宇津井優一の鬱ブログ

うつ病になったらこうなる

うつ病で休職中でもオシャレすべし!マツエクと洋服選びは最強!

calendar

うつ病で休職中はオシャレをしてはいけないと思っている人はいますか?

仕事を休んでいるのに、買い物に出かけてオシャレをして遊ぶことに関して罪悪感を覚えている人はいませんか?

もしそうだとしたら、逆効果。

直ちにこのまま記事を読み進めてください。

うつ病で休職中にオシャレがしにくい

自分が休職することで苦しんでいる人達もいるのに、自分だけ楽しんでいいのか?

うつ病で休んでいるのに、外出したりオシャレをすることに罪悪感を覚える人もいることでしょう。

結論から言って、楽しんでもいいのです。

仕事は自分一人でやることはできず、チームでやるものです。

誰かができない分は他の人がカバーをする。これがチームです。

なので、自分がうつ病で仕事ができなくなってしまったのなら、今は他の人に自分の分の仕事を任せて、自分はうつ病の対処に専念すべきです。

うつ病が良くなって仕事に復帰した後、同僚の誰かが体調を崩した場合、その際は自分が仕事を引き継いで、その人の代わりに仕事をしてあげれば良いのです。

人は助け合いながら生きていく生き物ですから、何も自分だけ楽しんでいていいのだろうか…と心配する必要は微塵もないのです。

むしろ、楽しんでもいい…というよりも、「楽しまなければならない」でしょう。

うつ病の治療は投薬だけでなく、どれだけストレスから解放されるかにも依存します。

そのため、ストレスから解放されるように何かを楽しむ必要があるのです。

それが何よりも治療になります。現代はストレス社会でメンタル面で体調を崩す人も多いですので、きっと職場の人達もうつ病に対する理解はある程度持っていることでしょう。

そのため、あなたが何かを楽しんでストレスから解放され、うつ病を克服することを望んでいるはずです。

職場に迷惑をかけて自分だけ楽しんでもいいのか…と思うことが、またストレスになりますので、そのようなことは一切考えず、ただ休職中の期間を楽しんで、リフレッシュしてください。

うつ病時こそオシャレをするべき理由

うつ病は、気分を高揚させる物質であるセロトニンが不足して起きる病気です。

日頃の仕事が原因でうつ病を発症したのなら、思い切って休職し、リフレッシュをすることが大切です。

そんな時にまずやってみると良いのがオシャレ。

普段仕事でしている格好や見た目から、大きく変えてみるのが良いでしょう。

私もオシャレを経験することで、気分が明るくなり前向きな気持ちになることができました。

特に目元と服装を変えることで、大きくリフレッシュできました。

マツエクと洋服を買ったのですが、よかった理由を説明したいと思います。

オシャレをする際にマツエクと洋服選びはとても良い

一番簡単に変えることができるのはマツエクを使うことです。

人間の印象は、「目」を変えることでかなり違ってきます。

いうまでもなく、ぱっちりとした目はやはり魅力的に感じるもの。

かと言ってプチ整形などはお金もかかるし、家族や友人からも「整形したんだ」と思われるのも嫌でしょう。

しかし、マツエクなら、その場でぱっちりとした目を演出することができるため、それらの悩みは吹き飛びます。

そんなマツエクでオシャレをして鏡の前に立ってみると、違う自分に出会えた気がして、鬱々した気分も少しは晴れるのではないでしょうか。

さらに、その晴れた気分で街にショッピングに出かけると、普段よりも街ブラが楽しくなり、店員さんとの会話も楽しめることでしょう。

会話をする際は、相手の目を見て話すものですから、服と違ってマツエクのオシャレは相手に分かってもらえる可能性はかなり高まります。

自分のオシャレを相手に気がついてもらえるほど嬉しいことはありませんよね。

たかがマツエクなれど、オシャレの要素に十分なりえる優れもの。

洋服も普段より明るい色を着ると気持ちも晴れやかになりました。

オシャレをして、是非とも鬱々した自分と一時的にでもサヨナラしてみてください。

まとめ

これまでにご紹介した通り、休職中であっても周囲のことを気にすることなく、マツエクでのオシャレや洋服を楽しんで、心身ともにリフレッシュをするべきなのです。

うつ病は、ストレスが原因で気分を高める物質であるセロトニンを分泌できなくすることで発症する病気ですので、そのストレスからまずは解放されなければなりません。そのためには、まずはしっかりと休むこと。ただ単に休んでても気分はなかなか晴れませんので、普段できなかった何かにチャレンジしてみるのが良いでしょう。

今回はマツエクや洋服を使ったオシャレを提案してみましたが、人間ちょっとオシャレをするとこれまでの自分から変われた気がして、どことなく心が晴れて体が軽やかになるもの。

さらにそれが目であれば、顔の印象も変わり、普段ではなかなか実現できなかった理想の自分になれるかもしれません。

なので、今回ご紹介したマツエクはオシャレだけでなく、気分転換にも最強のツールであり、うつ病の治療にも効果があるかもしれません。それに加えて、街に出て太陽をいっぱい浴びれば、さらに効果的なうつ病の治療にもなり得るでしょう。

自分だけ楽しんでいのか…などと思い悩むことなく、今はうつ病を治すことに専念することだけを考え、休職中の時間を目一杯楽しんでみてください。きっとマツエクや洋服を使ったオシャレがあなたのうつ病に良い効果を与えてくれることでしょう。

うつ病で冷え性は危険!?自律神経のバランスを整えて体を温める方法とは!?こちらの記事もオススメです。

おすすめ商品

薬に頼らずうつ病を治す


ネットで話題!500万PV突破のうつ病あるあるコミックエッセイ


「選択肢」としてのうつ病起業