宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病で便秘は危険!お腹の調子を良くする5つのポイント!

calendar

うつ病で便秘の方はいるでしょうか?

便秘が続くと、体が重くなったり、憂鬱な気分が続くことがある場合があります。

食物繊維をとってもあまりお通じがよくならない場合どうすればいいのでしょうか?

また便秘が進んでしまうとどのような症状がうつ病患者を襲うのでしょうか?

うつ病で便秘は危険!1週間お通じかないから不安!


便秘を促進させてしまう原因は一体どんなことなのでしょうか?

食生活が偏っている

睡眠不足

主にこの2つが原因になってきます。

ではうつ病と便秘の関係性はあるのでしょうか?

うつ病患者はどうして便秘に注意しなければいけないのでしょうか?


便秘が進んでいくとうつ病にとってどのような悪い事が起こるのでしょうか??

イライラが悪化し情緒不安定になりやすい

腸内環境が悪くなりセロトニンが分泌されなくなる

便秘自体がストレスを感じてしまう

主に上記の内容がうつ病の症状を悪化させてしまう恐れがあります。

ではどうすれば良いのでしょうか?

便秘を改善しうつ病症状を抑えるには?


具体的にうつ病患者で便秘を抱えている人はどうしたらいいのでしょうか?

便秘を改善するには様々な方法がありますが、その中でも私が一番オススメしたい方法は睡眠の質を高めるということです。

生きているのであれば睡眠はとらなければいけません。

睡眠をしっかりとる

便は、副交感神経が働きリラックス状態になっている時に作られます。

簡単に言うと、睡眠が不足しているとリラックスできずに便秘になってしまう場合があります。

体を横にして眠る

寝る時の姿勢を体を横にして眠ると、腸の働きを活性化させる役割があります。

動物でもよく見かける体制で、リラックス効果や、酸素を十分体に送り込めるようになります。

22時までに布団に入る

夜は出来るだけ早く布団に入ることにより、交感神経が活発になることを抑える事や、消化吸収の効率をアップさせることが出来ます。

温めた牛乳を寝る前に飲む

寝る前に温かい飲み物を飲むとよいです。

とくに牛乳を温めて飲むホットミルクは、消化を助ける働きがあります。

体も温まりリラックス効果も高まります。

軽い運動をする

軽い運動することで、体温があがり、緊張をほぐすことができます。

その結果腸内の環境の働きを活発化させることが出来ます。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業