘を改善しうつ病症状を抑えるには?


具体的にうつ病患者で便秘を抱えている人はどうしたらいいのでしょうか?

便秘を改善するには様々な方法がありますが、その中でも私が一番オススメしたい方法は睡眠の質を高めるということです。

生きているのであれば睡眠はとらなければいけません。

睡眠をしっかりとる

便は、副交感神経が働きリラックス状態になっている時に作られます。

簡単に言うと、睡眠が不足しているとリラックスできずに便秘になってしまう場合があります。

体を横にして眠る

寝る時の姿勢を体を横にして眠ると、腸の働きを活性化させる役割があります。

動物でもよく見かける体制で、リラックス効果や、酸素を十分体に送り込めるようになります。

22時までに布団に入る

夜は出来るだけ早く布団に入ることにより、交感神経が活発になることを抑える事や、消化吸収の効率をアップさせることが出来ます。

温めた牛乳を寝る前に飲む

寝る前に温かい飲み物を飲むとよいです。

とくに牛乳を温めて飲むホットミルクは、消化を助ける働きがあります。

体も温まりリラックス効果も高まります。

軽い運動をする

軽い運動することで、体温があがり、緊張をほぐすことができます。

その結果腸内の環境の働きを活発化させることが出来ます。

うつ病克服ガイドラインーうつ病とは

うつ病でイライラ対処する非常識な3つの方法!

うつ病になりやすい4つの特徴とは!?


うつ病克服ガイドラインー治療方法の悩み

うつ病で食事が辛い!!食事療法で改善したい!!

うつ病で考え方を変えたい!認知行動療法が最適!

うつ病は運動で悪化!?やりすぎ危険!!正しい運動療法とは!?

うつ病克服ガイドラインーお薬の悩み

うつ病の薬で性格は変わるの!合わない薬は危険?

うつ病の薬代が高い!安くする方法はないの?

うつ病の薬を服用中にアルコールは危険?飲んではいけないの?

うつ病克服ガイドラインー周りの人の悩み

うつ病で家族もしんどいは危険?患者との接し方を間違えてませんか?

うつ病の接し方で恋人はどうすれば!?愛してるよは心の支え!!

うつ病の接し方で禁句は?妻にかける言葉とは?

うつ病の友達がめんどくさい!3パターンの対応の仕方!

うつ病克服ガイドラインー仕事の悩み

うつ病で職場復帰は逆に迷惑なのか!?1日でも早く仕事をしたい!!

うつ病で仕事のミスが多くなる!4つの見分け方とは?

うつ病からリワークプログラムで職場復帰!症状の波を改善し再発防止!

うつ病で休職!給料に頼らず非常識に生きる方法!


うつ病克服ガイドラインー病院の悩み

うつ病の診断が嘘!?治療に振り回されない為に!!

うつ病で病院に行かないのは危険!?安心して病院受診しよう!!

うつ病と双極性障害の見極めは困難!?誤診で悪化する可能性がある!?

うつ病で病院行きたくない!仮病の可能性は?

オススメ

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す